ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ

ハーピィなどの様々なテーマを幅広く考察!

ストーリー考察 遊戯王

【遊戯王ストーリー考察】彼の名はグレファー ~数奇な運命を持つ戦士~ episode1&2

投稿日:2017年12月7日 更新日:

スポンサーリンク

遊戯王にはストーリーを感じさせるカードが数多く存在します。

そんな中でも今回は様々な未来の可能性を秘めた戦士《戦士ダイ・グレファー》のストーリーを考察してみました。

勇敢な戦士の姿をぜひご堪能ください。

 

※この物語は公式の設定と遊戯王非公式サイト「遊戯王カードWiki」さんを参照に作成した、当ブログ管理人の完全妄想ストーリーです。

※新規OCGカードの登場により内容が修正(または加筆)されることがありますことをご理解ください。

 

スポンサーリンク

プロローグ

彼の名はグレファー ―― グインランド王国の外れにある貧しい家庭に生まれた彼は、幼い頃から剣技に励みその腕を磨いていました。

 

グレファーの住むグインランド王国は、長きにわたりドラゴン軍、ハ・デス軍と戦争をしていました。

三つもの軍が争っていることから戦いは頻繁に起き、既に多くの犠牲者が出ていました。

 

グレファーの父もその犠牲者の一人で、人手不足の時期に戦争へ駆り出されその命を落としてしまいました。

そのことからグレファーは父の(かたき)を討とうと、やっとの思いでグインランド王国の軍隊へ入隊することができました。

 

彼は、フリード将軍率いるグインランド王国でも一二を争う勢力を持つ軍隊である「フリード軍」へ配属されました。

今日もいつものように朝礼が始まります ―― 。

 

episode1:連合軍

フリード将軍
敬礼!!

 

フリード将軍による挨拶が終わると、隊長と共に軍事規範の復唱が始まります。

 

【軍事規範】
我々は誠心誠意軍事を務め命を捧げる覚悟で任務を遂行する。
友軍は宝、死という選択は極力避け友軍と共に帰還せよ。

 

フリード将軍は将軍になる前から長々とした朝礼が苦手でした。

そのため軍事規範の中でも特に重要と感じているこの二つの規範を大声で復唱させ、その日の任務を発表し朝礼を終了させます。

しかし今日はいつもと違い別の発表もありました。

 

前々から噂されていたマレドニア王国と連合を組むことが決まったのです。

 

マレドニア王国に住むほとんどの生物は、何かしら魔法を操る力を持っています。

それに目を付けた国王は、戦争により低下した勢力の回復と、ドラゴン軍、ハ・デス軍への牽制、国の発展のため、マレドニア王国に連合を組むことを持ちかけました。

 

マレドニア王国は既にかなり発達している国です。

それでも魔法以外の歴史を導入することで得られる技術の発展や、グインランド王国の今後の発展を見込み、連合を組むことを承諾してくれました。

 

 

フリード将軍
マレドニア王国の魔法使いたちは本日より任務に同行し戦闘を支援してもらう
フリード将軍
今まで通り気を抜かぬよう心して任務に取り組むように!!

 

こうして今日からマレドニア王国の魔法使いたちと任務を遂行することが発表されました。

フリード軍の今日の任務はドラゴン軍の壊滅 ―― ドラゴン軍の勢力が減退しているうちに攻め込み、陥落させようという目論見です。

 

面識のない魔法使いたちと共に任務を遂行、しかもその任務はドラゴン軍の壊滅です。

こんな国王の暴挙に反対意見も多かったそうですが、強さを求めていたグレファーは自分とは違う戦い方をするであろう魔法使いたちに少し興味がありました。

 

急な共同任務にグレファーが不安を感じることはありませんでしたが、半数以上の兵士は不安を感じていました。

その様子を見兼ねたフリード将軍は国王へ懇親会を開くことを提案しました。

 

国王は懇親会に乗り気ではありませんでしたが、フリード将軍の説得により任務まで時間を使い懇親会が開かれることになりました。

 

フリード将軍の号令の下、グインランド王国の兵士とマレドニア王国から派遣された魔法使いは宮殿の大広間に集められました。

フリード将軍の挨拶が終わり懇親会が始まると兵士と魔法使いたちは交流を深め始めました。

 

グレファー
やはりオレらとは雰囲気が違うなあ…
???
あなたもフリード軍の方ですか?

 

グレファーが兵士と魔法使いの雰囲気の違いに関心していると、一人の魔法使いが声をかけてきました。

彼女の名はエルディーン ―― マレドニア王国の外れにある魔法族の里出身の魔法使いだ。

グレファーは少し境遇の似ていた彼女とすぐに打ち解けました。

 

エルディーンと離れた後、いろんな魔法使いたちと交流したかったグレファーは大広間にいる様々な魔法使いに声をかけ交流を深めました。

 

そんな中、ある一人の魔法使いが遠くから見つめてくるのに気がつきます。

グレファーが視線を送り返すと、それに気づいた魔法使いはグレファーを呼ぶように小さく手招きをしました。

 

グレファー
オレに手招きしてるのか?

 

そう思いながらも、グレファーは魔法使いのもとへ行きました。

 

グレファー
オレに何か用か?
???
おまえさん今日ドラゴン軍へ攻め込むんだろ?
何かあった時のためにこれをやろう

 

そういうとその魔法使いは小さな球体をグレファーに渡しました。

魔法使いは続けてその球体についての説明を始めます。

 

???
これは瞬時に異次元へのゲートを作りだすことのできる道具だ
???
作りだしたゲートに吸い込まれたものは異次元へと飛ばされる

 

「異次元へのゲートを作りだす道具」そう聞いたグレファーは、これを使えばドラゴン軍の奴らもすぐに倒せるのではないかと考えました。

しかし魔法使い曰く、作りだせるゲートは人間ほどの大きさで、ドラゴンたちに使ったとしても、吸い込むことができるのはドラゴンたちの吐く火炎弾くらいだと言います。

 

グレファーはふと、どうして初対面のオレにこれを渡したんだと思いました。

気になったグレファーが魔法使いに問いかけると、魔法使いはこう答えました。

 

???
わたしはおまえさんから大きな可能性を感じる
???
使いどころを見極めうまく使ってくれると信じておるぞ

 

グレファーは「それだけの理由で?」と思いましたが「大きな可能性を感じる」と言われたことが嬉しくて、あまり気には留めませんでした。

最後にお互いに軽く自己紹介を済ませ、グレファーはその場を後にしました。

 

こうして魔法使いたちと交流している間に任務の時間になりました。

宮殿中に任務に向けての号令が掛かります ―― 。

 

episode2:竜魂の城

フリード将軍
これよりドラゴン軍壊滅の任務を実行する!!

 

フリード軍は宮殿の中庭に召集され、フリード将軍の掛け声により任務が始まりました。

まずドラゴン軍の本拠地である竜魂の城へ向かい、すべての部隊の到着後に体勢が整い次第攻め込むようです。

 

敵に気づかれてしまった時に注意を分散させるため、竜魂の城までの道のりは少人数で行動することを命じられました。

グレファーは隊長と、懇親会の時に大広間で出会った魔法使いエルディーンと共に竜魂の城へ向かいます。

 

竜魂の城へ向かう途中、グレファーたちは早くもドラゴン軍の兵士に遭遇しました。

 

軍隊竜
人間のやつらほんとに攻めてくるのかよ~
リザード兵
タイラント様が言ってるんだ間違いない

 

ドラゴン軍の兵士は、グレファーたちの存在には気づいていませんでしたが、フリード軍の行動はドラゴン軍に読まれているようでした。

 

隊長
やはりこちらの行動はドラゴン軍に読まれていたか…
グレファー
隊長…どうなされますか?
隊長
あまり体力は使いたくない…
奇襲するぞ!!

 

隊長は体力の消耗を懸念し奇襲攻撃を仕掛けることにしました。

合図と共に隊長たちは攻撃を仕掛けます。

 

軍隊竜
あいつらほんとに来やが…
ぐはぁっ!!

 

グレファーたちの攻撃によりドラゴン軍の兵士たちは次々と倒れていきました。

その後も度重なるドラゴン軍の迎撃を突破し、グレファーたちはようやく竜魂の城へ到着しました。

 

 

グレファー
これが竜魂の城…
すごい迫力だ…

 

初めて見る竜魂の城にグレファーは息をのみました。

他の部隊も到着したようで、フリード将軍から攻め込む合図がありました。

 

その時です!!

 

グレイ・ウイング
ガオオオオォォォォオ!!

 

グレファーたちを目掛けて火炎弾が飛んできました。

それに気づいた他のドラゴンたちもグレファーたちを狙い次々と攻撃してきます。

ドラゴンたちのとめどない攻撃により、グレファーとエルディーンは隊長と引き離されてしまいました。

 

隊長と引き離されてしまった直後、再び別のドラゴンが攻撃を仕掛けてきます。

 

スピア・ドラゴン
ギャオォォォォス!!!!
セブン
オラァッ!!!!

 

すると大きな声と共に、ドラゴンが切り裂かれました。

グレファーたちと同じくフリード軍の兵士である、セブンとライダーが助けに来てくれたのです。

 

ライダー
お前ドラゴンと戦うってのに対策もしてこなかったのか?
グレファー
セブン!!
それにライダーも!!
セブン
ここはオレらに任せてお前は先に進むんだ!!

 

そう言われ、グレファーとエルディーンはセブンとライダーにその場を任せ、竜魂の城へ進み、ドラゴン軍の長 タイラントの居る頂上へ向かうことにしました。

 

グレファー
フリード将軍もとっくに頂上に着いてるはずだ!!
急がないと…!!

 

助けてくれた仲間のため、先に頂上へ向かっているであろうフリード将軍のためにグレファーは頂上へ急ぎました。

するとどこからともなく大きな足音が聞こえてきました。

 

ドスンッ!! ドスンッ!!

 

その足音がどんどん近づいてくるのがわかります。

そしてその足音の正体はグレファーの前に現れました。

 

 

そのドラゴンはグランド・ドラゴンと呼ばれており、とても大きな体をしたドラゴンです。

グレファーの前に立ちふさがったグランド・ドラゴンは、現れて早々広範囲に及ぶ炎を吐いてきました。

 

グランド・ドラゴン
ブオオオオォォォォォォ!!!!!!

 

エルディーンは魔法でバリアを張り応戦しますが、防戦一方でグレファーは全く攻め込むことができません。

グレファーが何か突破口はないのかと苦戦していると、どこからともなく声が聞こえて来ました ―― 。

 

…to be continued

 

火を吐くにゃんてドラゴンは本当に恐ろしい生き物にゃ

 

おしまい。

 

続きはこちら

 

おまけ

今回登場したキャラクターたち

グレファー エルディーン
貧しい家庭に生まれるも、その努力によりグインランド王国のフリード軍へ入隊する。
ドラゴンを操る才能を秘めていると言われているが…。
マレドニア王国の外れにある魔法族の里出身の魔法使い。
守りの魔法を得意とする。
OCG
《戦士ダイ・グレファー》  《エルディーン》

 

フリード将軍 隊長
グインランド王国のフリード軍を率いる大将で、無敗将軍という肩書きを持つ。
部下からは厚く信頼され、放浪の旅に出ていたという過去を持っている。
フリード軍の頼れる隊長で、先陣を切り戦場を駆け抜ける勇敢な姿から憧れる者も多い。
実は料理も得意である。
OCG
《無敗将軍 フリード》  《切り込み隊長》

 

セブン ライダー
様々な武器を使いこなすことができ、大きな身体とは裏腹にかなりの勉強家である。
生物学に関しての知識が豊富で、種族ごとに弱点を突く方法を熟知している。
竜操術に長け、どんなドラゴンでも乗りこなすことができる。
幼い頃に出会ったドラゴン マニーといつも行動を共にしている。
OCG
《7つの武器を持つハンター》  《ドラゴン・ライダー》

 

DD(ディーディー) グランド・ドラゴン
マレドニア王国から来た魔法使いで、その素性はあまり明らかになっていない。
異次元に関する魔法が得意なことから、Different Dimension(異次元)からもじってDD(ディーディー)と呼ばれている。
大きな体を持つわりに防御力はあまり高くないが、高い攻撃力と超再生能力を持っており太刀打ちできずに敗れていく者も多い。
自軍のボスであるタイラントのことをあまりよく思っていない。
OCG
《D・D・M》  《グランド・ドラゴン》

 

グレイ・ウイング スピア・ドラゴン
素早い動きで敵を惑わし、連続で火炎弾を吐き攻撃することが得意。
動きが素早い分全身の皮膚が薄く、一撃でやられてしまうことも多い。
鋭いくちばしを使い猛スピードで突進する攻撃が得意だが、その勢いのあまり、外してしまった時は大きな隙が生まれてしまう。
あまり使われることはないが螺旋状の風を吐くこともできる。
OCG
《グレイ・ウイング》  《スピア・ドラゴン》

 

リザード兵 軍隊竜
ドラゴン軍の下級兵士。
同じくドラゴン軍の下級兵士である軍隊竜よりは、僅かに知能が高い。
ドラゴン軍の下級兵士。
その繁殖力の高さからどれだけ軍が減退していても、軍隊竜の数だけは減らないと言われている。
OCG
《リザード兵》  《軍隊竜》

 

関連カード一覧

《戦士ダイ・グレファー》
《無敗将軍 フリード》
《切り込み隊長》
《エルディーン》
《D・D・M》
《7つの武器を持つハンター》
《ドラゴン・ライダー》
《グランド・ドラゴン》
《グレイ・ウイング》
《スピア・ドラゴン》
《リザード兵》
《軍隊竜》
《王宮のお触れ》
《契約の履行》
《突撃指令》
《竜魂の城》

 

まだまだ物語はこれからにゃ!

 

おしまい。

-ストーリー考察, 遊戯王

Copyright© ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.