ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ

ハーピィなどの様々なテーマを幅広く考察!

カード考察 遊戯王

【竜剣士/竜魔王】カード考察:様々な召喚法により展開し共闘する「竜剣士」「竜魔王」モンスターとそれらをサポートする魔法・罠カードを考察!

投稿日:2018年4月27日 更新日:

スポンサーリンク

今回は第9期より登場し、イラスト内で様々なテーマに力を与えられ進化する《竜剣士ラスターP》と、竜化の秘法により世界征服を企む《竜魔王ベクターP》と、その関連カードを考察します。

【竜剣士】デッキ、【竜魔王】デッキの構築を考えている方、採用するカードに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

「竜剣士」「竜魔王」とは

【竜剣士】は2015年に発売されたパック「クラッシュ・オブ・リベリオン」にて登場したテーマです。

そしてもう一方のテーマ【竜魔王】は同年に発売されたパック「ディメンション・オブ・カオス」にて登場し、「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」にてカテゴリ化されました。

「竜剣士」Pモンスターと「竜魔王」Pモンスターを駆使し、融合・S・X召喚を連続で行い「竜剣士」モンスターを複数フィールドに展開しながら戦うのが特徴のテーマです。

 

【竜剣士】には《真竜剣士マスターP》、【竜魔王】には《虚竜魔王アモルファクターP》という強力なモンスターも存在しているため、それらをメインに構築したデッキも存在します。

 

「竜剣士」「竜魔王」モンスターと関連カードの概要

▼「竜剣士」モンスター

イラスト カード名・ステータス・効果
ペンデュラム・通常モンスター
《竜剣士マスターP》
【星4/光属性/ドラゴン族/攻1950/守   0】
◇Pスケール:青3/赤3

Pゾーンのカードを1枚破壊するP効果を持つ。
ペンデュラム・効果モンスター
《竜剣士ラスターP》
チューナー
【星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守   0】
◇Pスケール:青5/赤5
もう片方のPゾーンのカードを破壊し、その同名カードをサーチするP効果も持つ。
※融合・S・X素材にする場合「竜剣士」モンスターの融合・S・X召喚にしか使用できない。
効果モンスター
《真竜剣士マスターP》
特殊召喚
【星8/光属性/ドラゴン族/攻2950/守2950】
1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊する誘発即時効果と、自身が相手によってフィールドで破壊された場合、「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリクルートする誘発効果を持つ。
※自分フィールドの「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
融合モンスター
《剛竜剣士ダイナスターP》
【星8/水属性/ドラゴン族/攻2000/守2950】
「竜剣士」Pモンスター+Pモンスター

Pモンスター・Pゾーンのカードに戦闘破壊耐性と相手の効果に対する破壊耐性を付与する永続効果と、手札・墓地から「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する効果を持つ。
※「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する効果によって特殊召喚したモンスターは融合素材にできない。
シンクロモンスター
《爆竜剣士イグニスターP》
【星8/炎属性/ドラゴン族/攻2850/守 0】
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上

フィールドのPモンスターまたはPゾーンのカードを破壊し、フィールドのカードをデッキバウンスする起動効果と、「竜剣士」モンスターを守備表示でリクルートする起動効果を持つ。
※「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する効果によって特殊召喚したモンスターはS素材にできない。
エクシーズモンスター
《昇竜剣士マジェスターP》
【ランク4/風属性/ドラゴン族/攻1850/守2000】
レベル4のPモンスター×2

X召喚成功時に発動し、エンドフェイズにPモンスターをサーチする誘発効果と、X素材を1つ取り除き、EXデッキから表側表示の「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する起動効果を持つ。
※「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する効果によって特殊召喚したモンスターはX素材にできない。

▼「竜魔王」モンスター

イラスト カード名・ステータス・効果
ペンデュラム・通常モンスター
《竜魔王ベクターP》
【星4/闇属性/ドラゴン族/攻1850/守   0】
◇Pスケール:青3/赤3

相手のPゾーンのカードの効果を無効にするP効果を持つ。
ペンデュラム・効果モンスター
《竜魔王レクターP》
【星4/闇属性/ドラゴン族/攻1950/守   0】
◇Pスケール:青5/赤5
相手フィールドの表側表示Pモンスターの効果を無効にするP効果と、Pモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、そのモンスターと自身を破壊する誘発効果(強制効果)を持つ。
儀式モンスター
《虚竜魔王アモルファクターP》
【星8/地属性/ドラゴン族/攻2950/守2500】
《アモルファスP》により降臨。

儀式召喚に成功した場合、次の相手メインフェイズ1をスキップするルール効果と、フィールドの表側表示の融合・S・Xモンスターの効果を無効にする永続効果、フィールドから墓地へ送られた場合に《虚竜魔王アモルファクターP》以外の「竜魔王」モンスターをサーチする誘発効果を持つ。

▼「竜剣士」「竜魔王」に関する効果を持つ魔法・罠カード

イラスト カード名・ステータス・効果
魔法カード
《真竜の目覚め》
通常魔法
フィールドに「竜魔王」モンスターとPモンスター以外の「竜剣士」モンスターが存在する場合に発動でき、フィールドのカードをすべてデッキバウンスし、「竜剣士」モンスターまたは「竜魔王」モンスターをリクルートできる効果を持つ。
《竜呼相打つ》
速攻魔法
デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選び、相手がランダムに選んだモンスターをPゾーンに置くまたは特殊召喚し、残りのモンスターをEXデッキに表側表示で加える効果を持つ。
《アモルファスP》
フィールド魔法
フィールドの「アモルファージ」モンスターの攻撃力・守備力が300アップする効果と、自分フィールドの「アモルファージ」モンスターがリリースされる度に(1ターンに2回まで)1枚ドローする効果、墓地のこのカードを除外し、手札・フィールドからレベルの合計が8になるようにPモンスターをリリースし、手札から《虚竜魔王アモルファクターP》を儀式召喚する効果を持つ。

 

「竜剣士」モンスター

《竜剣士マスターP》

ペンデュラム・通常モンスター
【星4/光属性/ドラゴン族/攻1950/守   0】
◇Pスケール:青3/赤3
①:このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、自分または相手のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

【モンスター情報】
同志たちの力を得て成長した「竜剣士ラスターP」の姿。
謎の呪いをかけられて竜魔族に似た竜の力を発現しているが、それ以前の記憶が全て失われており、真相は定かではない。
"竜化の秘法"がその呪いと記憶を紐解く鍵だと信じて、今日も悪の魔王を討つべく旅を続けている。

Pゾーンのカードを1枚破壊するP効果を持っています。

Pゾーンのカードを破壊するP効果により、P召喚を行うデッキに対して妨害することができます。

発動タイミングは自分メインフェイズなので、相手に与える影響力は小さいですが、ノーコストでカードを破壊することができます。

自分のPゾーンのカードを破壊すれば、任意でPゾーンのカードを張り替えることができますね。

 

通常モンスターであるため同じ下級「竜剣士」モンスターである《竜剣士ラスターP》と比較し、多くのサポートカードが対応していますね。

 

《竜剣士ラスターP》

ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
【星4/光属性/ドラゴン族/攻1850/守   0】
◇Pスケール:青5/赤5
①:1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
そのカードを破壊し、そのカードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

【モンスター効果】
このカードを素材として、「竜剣士」モンスター以外の融合・S・Xモンスターを特殊召喚する事はできない。

もう片方のPゾーンのカードを破壊し、その同名カードをサーチするP効果も持っています。

 

Pゾーンのカードを破壊し、破壊したカードと同名カードをサーチするP効果は、1ターンに1度などの発動回数に制限のある効果を再度発動させたりすることができます。

さらに破壊したカードとPスケールが噛み合えば、ノーコストでP召喚するモンスターの確保できアドバンテージを得ることができます。

 

【竜剣士】デッキではキーカードであり、「竜剣士」融合・S・Xモンスターの「竜剣士」モンスターを特殊召喚する効果により、このカードを繰り返し特殊召喚することで複数のモンスターを展開していくことができます。

サポートカードの存在もあり特殊召喚するのは容易ですが、融合・S・X素材にする場合「竜剣士」モンスターの融合・S・X召喚にしか使用できないため注意が必要です。

 

《真竜剣士マスターP》

特殊召喚・効果モンスター
【星8/光属性/ドラゴン族/攻2950/守2950】
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
②:フィールドのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつ特殊召喚する。

1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊する誘発即時効果と、自身が相手によってフィールドで破壊された場合、「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリクルートする誘発効果を持っています。

特殊召喚するには2体のモンスターが必要ですが、「竜剣士」「竜魔王」モンスターにはP通常モンスターが存在するため、《レスキューラビット》《予想GUY》の効果によるリクルートや、P召喚により容易にフィールドに展開することができます。

 

1ターンに1度、相手の発動した効果を無効にできる効果を持っているためフィールドに維持することで継続的に相手を妨害でき、破壊されてしまった場合も、相手によって破壊された場合に発動する②の効果により2体のモンスターをリクルートできるため、特殊召喚時のディスアドバンテージもある程度補うことができます。

 

相性はあまり良くありませんが、「真竜」モンスターでもあるため《真竜導士マジェスティM》でサーチすることもできますね。

 

《剛竜剣士ダイナスターP》

融合・効果モンスター
【星8/水属性/ドラゴン族/攻2000/守2950】
「竜剣士」Pモンスター+Pモンスター
自分フィールドの上記カードをリリースした場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーン・PゾーンのPモンスターカードは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・墓地から「竜剣士」Pモンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは融合素材にできない。

Pモンスター・Pゾーンのカードに戦闘破壊耐性と相手の効果に対する破壊耐性を付与する永続効果と、手札・墓地から「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する効果を持っています。

融合を必要とせず、「竜剣士」PモンスターとPモンスターをリリースすることで特殊召喚することができるため特殊召喚をするのは比較的容易ですね。

 

Pモンスター・Pゾーンのカードに戦闘破壊と相手の効果に対する破壊耐性を付与する①の効果により、Pゾーンのカードが破壊されることでディスアドバンテージを負いやすいP召喚を行うデッキの弱点をケアすることができます。

 

「竜剣士」モンスターを特殊召喚する②の効果は手札・墓地から特殊召喚する効果であるため、Pモンスターの多い「竜剣士」モンスターでは扱いづらいのが難点ですね。

【竜剣士】では《昇竜剣士マジェスターP》のX素材となり、《昇竜剣士マジェスターP》の効果発動のために墓地へ送られた「竜剣士」モンスター蘇生する形で使われることが多いです。

 

《爆竜剣士イグニスターP》

シンクロ・効果モンスター
【星8/炎属性/ドラゴン族/攻2850/守 0】
チューナー+チューナー以外のPモンスター1体以上
①:1ターンに1度、フィールドのPモンスター1体
またはPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、フィールドのカード1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはS召喚の素材にできない。

フィールドのPモンスターまたはPゾーンのカードを破壊し、フィールドのカードをデッキバウンスする起動効果と、「竜剣士」モンスターを守備表示でリクルートする起動効果を持っています。

フィールドのカードをデッキバウンスする①の効果は、フィールドのPモンスターまたはPゾーンのカードを破壊しなくてはいけませんが、対象に取らず破壊を介さない効果であるため、ほとんどのカードに有効です。

 

【竜剣士】以外でもこの効果を使用するために、チューナーを無理なく採用できPモンスターを多用する【魔術師】などにも採用することができますね。

 

「竜剣士」モンスターをリクルートする②の効果は更なる展開につなげる他、自身の①の効果で破壊するカードとしても利用することができます。

この効果でリクルートしたモンスターはS素材に使用することができないため、X召喚やL召喚などS召喚以外の素材として利用したいですね。

《竜剣士ラスターP》を融合素材に使用する場合は《剛竜剣士ダイナスターP》、X素材にする場合は《昇竜剣士マジェスターP》の素材としてしか使用することができません。

 

《昇竜剣士マジェスターP》

エクシーズ・効果モンスター
【ランク4/風属性/ドラゴン族/攻1850/守2000】
レベル4のPモンスター×2
①:このカードがX召喚に成功した時に発動できる。
このターンのエンドフェイズに、デッキからPモンスター1体を手札に加える。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のエクストラデッキから表側表示の「竜剣士」Pモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはX召喚の素材にできない。

X召喚成功時に発動し、エンドフェイズにPモンスターをサーチする誘発効果と、X素材を1つ取り除き、EXデッキから表側表示の「竜剣士」Pモンスターを特殊召喚する起動効果を持っています。

 

Pモンスターをサーチする①の効果はエンドフェイズとタイミングが少し遅いですが、サーチの困難なPモンスターでも容易にサーチすることができます。

この効果はX召喚時に発動する効果であるため、エンドフェイズにこのカードがフィールドに存在していなくても適用することができます。

 

EXデッキから「竜剣士」モンスターを特殊召喚する②の効果は、Pモンスターの多い【竜剣士】ではX召喚によるディスアドバンテージを補うことができますね。

この効果でリクルートしたモンスターはX素材に使用することができないため、S召喚やL召喚などS召喚以外の素材として利用したいですね。

《竜剣士ラスターP》を融合素材に使用する場合は《剛竜剣士ダイナスターP》、S素材にする場合は《爆竜剣士イグニスターP》の素材としてしか使用することができません。

 

「竜魔王」モンスター

《竜魔王ベクターP》

ペンデュラム・通常モンスター
【星4/闇属性/ドラゴン族/攻1850/守   0】
◇Pスケール:青3/赤3
①:このカードがPゾーンに存在する限り、相手のPゾーンのカードの効果は無効化される。

【モンスター情報】
この世界に突如として現れ、瞬く間に世界を蹂躙し尽くした竜魔族の大群を率いる魔王。
"竜化の秘法"によって万物を悪しきドラゴンの姿に変えてしまうと言われているが、その力の正体はよく分かっていない。
強大な魔力の源泉はこの次元のものではないとまで噂されている。

相手のPゾーンのカードの効果を無効にするP効果を持っています。

相手のPゾーンのカードの効果を無効にするP効果は、【魔術師】や【クリフォート】などのP効果を多用するデッキに対してメタ効果と働きます。

 

《竜剣士マスターP》と同じく通常モンスターであり、同じ下級「竜魔王」モンスターである《竜魔王レクターP》と比較し、多くのサポートカードが対応していますね。

 

《竜魔王レクターP》

ペンデュラム・効果モンスター
【星4/闇属性/ドラゴン族/攻1950/守   0】
◇Pスケール:青5/赤5
①:このカードがPゾーンに存在する限り、相手フィールドの表側表示のPモンスターの効果は無効化される。

【モンスター効果】
①:このカードがPモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
そのモンスターとこのカードを破壊する。

相手フィールドの表側表示Pモンスターの効果を無効にするP効果と、Pモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、そのモンスターと自身を破壊する誘発効果(強制効果)を持っています。

相手フィールドの表側表示Pモンスターの効果を無効にするP効果は、《竜魔王ベクターP》と同じくPモンスターを多用するデッキへのメタ効果として働きます。

こちらはモンスター効果を無効にする効果のため、相手のPモンスター専用の《スキルドレイン》として働きますね。

 

Pモンスターとの戦闘を行うダメージステップ開始時に、そのモンスターと自身を破壊する効果は、自身より攻撃力の高いモンスターや戦闘破壊耐性を持つモンスターには有効ですが、強制効果であるため戦闘破壊できるモンスターにも発動してしまうため少し扱いにくいですね。

 

《虚竜魔王アモルファクターP》

儀式・効果モンスター
【星8/地属性/ドラゴン族/攻2950/守2500】
「アモルファスP」により降臨。
①:このカードが儀式召喚に成功した場合、次の相手ターンのメインフェイズ1をスキップする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの表側表示の融合・S・Xモンスターの効果は無効化される。
③:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「虚竜魔王アモルファクターP」以外の「竜魔王」モンスター1体を手札に加える。

儀式召喚に成功した場合、次の相手メインフェイズ1をスキップするルール効果と、フィールドの表側表示の融合・S・Xモンスターの効果を無効にする永続効果、フィールドから墓地へ送られた場合に《虚竜魔王アモルファクターP》以外の「竜魔王」モンスターをサーチする誘発効果を持っています。

 

《アモルファスP》により儀式召喚する場合、《アモルファスP》の墓地で発動する効果により手札・フィールドからレベルの合計が8になるようにPモンスターをリリースし、儀式召喚しなくてはなりません。

《アモルファスP》がフィールド魔法であり儀式魔法カードをサポートするカードに対応していませんが、墓地で発動する効果であることから、カードの効果を無効にする効果により無効にされないため妨害されにくいですね。

 

地属性・ドラゴン族モンスターであるため《大地讃頌》《オッドアイズ・アドベント》により儀式召喚することもできます。

 

次の相手メインフェイズ1をスキップする①の効果により、相手はスタンバイフェイズ後にバトルフェイズに突入するため、1ターンは間接的に戦闘破壊を防ぐことができますね。

このルール効果でありチェーンブロック作らないことから、チェーンを組んでモンスター効果を無効にする効果を持つ《神の通告》などでは無効にできず、特殊召喚を無効にされなかった場合、ほぼ確実に効果を適用することができます。

《スキルドレイン》などチェーンを組まずに効果を無効にできる効果では無効にすることができます。

 

フィールドの表側表示の融合・S・Xモンスターの効果を無効にする②の効果は様々なデッキに採用されているLモンスターには影響がありませんが、融合・S・XとEXデッキに採用されるほとんどのモンスターの効果を一方的に無効にすることができます。

①の効果と合わせて1ターンは間接的に戦闘破壊は防ぐことができ、融合・S・Xモンスターが主軸のデッキには困難が強いられます。

 

《虚竜魔王アモルファクターP》以外の「竜魔王」モンスターをサーチする③の効果は、儀式召喚によるディスアドバンテージを補うことができます。

③の効果はフィールドから墓地へ送られることで発動することができるため、《巨竜の聖騎士》の手札・デッキからレベル7・8のドラゴン族モンスターを自身に装備する効果により自身に装備し、何らかの手段で墓地へ送ることでも発動することができます。

 

「竜剣士」「竜魔王」に関する効果を持つ魔法・罠カード

《真竜の目覚め》

通常魔法
①:「竜魔王」モンスター及びPモンスター以外の「竜剣士」モンスターがフィールドに存在する場合に発動できる。
お互いのフィールドのカードを全て持ち主のデッキに戻す。
その後、デッキから「竜剣士」モンスターまたは「竜魔王」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

フィールドに「竜魔王」モンスターとPモンスター以外の「竜剣士」モンスターが存在する場合に発動でき、フィールドのカードをすべてデッキバウンスし、「竜剣士」モンスターまたは「竜魔王」モンスターをリクルートできる効果を持っています。

強力な効果を持っていますが、発動するには「竜魔王」モンスターとPモンスター以外の「竜剣士」モンスターが必要です。

 

Pモンスター以外の「竜剣士」モンスターはレベル4Pモンスターを多く採用するデッキであれば《昇竜剣士マジェスターP》をX召喚することで容易に用意することができ、「竜魔王」モンスターも《竜魔王ベクターP》であれば《予想GUY》などの通常モンスターをサポートするカードにより容易にリクルートすることができますね。

EXデッキに表側表示で存在していれば《昇竜剣士マジェスターP》の効果で特殊召喚ができるため、強力な効果の割に発動条件は満たしやすいです。

 

リクルートできるモンスターの中では、《真竜剣士マスターP》《虚竜魔王アモルファクターP》が強力です。

《真竜剣士マスターP》は1ターンに1度、相手の発動した効果を無効にできる効果を持ち、相手によって破壊された場合でも効果により「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリクルートすることができます。

《虚竜魔王アモルファクターP》はフィールドの表側表示の融合・S・Xモンスターの効果を無効にする効果を持ち、墓地へ送られた場合《虚竜魔王アモルファクターP》以外の「竜魔王」モンスターをサーチすることができます。

 

《竜呼相打つ》

速攻魔法
「竜呼相打つ」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選んで相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。
相手が選んだPモンスターを自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
残りのPモンスターは自分のエクストラデッキに表側表示で加える。

デッキから「竜剣士」Pモンスター1体と「竜魔王」Pモンスター1体を選び、相手がランダムに選んだモンスターをPゾーンに置くまたは特殊召喚し、残りのモンスターをEXデッキに表側表示で加える効果を持っています。

デッキから選んだモンスターのどちらをPゾーンに置ける、または特殊召喚できるかはランダムですが、Pモンスター手札に加えつつ、EXデッキにモンスターを用意することができるため、今後の展開につなげやすくなります。

 

また「竜剣士」「竜魔王」Pモンスターはすべてレベル4であるため、レベル4モンスターを手軽に用意する手段としても利用することができ、ランク4XモンスターのX召喚を補助したりすることができます。

Pスケールが同じ「竜剣士」「竜魔王」モンスターを選ぶことで、確実に選んだPスケールのPモンスターを手札に加えることもできますね。

 

《アモルファスP》

フィールド魔法
①:フィールドの「アモルファージ」モンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの「アモルファージ」モンスターがリリースされる度に自分はデッキから1枚ドローする。
この効果は1ターンに2度まで適用できる。
③:墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分の手札・フィールドから、レベルの合計が8になるようにPモンスターをリリースし、手札から「虚竜魔王アモルファクターP」を儀式召喚する。

フィールドの「アモルファージ」モンスターの攻撃力・守備力が300アップする効果と、自分フィールドの「アモルファージ」モンスターがリリースされる度に(1ターンに2回まで)1枚ドローする効果、墓地のこのカードを除外し、手札・フィールドからレベルの合計が8になるようにPモンスターをリリースし、手札から《虚竜魔王アモルファクターP》を儀式召喚する効果を持っています。

【竜魔王】では《虚竜魔王アモルファクターP》を儀式召喚する③の効果以外に適用できる効果はなく、「アモルファージ」モンスターも併せて採用しなければ《虚竜魔王アモルファクターP》専用カードになってしまいます。

 

《虚竜魔王アモルファクターP》を儀式召喚する場合、墓地にこのカードを用意し手札・フィールドからレベルの合計が8になるようにPモンスターをリリースし、儀式召喚しなくてはなりません。

フィールド魔法であるため儀式魔法カードをサポートするカードに対応していませんが、墓地で発動する効果であることから、カードの効果を無効にする効果により無効にされないため妨害されにくいですね。

 

まとめ:構築の種類に幅があり、イラスト面でも楽しめるテーマ

【竜剣士】と【竜魔王】どちらか1つに絞って構築するのも楽しそうですが、「竜剣士」「竜魔王」モンスター両方を必要とするカードも存在するため、デュエル内で共闘させてみても楽しそうですね。

相性のいいPテーマも多いので自分だけの構築を見つけてみてください。

 

わたしたちの狩場にはおジャマトリオがよく来るんだけどあの子たちとは絶対に共闘したくないわ

 

おしまい。

-カード考察, 遊戯王
-,

Copyright© ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.