【命削り真竜ハーピィ】デッキレシピと解説:‪特殊召喚にモンスター効果といろいろ封じて「ハーピィ」を全力サポート!‬

今回は【ハーピィ】に《命削りの宝札》と【真竜】を採用した【命削り真竜ハーピィ】デッキを紹介します。

【ハーピィ】デッキ、【真竜】デッキの構築を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

【命削り真竜ハーピィ】デッキのデッキレシピ

[toggle title=”デッキレシピ(テキスト)”]

メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚

ハーピィ・ハーピスト × 3
ハーピィ・レディ・SB × 1
ハーピィ・レディ1 × 1
烈風の結界像 × 2
真竜拳士ダイナマイトK × 1
真竜戦士イグニスH × 2
真竜導士マジェスティM × 1

魔法( 16枚 / 8種)

ヒステリック・サイン × 3
万華鏡-華麗なる分身- × 1
ハーピィの羽根帚 × 1
真竜凰の使徒 × 3
真竜の継承 × 1
命削りの宝札 × 2
強欲で謙虚な壺 × 3
スケープ・ゴート × 2

罠( 13枚 / 5種)

ハーピィの羽根吹雪 × 3
真竜の黙示録 × 3
真竜皇の復活 × 1
幽麗なる幻滝 × 3
無限泡影 × 3

エクストラ(15枚 / 14種)

No.61 ヴォルカザウルス × 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング × 1
CNo.39 希望皇ホープレイ × 1
No.39 希望皇ホープ × 1
ハーピィズペット幻竜 × 1
竜巻竜 × 1
励輝士 ヴェルズビュート × 1
No.41 泥睡魔獣バグースカ × 1
ガガガガンマン × 1
ヴァレルロード・ドラゴン × 1
星杯戦士ニンギルス × 1
グレートフライ × 1
小法師ヒダルマー × 1
リンクリボー × 2

サイド(15枚 / 6種)

インスペクト・ボーダー × 3
増殖するG × 3
拮抗勝負 × 3
醒めない悪夢 × 3
神の通告 × 2
神の警告 × 1

[/toggle]

 

【命削り真竜ハーピィ】デッキのキーカード

イラスト カード名・ステータス・効果
効果モンスター
《ハーピィ・ハーピスト》
【星4/風属性/鳥獣族/攻1700/守 600】
召喚成功時に自身以外の鳥獣族モンスターと相手の表側表示モンスターをバウンスする誘発効果と、墓地へ送られたターンのエンドフェイズに攻撃力1500以下・レベル4・鳥獣族モンスターをサーチする誘発効果を持つ。
《烈風の結界像》
【星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000】
お互いの風属性以外のモンスターの特殊召喚を制限する永続効果を持つ。
《真竜拳士ダイナマイトK》
【星6/水属性/幻竜族/攻2500/守1200】
アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に「真竜」永続罠カードをサーチまたは発動する誘発即時効果を持つ。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
魔法カード
《命削りの宝札》
通常魔法
手札が3枚になるようドローし、効果発動後ターン終了時まで相手が受けるすべてのダメージが0になり、エンドフェイズに手札をすべて墓地へ送る効果を持つ。
※この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
《ヒステリック・サイン》
永続魔法
《万華鏡-華麗なる分身-》をサーチ・サルベージする効果と、手札・フィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに「ハーピィ」カードを3種類までサーチする効果を持つ。

キーカードやその他の「ハーピィ」「真竜」関連カードは以下の関連記事より考察しています。

 

【命削り真竜ハーピィ】デッキの構築ポイント

今回の【ハーピィ】デッキは、デッキを構築する上で以下の4つのことをポイントに構築しています。

  • 《烈風の結界像》の採用
  • 「真竜」カードの採用
  • 《命削りの宝札》と《強欲で謙虚な壺》の採用
  • 《スケープ・ゴート》の採用

 

ポイント①:《烈風の結界像》の採用


《烈風の結界像》
効果モンスター
【星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1000】
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いに風属性以外のモンスターを特殊召喚できない。
このデッキには風属性モンスター以外のモンスターの特殊召喚を制限する効果を持つ《烈風の結界像》を採用しています。

他の属性に比べ風属性モンスターが採用されることは少ないため、相手に与える影響は大きく、風属性モンスターが多く採用されたこのデッキでは、ほとんど自分に影響がありません。

 

《ハーピィ・ハーピスト》の攻撃力1500以下のレベル4・鳥獣族モンスターをサーチする効果に対応しているため手札に引き込みやすいですね。

 

ポイント②:「真竜」カードの採用


《真竜拳士ダイナマイトK》
効果モンスター
【星6/水属性/幻竜族/攻2500/守1200】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
デッキから「真竜」永続罠カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。
《真竜の黙示録》
永続罠
「真竜の黙示録」の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、①②の効果は同一チェーン上では発動できない。
①:このカード以外の自分フィールドの「真竜」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力・守備力を半分にする。
②:相手メインフェイズに発動できる。
「真竜」モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
③:このカードが魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
このデッキにはアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる「真竜」モンスターと、様々な面でアドバンテージを得やすい「真竜」永続魔法・永続罠カードを採用しています。

 

「真竜」モンスターと《ヒステリック・サイン》が非常にシナジーしており、《ヒステリック・サイン》をアドバンス召喚に必要なリリースとして使用しつつ《ヒステリック・サイン》の効果により「ハーピィ」カードを3種類までサーチすることができます。

《灰流うらら》など、サーチに対するメタ効果を持つカードを発動されても、「真竜」モンスターの「真竜」カードをサーチまたは発動する効果により、ある程度ケアすることもできます。

 

《真竜の黙示録》は③の効果により、すべての相手モンスターの攻撃力・守備力を半分にすることができるため、「ハーピィ」モンスターと《烈風の結界像》の攻撃力の低さを補うことができます。

《真竜の黙示録》の効果を発動するために破壊する「真竜」モンスターも、《真竜皇の復活》の効果により蘇生することでディスアドバンテージを抑えつつ、戦局を有利に進めることができます。

 

ポイント③:《命削りの宝札》と《強欲で謙虚な壺》の採用


《命削りの宝札》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。
《強欲で謙虚な壺》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。
このデッキにはデッキから3枚までドローし、発動ターンのエンドフェイズに手札をすべて墓地へ送る効果を持つ《命削りの宝札》と、デッキトップからカードを3枚めくり、その中から任意のカードを手札に加える効果を持つ《強欲で謙虚な壺》を採用しています。

どちらも発動ターン特殊召喚できなくなる制約を持ちますが、特殊召喚を多用しないこのデッキでは気になりません。

 

このカードが採用されることにより、サーチのできない《ヒステリック・サイン》を引き込みやすくし、デッキの安定性を底上げしてくれます。

複数引くことで機能する「真竜」モンスターと「真竜」魔法・罠カードも引き込みやすくなりますね。

 

《命削りの宝札》のエンドフェイズに手札をすべて墓地へ送る効果も、墓地へ送られることで効果を発動する《ヒステリック・サイン》《ハーピィ・ハーピスト》ならアドバンテージに変換することができます。

 

ポイント④:《スケープ・ゴート》の採用


《スケープ・ゴート》
速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。
このデッキには自分フィールドに「羊トークン」を4体特殊召喚する効果を持つ《スケープ・ゴート》を採用しています。

このカードの発動ターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できないという制約があるため、基本的に相手ターンのエンドフェイズに発動し、自分のターンにL召喚につないでいくのが主な運用方法です。

 

この「羊トークン」を素材に《小法師ヒダルマー》《リンクリボー》(リンク)召喚し、《ヴァレルロード・ドラゴン》《星杯戦士ニンギルス》へのL召喚につないでいきます。

《ヴァレルロード・ドラゴン》《星杯戦士ニンギルス》へのL召喚の過程でL召喚される《小法師ヒダルマー》は、自分・相手の魔法・罠カードを1枚ずつ破壊する効果を持ち、《ヒステリック・サイン》や「真竜」永続魔法・永続罠カードを破壊しつつ、相手の魔法・罠カードを破壊することができます。

 

《ヴァレルロード・ドラゴン》はモンスターの効果の対象にならない永続効果、フリーチェーンで発動できるモンスターの攻撃力・守備力を500ダウンさせる効果、攻撃する相手モンスターをダメージステップ開始時に、自身のリンク先に置いてコントロール奪取する効果を持ち、戦闘面で強力に補助してくれます。

 

《星杯戦士ニンギルス》はお互いのフィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る効果を持ち、《ヴァレルロード・ドラゴン》では処理できないモンスターを処理することができます。

《星杯戦士ニンギルス》のお互いのフィールドのカードを1枚ずつ選んで墓地へ送る効果は対象に取らず破壊を介さない効果であるため、ほとんどのカードに有効ですね。

 

【命削り真竜ハーピィ】デッキの基本戦術・回し方

このデッキは《烈風の結界像》により風属性モンスター以外のモンスターの特殊召喚を封じ、《ハーピィの羽根吹雪》などによりモンスター効果を無効にしながら戦うことを基本戦術としたコントロール寄りのビートダウンデッキです。

以下の流れで展開・妨害し勝利を目指します。

  • 序盤:手札調整をし《ヒステリック・サイン》などの効果によりアドバンテージを稼ぎつつ相手を妨害
  • 中盤:「真竜」永続魔法・永続罠カードによる盤面の維持
  • 終盤:妨害により相手のリソースがつき始めた頃にゲームエンドに持っていく

 

序盤:手札調整をし《ヒステリック・サイン》などの効果によりアドバンテージを稼ぎつつ相手を妨害

序盤は《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》で手札を整え、「真竜」モンスターの「真竜」カードをサーチまたは発動する効果や《ハーピィ・ハーピスト》《ヒステリック・サイン》のサーチ効果によりアドバンテージを稼いでいきます。

そして《烈風の結界像》の召喚や《ハーピィの羽根吹雪》の効果により相手の展開を妨害していきます。

 

「真竜」永続魔法・永続罠カードのアドバンス召喚する効果を駆使し、序盤はできるだけ早く「真竜」モンスターと「ハーピィ」モンスター、または《烈風の結界像》をフィールドに並べたいですね。

 

中盤:「真竜」永続魔法・永続罠カードによる盤面の維持

《真竜の黙示録》を発動していれば、その効果により相手モンスターの攻撃力・守備力をダヨネ半分にし、自分のモンスターをほとんどの戦闘破壊から守ることができるようになります。

それにより中盤は《烈風の結界像》や「真竜」モンスターを維持し、相手とのアドバンテージに差をつけていきます。

《真竜皇の復活》も永続罠カードであるため、「真竜」モンスターを蘇生する効果により盤面を維持しやすいですね。

 

終盤:妨害により相手のリソースがつき始めた頃にゲームエンドに持っていく

序盤から中盤で戦局の流れを掴むことができれば、終盤は相手のリソースもほとんどなくなるため、そのまま押し切りゲームエンドに持っていきます。

このデッキは序盤から終盤にかけて「真竜」永続魔法・永続罠カードを維持することが重要で、墓地の「真竜」カード3枚をデッキに戻し1枚ドローする効果を持つ《真竜凰の使徒》により再利用をするなど、できるだけフィールドに維持できるよう動きたいですね。

 

サイドデッキの採用理由

サイド(15枚 / 6種)
インスペクト・ボーダー × 3
増殖するG × 3
拮抗勝負 × 3
醒めない悪夢 × 3
神の通告 × 2
神の警告 × 1

モンスター効果の発動回数をフィールドのモンスターの種類(儀式・融合・(シンクロ)(エクシーズ)(ペンデュラム)・L)の数までに制限する効果を持つ《インスペクトボーダー》は、EX(エクストラ)デッキからモンスターを特殊召喚するまでにメインモンスターの効果を複数活用する【海皇水精鱗】や【オルターガイスト】などへの対策として採用しました。

《醒めない悪夢》は【魔術師】や【セフィラ】などのP召喚を行うデッキや、永続罠カードを多く採用することの多い【オルターガイスト】をへの対策として採用しました。

その他のカードは大量展開を得意とするデッキや、後攻用のカードとして採用しています。

 

まとめ:【真竜】により【ハーピィ】の手札消費の激しさと攻撃力の低さを補ったデッキ

上級「真竜」モンスターや「真竜」永続魔法カードにより【ハーピィ】の手札消費の激しさを補い、《真竜の黙示録》により「ハーピィ」モンスターと《烈風の結界像》の攻撃力の低さを補っています。

その他《命削りの宝札》《強欲で謙虚な壺》によりデッキの安定性も高まったデッキになっています。

 

わたしがいないのが残念だわ

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

[st-card id=4451] [st-card id=4340]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です