【海皇水精鱗】デッキレシピと解説:荒波の如く展開し相手のフィールドを一掃!

《伝説のフィッシャーマン》、梶木漁太が父親の形見として共に戦ってきたカードとして有名ですね。

時代と共に徐々に強化され《伝説のフィッシャーマン二世》《伝説のフィッシャーマン三世》が登場しました。

個人的に梶木漁太も《伝説のフィッシャーマン》もかなりカッコいいと思いますし大好きです。

 

今回はそんな《伝説のフィッシャーマン》と梶木漁太のデュエルを彷彿させるカードを採用した【海皇水精鱗】デッキをご紹介します。

 

デッキレシピ

 

[toggle title=”デッキレシピ(テキスト)”]

モンスター(32枚 / 17種)

伝説のフィッシャーマン三世 × 1
伝説のフィッシャーマン二世 × 3
伝説のフィッシャーマン × 1
海皇の竜騎隊 × 2
海皇の狙撃兵 × 1
海皇の重装兵 × 3
海皇子 ネプトアビス × 3
水精鱗-メガロアビス × 3
水精鱗-ディニクアビス × 3
水精鱗-アビスパイク × 1
水精鱗-アビスグンデ × 1
氷霊神ムーラングレイス × 1
海亀壊獣ガメシエル × 3
城塞クジラ × 1
アトランティスの戦士 × 3
深海のディーヴァ × 1
フィッシュボーグ-ランチャー × 1

魔法・罠( 8枚 / 5種)

ワン・フォー・ワン × 1
おろかな埋葬 × 1
海竜神の怒り × 3
伝説の都 アトランティス × 2

潜海奇襲 × 1

エクストラデッキ(15枚 / 14種)

白闘気双頭神龍 × 1
氷結界の龍 トリシューラ × 1
覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン × 1
白闘気白鯨 × 1
PSYフレームロード・Ω × 1
氷結界の龍 グングニール × 1
氷結界の龍 ブリューナク × 1
瑚之龍 × 1
たつのこ × 2
水精鱗-ガイオアビス × 1
オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン × 1
深淵に潜む者 × 1
マスター・ボーイ × 1
リンクリボー × 1
[/toggle]

基本的な動き・戦術

このデッキは《海皇子 ネプトアビス》《深海のディーヴァ》を起点としモンスターを展開・サーチしていくビートダウンデッキです。

手札消費が激しいので巻き返される前に押し切りたいですね。

 

このデッキの強み

ポイント①:《伝説のフィッシャーマン三世》と《白闘気白鯨》による全体除去

特殊召喚成功時《伝説のフィッシャーマン三世》は除外による全体除去を、《白闘気白鯨(ホワイト・オーラ・ホエール)》は攻撃表示限定の全体除去を行うことができます。

《伝説のフィッシャーマン三世》は攻撃できないデメリットこそ持つものの除外による全体除去はやはり強いですね。

2体とも場持ちがいいのも特徴です。

 

ポイント②:《たつのこ》と《フィッシュボーグ-ランチャー》からの幅広いS召喚

《たつのこ》は基本的に《深海のディーヴァ》の効果により《海皇子 ネプトアビス》をリクルートしS召喚していきます。

このデッキにはレベル6~10のSモンスターを採用しているため手札に合わせて様々なSモンスターをS召喚できます。

 

《フィッシュボーグ-ランチャー》も発動条件の緩い蘇生効果を持っています。

そのことからレベル6~8のS召喚や、《マスター・ボーイ》のL召喚を狙うことができますね。

 

ポイント③:手札1枚から2枚のハンデスと2~3体のモンスターを展開

【海皇水精鱗】デッキでは有名なギミックですね。

《深海のディーヴァ》または《海皇子 ネプトアビス》1枚から2枚のハンデスに持っていくことができます。

先行1ターン目に決めることができれば強力ですね。

 

展開パターン①

手札
《深海のデーヴァ》
[toggle title=”展開方法”]
  1. 《深海のデーヴァ》を通常召喚し効果により《海皇子 ネプトアビス》をリクルート
  2. 《海皇子 ネプトアビス》の①の効果により《海皇の竜騎隊》をコストに《海皇の竜騎隊》をサーチ
  3. コストとなった《海皇の竜騎隊》の効果により《水精鱗-メガロアビス》をサーチ
  4. 《海皇の竜騎隊》と水属性モンスターをコストに《水精鱗-メガロアビス》を自身の効果により特殊召喚
  5. コストとなった《海皇の竜騎隊》の効果により《氷霊神ムーラングレイス》をサーチ
  6. 《深海のデーヴァ》と《海皇子 ネプトアビス》で《たつのこ》をS召喚し《氷霊神ムーラングレイス》を自身の効果により特殊召喚
[/toggle]
最終盤面
《氷霊神ムーラングレイス》
《水精鱗-メガロアビス》
《たつのこ》

 

展開パターン②

手札
《海皇子 ネプトアビス》or《ワン・フォー・ワン》
[toggle title=”展開方法”]
  1. 《海皇子 ネプトアビス》を通常召喚し①の効果により《海皇の竜騎隊》をコストに《海皇の竜騎隊》をサーチ
  2. コストとなった《海皇の竜騎隊》の効果により《水精鱗-メガロアビス》をサーチ
  3. 《海皇の竜騎隊》と水属性モンスターをコストに《水精鱗-メガロアビス》を自身の効果により特殊召喚
  4. コストとなった《海皇の竜騎隊》の効果により《氷霊神ムーラングレイス》をサーチ
  5. 《海皇子 ネプトアビス》と《水精鱗-メガロアビス》で《マスター・ボーイ》をL召喚し《氷霊神ムーラングレイス》を自身の効果により特殊召喚
[/toggle]
最終盤面
《氷霊神ムーラングレイス》
《マスター・ボーイ》

《ワン・フォー・ワン》の効果で《海皇子 ネプトアビス》特殊召喚し展開する場合は、《氷霊神ムーラングレイス》を特殊召喚する際、墓地調整が必要になってきます。

その場合《海皇子 ネプトアビス》を素材に《リンクリボー》をL召喚したり《水精鱗-ディニクアビス》《アトランティスの戦士》の効果で墓地調整を行いたいですね。

 

パターン①で《たつのこ》をS召喚しても次のS召喚に繋げることができない場合は、《マスター・ボーイ》をL召喚するのも1つの選択肢です。

 

ポイント④:「水精鱗」モンスターによる大量展開


《水精鱗-メガロアビス》
効果モンスター
【星7/水属性/海竜族/攻2400/守1900】
自分のメインフェイズ時、手札からこのカード以外の水属性モンスター2体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、デッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水属性モンスター1体をリリースする事で、このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
「水精鱗」最上級モンスター共通の特殊召喚効果により召喚権を使わずに大量展開することができます。

墓地をうまく利用すれば《水精鱗-アビスグンデ》の効果によっても展開を補助できますね。

 

レベル7モンスターが複数並ぶので《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》を容易にX召喚することできますね。

《オッドアイズ・アブソリュート・ドラゴン》は破壊されても《覇王白竜オッドアイズ・ウィング・ドラゴン》を特殊召喚することができます。

高い攻撃力はもちろん、破壊されてもPゾーンに置かれ、P効果により戦闘を補助することができるため強力ですね。

 

ポイント⑤:梶木漁太を彷彿させる強力なカードたち

前述した通り《海竜神の怒り》《潜海奇襲》など、梶木漁太を彷彿させるカードを採用しています。

 

《海竜神の怒り》は「元々のレベルがレベルが5以上の水属性モンスターの数まで~
」と少し使いにくい発動条件を持っています。

しかし上級モンスターを多めに採用しているこのデッキなら、その発動条件を難なくクリアすることができます。

モンスターゾーンの使用不可効果により相手の展開を妨害することもできますね。

 

《潜海奇襲》は元々のレベルが5以上の水属性モンスターの戦闘の補助や魔法・罠カード破壊から守ることができます。

サクリファイスエスケープやEXモンスターゾーンのモンスターの移動など幅広い用途で使うことができるのもポイントですね。

 

《城塞クジラ》《潜海奇襲》のサーチの他に、「海皇」モンスターの水属性モンスターのコストとなることで発動する共通効果のトリガーとしても活用できます。

レベル7という点から最上級「水精鱗」モンスターとのX召喚も狙うことができますね。

 

このデッキの弱点

弱点①:《増殖するG》

このデッキは特殊召喚の連続により展開していくデッキです。

そのため《増殖するG》を使われると相手に大きなアドバンテージを与えてしまいます。

ゲームエンドに持ち込めそうにない場合は途中で展開を止める必要がありますね。

 

弱点②:《虚無空間》などの特殊召喚に対してのメタカード

《虚無空間》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》のような特殊召喚に対するメタカードにも注意が必要です。

 

《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《アトランティスの戦士》《伝説のフィッシャーマン二世》による戦闘破壊で比較的容易に突破できます。

しかし《虚無空間》《海皇の重装兵》くらいしか突破口がありません。

そのため戦闘破壊などで相手のカードを墓地へ送り、何とかして突破したいですね。

 

まとめ

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-にて《伝説のフィッシャーマン二世》《城塞クジラ》《海竜神の怒り》《潜海奇襲》と4枚の梶木漁太関連のカードたち登場しましたね。

いろいろ試してみた結果、海皇水精鱗と組み合わせるのが一番使いやすくシナジーも感じたのでこのような構築になりました。

 

【海皇水精鱗】デッキまたは《伝説のフィッシャーマン》デッキの構築を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

「海の男」かっこいいにゃ

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です