【アロマハーピィ】デッキレシピと解説:コントロール要素を強化し福岡プリンセス杯で優勝した「ハーピィ」デッキ!

今回は第16回福岡プリンセス杯で優勝された方に提供していただきましたデッキレシピを紹介します。

紹介するのは【ハーピィ】に《魔封じの芳香》を採用した【アロマハーピィ】デッキです。

 

【ハーピィ】デッキの構築を考えている方は是非参考にしてみてください。

 

【アロマハーピィ】デッキのデッキレシピ

メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:

モンスター(17枚 / 6種)

ハーピィ・チャネラー × 3
ハーピィ・ハーピスト × 3
ハーピィ・クィーン × 3
ハーピィ・レディ1 × 3
ハーピィ・ダンサー × 2
増殖するG × 3

魔法( 8枚 / 5種)

ヒステリック・サイン × 3
ハーピィの狩場 × 2
ハーピィの羽根帚 × 1
万華鏡-華麗なる分身- × 1
ブラック・ホール × 1

罠(15枚 / 7種)

ハーピィの羽根吹雪 × 3
ヒステリック・パーティー × 3
魔封じの芳香 × 3
ゴッドバードアタック × 2
神風のバリア -エア・フォース- × 2
神の通告 × 1
無限泡影 × 1

エクストラ(15枚 / 12種)

SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング × 1
CNo.39 希望皇ホープレイ × 1
No.39 希望皇ホープ × 1
ハーピィズペット幻竜 × 1
鳥銃士カステル × 2
竜巻竜 × 2
電光千鳥 × 1
零鳥獣シルフィーネ × 1
No.41 泥睡魔獣バグースカ × 1
ガガガガンマン × 1
グレートフライ × 2
LANフォリンクス × 1

サイド(15枚 / 9種)

灰流うらら × 2
幽鬼うさぎ × 2
墓穴の指名者 × 3
ブラック・ホール × 1
サイクロン × 1
レッド・リブート × 2
激流葬 × 2
神の通告 × 1
無限泡影 × 1

 

【アロマハーピィ】デッキのキーカード

イラスト
カード名
効果モンスター
《ハーピィ・チャネラー》 《ハーピィ・ハーピスト》
魔法カード
《ヒステリック・サイン》 《ハーピィの狩場》
罠カード
《ハーピィの羽根吹雪》 《ヒステリック・パーティー》 《魔封じの芳香》

キーカードなど「ハーピィ」関連カードを考察!

【ハーピィ】カード考察『モンスター』:「ハーピィ」モンスターとそれらをサポートするモンスターを考察! 【ハーピィ】カード考察『魔法・罠』:「ハーピィ」モンスターをサポートする魔法・罠カードを考察!

 

【アロマハーピィ】デッキの構築ポイント

今回の【ハーピィ】デッキは、デッキを構築する上で以下の5つのことをポイントに構築しています。

【ハーピィ】の特徴・基本戦術をチェック!

【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

 

ポイント①:《魔封じの芳香》の採用

《魔封じの芳香》はお互いの魔法カードに「セットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない」という制約を与える効果を持っています。

この効果により相手の魔法カードのセットを強要することができます。

このことから相手のセットした魔法カードを自分ターンに《ハーピィの狩場》などの効果で破壊することで、間接的に相手の魔法カードを封じることができます。

 

また《魔封じの芳香》の効果は速攻魔法カードにも同じように働きます。

そのため、相手が魔法・罠カードの破壊を魔法カード以外で行えない場合、対処が困難になります。

 

《魔封じの芳香》の効果はお互いのプレイヤーに影響する効果ですが、このデッキはそれを見越して魔法カードの採用枚数を減らし、罠カードを多めに採用していますね。

 

ポイント②:《ヒステリック・パーティー》の採用

《ヒステリック・パーティー》は、手札コスト1枚で墓地の《ハーピィ・レディ》を可能な限り蘇生させる効果を持つ永続罠カードです。

アドバンテージを得やすく、【ハーピィ】における展開力・決定力の低さを補ってくれる強力な効果を持っています。

しかし、以下のように【ハーピィ】にとって致命的な弱点もいくつか抱えていることから【ハーピィ】デッキでも採用を見送られることが多いですね。

  • 罠カードであるため発動にタイムラグがある。
  • 【ハーピィ】デッキの手札消費の激しさを助長してしまう。
  • 発動にチェーンして破壊されると2枚のディスアドバンテージを負ってしまう。

 

上記のような弱点はありますが、このデッキでは《ハーピィの羽根吹雪》や《魔封じの芳香》により相手の妨害に強くなっているため、《ヒステリック・パーティー》を通しやすくなっています。

 

またフィールドのすべての風属性モンスターの攻撃力を強化する効果を持つ《ハーピィ・レディ1》が3枚採用されていることから、パンプアップも期待できます。

 

ポイント③:《ゴッドバードアタック》の採用

《ゴッドバードアタック》はフィールドの鳥獣族モンスターをリリースコストに、フィールドのカード2枚を破壊する効果を持つ通常罠カードです。

サクリファイス・エスケープの他、「ハーピィ」モンスターやXモンスターでは対応しきれないモンスターを破壊するのに利用することができます。

 

モンスターを展開するのにあまり長けていない【ハーピィ】ですが、《ヒステリック・パーティー》が3枚採用されている関係上コストとなるモンスターは容易に確保することができます。

また積極的に墓地へ送りたい《ヒステリック・サイン》の破壊の他、《ハーピィの狩場》の代用など必要に応じて柔軟な動きができますね。

 

ポイント④:エクストラデッキに風属性モンスターを多めに採用

EXデッキには《魔封じの芳香》と相性のいい《竜巻竜》の他、相手の盤面に干渉できる風属性ランク4(エクシーズ)モンスターが多く採用されています。

このデッキでは風属性であることにより以下のような様々なメリットがあります。

  • X素材を使い切ってしまった後、《グレート・フライ》の(リンク)召喚につなげることができる。
  • 自分フィールドの風属性モンスターをバウンスする効果を持つ《ハーピィ・ダンサー》の効果により再利用することができる。
  • 《ハーピィ・レディ1》の効果による攻撃力の強化。

 

また《鳥銃士カステル》は鳥獣族・風属性のXモンスターであることから、《ハーピィの羽根吹雪》や《ゴッドバードアタック》の発動条件も満たすことができます。

 

ポイント⑤:ランク7エクシーズモンスターの不採用

【ハーピィ】はランク7X召喚も得意としていますが、このデッキではランク7Xモンスターを不採用にしています。

不採用にした大きな理由としては以下のものが挙げられます。

 

また【ハーピィ】でランク7X召喚を行う場合、ほとんどの場合《ハーピィズペット竜》の採用を強いられます。

しかし《ハーピィズペット竜》は手札に引いてしまうと、手札コストにしか利用することができなくなり、デッキの事故率を上げてしまい要因となってしまいます。

 

これらのことから今回採用を見送ったそうです。

 

本来【ハーピィ】にランク7Xモンスターが採用される際、【ハーピィ】と相性がいい《RR-アーセナル・ファルコン》が採用されることが多いです。

採用される1番の大きな採用理由としては、レベル4・鳥獣族モンスターをリクルートする効果を持っていることが挙げられます。

この効果により、風属性モンスター以外の特殊召喚を制限する効果を持つ《烈風の結界像》をリクルートすることができ、相手の動きを大きく制限することができます。

 

しかしここ最近で、モンスター効果を無効にすることができる効果を持つ《無限泡影》の採用率が増加してきました。

また《烈風の結界像》自身の攻撃力の低さから、特殊召喚メタカードとして機能しない場面も増えてきています。

これらのことも、不採用の理由の一つかもしれませんね。

 

【アロマハーピィ】デッキの基本戦術・回し方

このデッキは《魔封じの芳香》《ハーピィの羽根吹雪》など相手の動きを妨害しながら戦うコントロール寄りのビートダウンデッキです。

以下の流れで展開・妨害し勝利を目指します。

 

序盤~中盤:エクシーズモンスターや《ハーピィの狩場》により相手の盤面に対応し《魔封じの芳香》や《ハーピィの羽根吹雪》で妨害

序盤から中盤にかけてはランクXモンスターや《ハーピィの狩場》の効果により相手の盤面に対応し、《魔封じの芳香》《ハーピィの羽根吹雪》の効果で相手を妨害していきます。

 

Xモンスターは《ハーピィ・チャネラー》《万華鏡-華麗なる分身-》の効果によりモンスターを展開することで容易にX召喚することができます。

また展開に《ハーピィ・ハーピスト》を絡めることで、毎ターンのX召喚を狙っていきます。

参考 ポイント②:キーカードをサーチし毎ターンのエクシーズ召喚【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

 

このデッキに採用されている《ハーピィの狩場》《ハーピィ・レディ》が召喚・特殊召喚される度に、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する効果を持っています。

このカードを発動させておくことで、モンスターを展開しつつ魔法・罠カードを破壊することができます。

 

『ポイント①:《魔封じの芳香》の採用』の項で述べた通り、《魔封じの芳香》を発動することで相手の魔法カードのセットを強要していきます。

そして《ハーピィの狩場》などとあわせて、セットされた魔法カードを破壊し、間接的に魔法カードを封じていきます。

MEMO

《ハーピィの狩場》を引き込めなかった場合、《竜巻竜》や《ゴッドバードアタック》により代用することができます。

これにより安定して相手の魔法・罠カードを破壊していくことができます。

 

《ヒステリック・サイン》は手札・フィールドから墓地へ送られることで「ハーピィ」カードを3種類までサーチできる効果を持っています。

この効果により、相手を妨害する上で必要な《ハーピィの羽根吹雪》もサーチすることができます。

このことから《ヒステリック・サイン》は積極的に墓地へ送りたいカードです。

 

このデッキでは自分の魔法・罠カードも破壊することができるため、《ヒステリック・サイン》も破壊することで容易に墓地へ送ることができますね。

 

終盤:《ヒステリック・パーティー》によりゲームエンドに持っていく

《ヒステリック・パーティー》を引くことができれば、その効果により墓地の《ハーピィ・レディ》、または《ハーピィ・レディ》を大量蘇生することができます。

これにより、必要に応じてX・L召喚したり、そのまま相手のLP(ライフポイント)を削り切りゲームエンドに持っていきます。

 

《ヒステリック・パーティー》は序盤に引いても腐りにくく、《ハーピィの狩場》が発動していればエンドサイクを狙うこともできるため、デュエルに勝利するために重要なカードですね。

【ハーピィ】は手札消費の激しいデッキであるため、デュエルが長引けば長引くほど苦戦を強いられてしまいます。

デュエルが長引く前に決着をつけたい決着を付けたいですね。

 

サイドデッキの採用理由

サイド(15枚 / 9種)
灰流うらら × 2
幽鬼うさぎ × 2
墓穴の指名者 × 3
ブラック・ホール × 1
サイクロン × 1
レッド・リブート × 2
激流葬 × 2
神の通告 × 1
無限泡影 × 1

プリンセス杯は一般の大会とは異なり、デッキ分布が多様であるため、サイドデッキに採用されているカードは必要に応じて対応しやすいよう構築しているそうです。

 

このデッキレシピの提供者さんからのコメント

カードの採用、使い方に関する考え方等人それぞれで違ってくると思います。

あくまでもこのデッキは、自分の力量や使用感をもとに構築したもので、使用者本人に合うものを探した結果の構築だという事を片隅に置いていただけると幸いです。

 

まとめ:【ハーピィ】の特徴・強みがうまく取り入れられているデッキ

元々コントロール要素の強いビートダウンデッキである【ハーピィ】のコントロール要素をさらに強くしたデッキの印象です。

罠カードの採用率が低下していることもあり、《魔封じの芳香》《ハーピィの羽根吹雪》の影響を大きく受けるデッキは多そうですね。

 

わたしたちハーピィの特徴をうまくいかしたデッキだわ!

 

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です