【ドラグニティ】カード考察:「ドラグニティ」モンスターとそれらをサポートする魔法・罠カードを考察!

今回は第6期より登場し、デュエルターミナルの世界でもストーリーを盛り上げた「ドラグニティ」モンスターと、それらをサポートする魔法・罠カードを考察します。

【ドラグニティ】デッキの構築を考えている方、採用するカードに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

「ドラグニティ」とは

ドラグニティ】はDUEL TERMINAL「-疾風のドラグニティ!!-」にて登場したテーマです。

ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備し様々な効果を付与したり展開することを得意とし、鳥獣族「ドラグニティ」モンスターと連続した(シンクロ)召喚を行いながら戦うのが特徴のテーマです。

 

属するモンスターはすべて風属性・鳥獣族またはドラゴン族で構成されています。

鳥獣族「ドラグニティ」モンスターの多くはドラゴン族「ドラグニティ」モンスターに関連する効果を持っているのが特徴です。

また、モンスターを装備または装備されたモンスターに関連する効果を持っているのも特徴です。

 

メインデッキに採用できるドラゴン族「ドラグニティ」モンスターは、ほとんどのモンスターがレベル3以下であることが特徴です。

レベル3以下のモンスターは装備された状態で効果を発揮するものが多く、チューナーで統一されてるのも特徴ですね。

 

上級・最上級モンスターは自身を特殊召喚する効果を持ち、鳥獣族「ドラグニティ」モンスターと同じくモンスターを装備する効果を持っているのが特徴ですね。

 

「ドラグニティ」モンスターと関連カードの概要

▼鳥獣族「ドラグニティ」モンスター

イラスト カード名・ステータス・効果
効果モンスター
  《ドラグニティ-トリブル》
【星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守 300】
①:召喚・特殊召喚成功時にデッキからレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る誘発効果。
  《ドラグニティ-レギオン》
【星3/風属性/鳥獣族/攻1200/守 800】
①:召喚成功時に墓地のレベル3以下のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
②:魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」カード1枚をコストに、相手の表側表示モンスター1体を破壊する起動効果。
  《ドラグニティ-ドゥクス》
【星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000】
①:召喚成功時に墓地のレベル3以下・ドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
②:自身の攻撃力を自分フィールドの「ドラグニティ」カード×200アップさせる永続効果。
  《ドラグニティ-ミリトゥム》
【星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守1200】
①:1ターンに1度、魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚する起動効果。
  《ドラグニティ-セナート》
【星4/風属性/鳥獣族/攻1800/守 600】
※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ドラグニティ」カード1枚を手札コストに、デッキから「ドラグニティ」チューナー1体を自身に装備する起動効果。
※①の効果発動後、自分はターン終了時までドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分フィールドの「ドラグニティ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、自身に装備された「ドラグニティ」カード1枚を破壊して身代わりにできる効果。
  《ドラグニティ-プリムス・ピルス》
【星5/風属性/鳥獣族/攻2200/守1600】
①:召喚・特殊召喚成功時に、自分フィールドの鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体に、デッキからレベル3以下のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
  《ドラグニティ-アングス》
【星5/風属性/鳥獣族/攻2100/守1000】
①:ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備している場合、貫通ダメージを与える効果を得る永続効果。

▼ドラゴン族「ドラグニティ」モンスター

 イラスト カード名・ステータス・効果
 効果モンスター
  《ドラグニティ-ブランディストック》
チューナー
【星1/風属性/ドラゴン族/攻 600/守 400】

①:自身を装備したモンスターに2回攻撃効果を付与する効果。
  《ドラグニティ-コルセスカ》
チューナー
【星1/風属性/ドラゴン族/攻 800/守 700】

①:自身を装備したモンスターに、相手モンスターの戦闘破壊時に装備モンスターと同じ種族・属性のレベル4以下のモンスター1体をサーチする効果を付与する効果。
  《ドラグニティ-ファランクス》
チューナー
【星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100】

①:装備されている自身を特殊召喚する効果。
  《ドラグニティ-ジャベリン》
チューナー
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 800】

①:モンスターゾーンで破壊された場合に、自身を鳥獣族「ドラグニティ」モンスターに装備する効果。
  《ドラグニティ-パルチザン》
チューナー
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 800】

①:召喚成功時に手札から鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:自身を装備したモンスターをチューナーにする効果。
  《ドラグニティ-アキュリス》
チューナー
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 800】

①:召喚成功時に手札から「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:装備されている自身が墓地へ送られた時に、フィールドのカード1枚を破壊する誘発効果(強制効果)。
  《ドラグニティ-クーゼ》
チューナー
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 200】

※S素材にする場合「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
①:S召喚する場合にレベル4として扱うことができるルール効果。
②:装備されている自身を特殊召喚する効果。
  《ドラグニティ-ブラックスピア》
チューナー
【星3/風属性/ドラゴン族/攻1000/守1000】

①:1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体をリリースし、レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を蘇生する起動効果。
  《ドラグニティ-ピルム》
チューナー
【星3/風属性/ドラゴン族/攻1400/守1000】

①:召喚成功時に手札から鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:自身を装備したモンスターに直接攻撃効果と、自身を装備したモンスターが与える戦闘ダメージが半分になる効果を付与する効果。
  《ドラグニティアームズ-ミスティル》
【星6/風属性/ドラゴン族/攻2100/守1500】
①:自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体をコストに、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果。
②:手札からの召喚・特殊召喚成功時に墓地のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
  《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》
【星8/風属性/ドラゴン族/攻2600/守1200】
①:「ドラグニティ」カードを装備したモンスター1体を除外コストに、自身を手札・墓地から特殊召喚する召喚ルール効果。
②:召喚・特殊召喚成功時に墓地のドラゴン族モンスター1体を装備する誘発効果。
③:相手の効果で墓地へ送られた時に、自身に装備されていたモンスター1体を特殊召喚する誘発効果。

▼「ドラグニティ」魔法・罠カード

イラスト カード名・効果
魔法カード
《ドラグニティの神槍》
装備魔法
※「ドラグニティ」モンスターにのみ装備可能。
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの攻撃力をレベル×100アップし、罠カードへの効果耐性を付与する効果。
②:デッキからドラゴン族「ドラグニティ」チューナー1体を装備モンスターに装備する効果。
罠カード
《ドラグニティ・ドライブ》
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
※この効果を発動するターン、自分は「ドラグニティ」モンスターしか特殊召喚することができない。
●自分の魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する効果。
●自分の墓地の「ドラグニティ」モンスター1体を、自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体に装備する効果。

▼「ドラグニティ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

イラスト カード名・効果
魔法カード
《竜操術》
永続魔法
①:自分フィールドの「ドラグニティ」モンスターを装備したモンスターの攻撃力が500アップする効果。
②:手札のドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを、自分フィールドの表側表示モンスター1体に装備する効果。
《竜の渓谷》
フィールド魔法
①:1ターンに1度、手札1枚をコストに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●レベル4以下の「ドラグニティ」モンスターをサーチする効果。
●デッキからドラゴン族モンスターを墓地へ送る効果。

 

鳥獣族「ドラグニティ」モンスター

《ドラグニティ-トリブル》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星1/風属性/鳥獣族/攻 500/守 300】
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキからレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
【効果概要】
①:召喚・特殊召喚成功時にデッキからレベル3以下のドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る誘発効果。

ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターは、ほとんどがレベル3以下であるため、【ドラグニティ】に採用した場合、①の効果によりほとんどのモンスターを墓地へ送ることができます。

しかしドラゴン族は《竜の渓谷》など墓地を絶やす手段が豊富なため、【ドラグニティ】でもほとんど採用されることがありません。

 

レベル1であるため《ワン・フォー・ワン》でリクルートすることができ、効果使用後は《リンクリボー》(リンク)召喚することで攻撃力の低さをカバーすることができますね。

 

《ドラグニティ-レギオン》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星3/風属性/鳥獣族/攻1200/守 800】
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備できる。
また、自分の魔法&罠カードゾーンに表側表示で存在する「ドラグニティ」と名のついたカード1枚を墓地へ送って発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して破壊する。
【効果概要】
①:召喚成功時に墓地のレベル3以下のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
②:魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」カード1枚をコストに、相手の表側表示モンスター1体を破壊する起動効果。

①と②の効果はシナジーしており、①の効果で装備したモンスターを、そのまま②の効果のコストにすることができます。

また発動回数に制限がないため、状況次第では複数のモンスターを破壊することもできます。

 

後述する装備カード《ドラグニティの神槍》とは相性が良く、《ドラグニティの神槍》のデッキからドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備する効果により、《ドラグニティの神槍》を含め2枚のコストを用意することができます。

 

《ドラグニティ-ドゥクス》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000】
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:このカードの攻撃力は、自分フィールドの「ドラグニティ」カードの数×200アップする。
【効果概要】
①:召喚成功時に墓地のレベル3以下・ドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。
②:自身の攻撃力を自分フィールドの「ドラグニティ」カード×200アップさせる永続効果。

【ドラグニティ】ではキーカードであり、レベル4であるためS召喚に使用しやすく、装備されている自身を特殊召喚できる効果を持つ《ドラグニティ-ファランクス》とともに、ほぼすべてのデッキに採用されています。

墓地のモンスターを装備する①の効果と類似した効果を持つ《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》を経由することで、レベル8SモンスターもS召喚することができます。

 

②の効果は自身も含まれるため、①の効果により装備したモンスターと合わせて攻撃力1900のアタッカーとして運用することもできますね。

 

《ドラグニティ-ミリトゥム》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守1200】
1ターンに1度、自分の魔法&罠カードゾーンの「ドラグニティ」と名のついたカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードを特殊召喚する。
【効果概要】
①:1ターンに1度、魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚する起動効果。

①の効果は装備カード扱いの「ドラグニティ」モンスターを参照する効果ですが、自身の効果で「ドラグニティ」モンスターを装備することはできません。

そのため、すでに「ドラグニティ」モンスターが装備されているモンスターが存在する時に召喚するなど、効果を発動するためには工夫が必要なモンスターですね。

 

《ドラグニティの神槍》を使用すれば、擬似的に好きなドラゴン族「ドラグニティ」チューナーをリクルートすることができます。

 

《ドラグニティ-セナート》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星4/風属性/鳥獣族/攻1800/守 600】
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から「ドラグニティ」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「ドラグニティ」チューナー1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分フィールドの「ドラグニティ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードに装備された「ドラグニティ」カード1枚を破壊できる。
【効果概要】
※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ドラグニティ」カード1枚を手札コストに、デッキから「ドラグニティ」チューナー1体を自身に装備する起動効果。
※①の効果発動後、自分はターン終了時までドラゴン族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分フィールドの「ドラグニティ」カードが戦闘・効果で破壊される場合、自身に装備された「ドラグニティ」カード1枚を破壊して身代わりにできる効果。

デッキから「ドラグニティ」チューナーを装備する①の効果により《ドラグニティ-ファランクス》を装備することで、《ドラグニティ-ドゥクス》と同じくレベル6・8S召喚につなげることができます。

 

《ドラグニティ-ドゥクス》とは異なり、①の効果発動後はEX(エクストラ)デッキからドラゴン族モンスターしか特殊召喚できなくなりますが、レベル6・8ドラゴン族モンスターは多く存在するため選択肢は豊富ですね。

この効果は装備する効果であるため、サーチ効果に対するメタカードに強く、《灰流うらら》などの効果で無効にされません。

 

「ドラグニティ」カードの身代わりをする②の効果は、自身に「ドラグニティ」カードが装備されている必要があるため、発動する機会は少ないですが、【ドラグニティ】デッキの弱点の1つである《幽鬼うさぎ》などに強くなります。

 

《ドラグニティ-プリムス・ピルス》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星5/風属性/鳥獣族/攻2200/守1600】
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールド上の「ドラグニティ」と名のついた鳥獣族モンスター1体を選択して発動できる。
デッキからレベル3以下の「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体を選び、装備カード扱いとして選択したモンスターに装備する。
【効果概要】
①:召喚・特殊召喚成功時に、自分フィールドの鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体に、デッキからレベル3以下のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。

上級モンスターであるため召喚にはリリースが必要ですが、デッキからレベル3以下・ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備することができます。

しかし類似した効果を持つ《ドラグニティの神槍》が登場し【ドラグニティ】デッキでも採用されることが少なくなりました。

 

類似した効果を持つ鳥獣族「ドラグニティ」モンスターと比較し、特殊召喚成功時にも発動できる点で優れていますね。

 

《ドラグニティ-アングス》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星5/風属性/鳥獣族/攻2100/守1000】
このカードが「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスターを装備している場合、このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
【効果概要】
①:ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備している場合、貫通ダメージを与える効果を得る永続効果。

自身の効果で「ドラグニティ」モンスターを装備することができないため、効果を適用するには手札から「ドラグニティ」モンスターを装備できる効果を持つ永続魔法カード《竜操術》などを使用するなど工夫が必要なカードですね。

 

《ドラグニティの神槍》とは相性が良く、《ドラグニティの神槍》の効果によりデッキからドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを装備することで、①の効果を適用しつつ、《ドラグニティの神槍》の効果により攻撃力アップと罠カードへの効果耐性を付与されるため、戦闘にも強くなります。

 

ドラゴン族「ドラグニティ」モンスター

《ドラグニティ-ブランディストック》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星1/風属性/ドラゴン族/攻 600/守 400】
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、 装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
【効果考察】
①:自身を装備したモンスターに2回攻撃効果を付与する効果。

自身の効果で「ドラグニティ」モンスターを装備できるモンスターは多く、効果を活かせる機会は多いですね。

また《ドラグニティの神槍》を使用すれば、効果によりこのカードを装備し①の効果により2回攻撃効果を付与しつつ、《ドラグニティの神槍》の効果で攻撃力もアップさせることができます。

 

《ドラグニティ-レギオン》などと同じく、墓地のモンスターを装備する効果を持つ「サイバー・ダーク」モンスターでも活用することができ、《竜操術》を使用すればどんなモンスターにも2回攻撃効果を付与することができます。

 

《ドラグニティ-コルセスカ》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星1/風属性/ドラゴン族/攻 800/守 700】
このカードを装備カード扱いとして装備しているモンスターが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
デッキから装備モンスターと同じ種族・属性のレベル4以下のモンスター1体を手札に加える。
【効果考察】
①:自身を装備したモンスターに、相手モンスターの戦闘破壊時に装備モンスターと同じ種族・属性のレベル4以下のモンスター1体をサーチする効果を付与する効果。

①のサーチ効果は【ドラグニティ】では、基本的に風属性・ドラゴン族または風属性・鳥獣族モンスターをサーチすることになります。

しかし「ドラグニティ」には《竜の渓谷》というサーチ効果を持つフィールド魔法カードが存在するため、あまり採用されることはありません。

 

戦闘破壊をする必要がありますが、《竜操術》の効果によりどのモンスターにも装備できるため、レベル4以下ならサーチの難しいモンスターでもサーチすることができますね。

 

《ドラグニティ-ファランクス》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100】
①:1ターンに1度、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。
【効果考察】
①:装備されている自身を特殊召喚する効果。

「ドラグニティ」モンスターや「サイバー・ダーク」モンスターなど、「ドラグニティ」モンスターを装備できる効果を持つモンスターを使用することで、S召喚やL召喚につなげることができます。

 

【ドラグニティ】デッキではキーカードであり、《ドラグニティ-レギオン》とあわせてレベル5、《ドラグニティ-ドゥクス》ならレベル6、《ドラグニティ-プリムス・ピルス》ならレベル7SモンスターをS召喚することができます。

《ドラグニティ-ドゥクス》とあわせて《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》をS召喚すれば、《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》の効果により再度このカードを装備し、①の効果により自身を特殊召喚することでレベル8S召喚を行うこともできます。

※①の効果の発動に1ターンに1度の制約がありますが、フィールドを離れることで制約がリセットされます。

 

《ドラグニティ-ジャベリン》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 800】
このカードがモンスターカードゾーン上で破壊された場合、墓地へ送らずに装備魔法カード扱いとして自分フィールド上の「ドラグニティ」と名のついた鳥獣族モンスター1体に装備できる。
【効果考察】
①:モンスターゾーンで破壊された場合に、自身を鳥獣族「ドラグニティ」モンスターに装備する効果。

①の効果により、鳥獣族「ドラグニティ」モンスターが存在する状態でこのカードのみが破壊されることは少ないため、効果を活かすには自発的に破壊する必要がありますね。

戦闘・効果など破壊される手段は問わないため《天空の虹彩》など、フィールドのカードを破壊する効果で破壊し、能動的に効果を発動するのが有効ですね。。

 

モンスターゾーンで破壊される必要があるため、自身が装備された状態で破壊されても効果を発動することができないため注意が必要です。

 

《ドラグニティ-パルチザン》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1200/守 800】
このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札から「ドラグニティ」と名のついた鳥獣族モンスター1体を特殊召喚し、さらにこのカードを装備カード扱いとして装備する。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターをチューナーとして扱う。
【効果考察】
①:召喚成功時に手札から鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:自身を装備したモンスターをチューナーにする効果。

《ドラグニティ-ミリトゥム》とは相性が良く、自身の①の効果で特殊召喚した《ドラグニティ-ミリトゥム》に自身を装備した後、《ドラグニティ-ミリトゥム》の効果で自身を特殊召喚し、S召喚やL召喚につなげることができます。

 

【ドラグニティ】は鳥獣族「ドラグニティ」モンスターとドラゴン族「ドラグニティ」チューナーでS召喚するのが基本戦術であり、このカードの装備モンスターをチューナーにする効果とは少し噛み合いません。

【ドラグニティ】以外では、《竜操術》とあわせて使用することで好きなモンスターをチューナーにすることができますね。

 

《ドラグニティ-アキュリス》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 800】
このカードが召喚に成功した時、手札から「ドラグニティ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚し、このカードを装備カード扱いとして装備する事ができる。
モンスターに装備されているこのカードが墓地へ送られた時、フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
【効果考察】
①:召喚成功時に手札から「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:装備されている自身が墓地へ送られた時に、フィールドのカード1枚を破壊する誘発効果(強制効果)。

※装備された状態で墓地へ送られる必要があるため、戦闘やリリースなどで装備モンスターが墓地へ送られ、このカードが墓地へ送られた場合、効果を発動することができません。

 

①の効果は種族が指定されておらず、類似した効果を持つ《ドラグニティ-パルチザン》《ドラグニティ-ピルム》と異なり、ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターも特殊召喚することができます。

上記2体と同じ理由で、このカードも《ドラグニティ-ミリトゥム》と相性がいいですね。

 

フィールドのカードを破壊する②の効果は、装備されたカードを墓地へ送って効果を発動する《ドラグニティ-レギオン》《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》などと相性が良く、コストとして利用しつつフィールドのカードを破壊することができます。

フィールドのカードを破壊する効果は強制効果であるため、タイミングを逃すことはありませんが、相手フィールドにカードが存在しない場合、自分のカードを破壊しなくてはいけないため注意が必要ですね。

 

《ドラグニティ-クーゼ》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星2/風属性/ドラゴン族/攻1000/守 200】
このカードをS素材とする場合、「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
①:フィールドのこのカードをS素材とする場合、このカードのレベルを4として扱うことができる。
②:このカードが装備カード扱いとして装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。
【効果考察】
※S素材にする場合「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できない。
①:S召喚する場合にレベル4として扱うことができるルール効果。
②:装備されている自身を特殊召喚する効果。

S素材にする場合「ドラグニティ」モンスターのS召喚にしか使用できませんが、①の効果により、S素材にする場合レベル4として扱うことができるため、状況にあわせてS召喚先を選ぶことができます。

 

レベル4鳥獣族モンスターとS召喚する場合、《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》を経由することで、《ドラグニティナイト-アスカロン》をS召喚できます。

また《ドラグニティ-ドゥクス》などのレベル4・鳥獣族モンスターとS召喚する場合、①の効果により《ドラグニティ-ファランクス》ではS召喚の難しい《ドラグニティナイト-バルーチャ》も容易にS召喚することができます。

 

これらの展開はこのカードにはできて類似した効果を持つ《ドラグニティ-ファランクス》にはできない展開であり、このカードを使うメリットでもありますね。

 

《ドラグニティ-ブラックスピア》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星3/風属性/ドラゴン族/攻1000/守1000】
1ターンに1度、自分フィールド上の「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体をリリースして発動できる。
自分の墓地からレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を選択して特殊召喚する。
【効果考察】
①:1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体をリリースし、レベル4以下の鳥獣族モンスター1体を蘇生する起動効果。

①の効果の発動に必要なコストに、自身をリリースすることも可能なため、自身を墓地の鳥獣族に変換することもできます。

 

【ドラグニティ】では、特殊召喚時に効果を発動できるレベル4以下・鳥獣族モンスターは《ドラグニティ-トリブル》しか存在しないため、【ドラグニティ】でもあまり採用されません。

鳥獣族モンスターを主軸にするデッキに蘇生効果を持つカードとして採用することもできますね。

 

《ドラグニティ-ピルム》


ステータス・効果概要
チューナー・効果モンスター
【星3/風属性/ドラゴン族/攻1400/守1000】
このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札から「ドラグニティ」と名のついた鳥獣族モンスター1体を特殊召喚し、さらにこのカードを装備カード扱いとして装備する。
このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、装備モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
この時、装備モンスターが相手ライフに与える戦闘ダメージは半分になる。
【効果考察】
①:召喚成功時に手札から鳥獣族「ドラグニティ」モンスター1体を特殊召喚し自身を装備する誘発効果。
②:自身を装備したモンスターに直接攻撃効果と、自身を装備したモンスターが与える戦闘ダメージが半分になる効果を付与する効果。

①の効果と類似した効果を持つ《ドラグニティ-パルチザン》《ドラグニティ-アキュリス》と同じ理由で、このカードも《ドラグニティ-ミリトゥム》と相性がいいですね。

 

戦闘ダメージが半分になりますが、《ドラグニティの神槍》や「ドラグニティ」モンスターの墓地から「ドラグニティ」モンスターを装備する効果によりこのカードを装備することで、いつでも直接攻撃効果を付与することができます。

相手のLP(ライフポイント)を0にできる寸前まで削ったのに、展開され防御を固められてしまった場合などにあると便利なモンスターですね。

 

《ドラグニティアームズ-ミスティル》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星6/風属性/ドラゴン族/攻2100/守1500】
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する「ドラグニティ」と名のついたモンスター1体を墓地へ送り、手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが手札から召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地に存在する「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
【効果考察】
①:自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体をコストに、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果。
②:手札からの召喚・特殊召喚成功時に墓地のドラゴン族「ドラグニティ」モンスター1体を装備する誘発効果。

※①の効果により自身を手札から特殊召喚する際、モンスターをコストにする必要があるため、装備カードとしてモンスターに装備されている「ドラグニティ」モンスターをコストにすることができません。

 

レベル6であるため《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》をS召喚し、効果により墓地の《ドラグニティ-ファランクス》を装備、その後自身の効果で特殊召喚した《ドラグニティ-ファランクス》をコストに特殊召喚することで、《ドラグニティナイト-ヴァジュランダ》とあわせてランク6X召喚をすることができます。

 

その他には「ドラグニティ」モンスターの効果を無効にされた際に、そのモンスターをこのカードのコストに使用することで、効果無効をカバーするなどの使い方もできます。

 

《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》


ステータス・効果概要
効果モンスター
【星8/風属性/ドラゴン族/攻2600/守1200】
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在す子る「ドラグニティ」と名のついたカードを装備したモンスター1体をゲームから除外し、手札または墓地から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、「ドラグニティアームズ-レヴァテイン」以外の
自分の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を選択し、装備カード扱いとしてこのカードに装備する事ができる。
このカードが相手のカードの効果によって墓地へ送られた時、装備カード扱いとしてこのカードに装備されたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
【効果考察】
①:「ドラグニティ」カードを装備したモンスター1体を除外コストに、自身を手札・墓地から特殊召喚する召喚ルール効果。
②:召喚・特殊召喚成功時に墓地のドラゴン族モンスター1体を装備する誘発効果。
③:相手の効果で墓地へ送られた時に、自身に装備されていたモンスター1体を特殊召喚する誘発効果。

「ドラグニティ」モンスターを装備できるカードにより《ドラグニティ-ファランクス》を装備し、装備モンスターを蘇生、その後このカードの墓地のドラゴン族モンスターを装備する効果により装備した《ドラグニティ-ファランクス》を自身の効果で特殊召喚することで、レベル10SモンスターをS召喚することができます。

※自身を特殊召喚する①の効果の除外コストは、「ドラグニティ」カードを装備したモンスターであり、コストとなったモンスターに装備されていた「ドラグニティ」カードは除外されません。

 

墓地のドラゴン族モンスターを装備する②の効果には発動回数に制限がなく、《光と闇の竜》を装備すれば以下のループにより無限に蘇生することができます。

  1. 《光と闇の竜》を装備したこのカードが墓地へ送られる。
  2. 装備対象不在により《光と闇の竜》は破壊される。
  3. 《光と闇の竜》の効果により自分フィールドのカードをすべて破壊し、このカードを蘇生。
  4. このカードの特殊召喚成功時、墓地のドラゴン族モンスターを装備する効果により《光と闇の竜》を装備。

このループは《光と闇の竜》を先に破壊されることで止まってしまいますが、墓地にもう1体の《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》が存在する場合、継続することができます。

 

「ドラグニティ」魔法・罠カード

《ドラグニティの神槍》


効果概要
装備魔法
「ドラグニティ」モンスターにのみ装備可能。
「ドラグニティの神槍」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターは、攻撃力が装備モンスターのレベル×100アップし、罠カードの効果を受けない。
②:自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
デッキからドラゴン族の「ドラグニティ」チューナー1体を選び、このカードの装備モンスターに装備カード扱いとして装備する。
【効果考察】
※「ドラグニティ」モンスターにのみ装備可能。
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの攻撃力をレベル×100アップし、罠カードへの効果耐性を付与する効果。
②:デッキからドラゴン族「ドラグニティ」チューナー1体を装備モンスターに装備する効果。

①②の効果により戦闘と展開どちらも補助することができます。

様々な「ドラグニティ」モンスターと相性が良く、《ドラグニティードゥクス》《ドラグニティ-ファランクス》で展開する際に、《ドラグニティードゥクス》の効果が無効にされても、このカードでカバーすることができます。

さらに装備する効果であるため、サーチ効果に対するメタカードに強く、《灰流うらら》などの効果で無効にされません。

 

《ドラグニティ・ドライブ》


効果概要
永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
このターン、自分は「ドラグニティ」モンスターしか特殊召喚できない。
●自分の魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスターカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを守備表示で特殊召喚する。
●自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地から「ドラグニティ」モンスター1体を選び、装備カード扱いとして対象の自分のモンスターに装備する。
【効果考察】
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:以下の効果から1つを選択して発動できる。
※この効果を発動するターン、自分は「ドラグニティ」モンスターしか特殊召喚することができない。
●自分の魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する効果。
●自分の墓地の「ドラグニティ」モンスター1体を、自分フィールドの「ドラグニティ」モンスター1体に装備する効果。

魔法&罠ゾーンの「ドラグニティ」モンスターを特殊召喚する効果は、「ドラグニティ」モンスターであれば容易に満たすことができます。

《ドラグニティの神槍》とあわせてドラゴン族「ドラグニティ」モンスターの擬似的なリクルートとして使用したり、《ドラグニティアームズ-レヴァテイン》《ドラグニティナイト-バルーチャ》の効果で装備した高レベルの「ドラグニティ」モンスター特殊召喚するのも強力です。

 

墓地の「ドラグニティ」モンスターを装備する効果は、《ドラグニティ-ファランクス》《ドラグニティ-クーゼ》を再利用したり、《ドラグニティ-ブランディストック》を装備して2回攻撃効果を付与するなど《ドラグニティの神槍》と同じように様々な用途に合わせて利用することができます。

永続罠カードであるため、相手ターンでも効果を使用することができ、相手ターンにも盤面を整えることもできますね。

 

「ドラグニティ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

《竜操術》


効果概要
永続魔法
「ドラグニティ」と名のついたモンスターを装備した、自分フィールド上に存在するモンスターの攻撃力は500ポイントアップする。
また、1ターンに1度、手札から「ドラグニティ」と名のついたドラゴン族モンスター1体を装備カード扱いとして自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体に装備する事ができる。
【効果考察】
①:自分フィールドの「ドラグニティ」モンスターを装備したモンスターの攻撃力が500アップする効果。
②:手札のドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを、自分フィールドの表側表示モンスター1体に装備する効果。

「ドラグニティ」モンスターは攻撃力が低いモンスターが多く、①の効果により少しですが攻撃力の低さを補うことができます。

②の効果により手札から「ドラグニティ」モンスターを装備することができ、①の効果も適用しやすいのですが、このカードよりさらに使いやすい効果を持つ《ドラグニティの神槍》登場以降、【ドラグニティ】ではほとんど採用されなくなりました。

 

②の効果は《ドラグニティの神槍》とは異なり、「ドラグニティ」モンスター以外にも「ドラグニティ」モンスターを装備することができます。

そのため、《ドラグニティ-ブランディストック》など装備モンスターに効果を付与する効果を、「ドラグニティ」モンスター以外にも適用できるようになります。

 

《竜の渓谷》


効果概要
フィールド魔法
①:1ターンに1度、自分メインフェイズに手札を1枚捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
【効果考察】
①:1ターンに1度、手札1枚をコストに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●レベル4以下の「ドラグニティ」モンスターをサーチする効果。
●デッキからドラゴン族モンスターを墓地へ送る効果。

【ドラグニティ】ではキーカードであり、状況にあわせてレベル4以下の「ドラグニティ」モンスターをサーチ、またはドラゴン族モンスターを墓地へ送ることができます。

ドラゴン族「ドラグニティ」モンスターを手札コストに鳥獣族「ドラグニティ」モンスターをサーチするなど、無駄のない動きで手札消費を抑えていきたいですね。

 

ドラゴン族を墓地へ送る効果は【ドラグニティ】以外でも重宝され、様々な【ドラゴン族】デッキに採用されることも多いです。

 

まとめ:心と体を重ね力を発揮するモンスターたち

装備されることによって様々な効果を付与する効果を持つドラゴン族「ドラグニティ」モンスターが数多く存在するため、構築によって個性の出るテーマです。

【ドラグニティ】ではキーカードとなる《ドラグニティ-ファランクス》が多く採用されることがほとんどですが、戦闘に関する効果を付与する「ドラグニティ」モンスターを採用するなど、少し変わった【ドラグニティ】デッキを構築してみるのもいいかもしれませんね。

 

わたしたちハーピィもドラゴン族の力を引き出すことができるのよ!

 

おしまい。

 

「ドラグニティ」に関連する記事

【ドラグニティ】カード考察『シンクロモンスター』:「ドラグニティ」シンクロモンスターを考察! 【ドラグニティ】イラスト考察:「ドラグニティ」シンクロモンスターのシンクロ前後をイラストで比較・考察!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です