大会日誌【命削り真竜ハーピィ】初めての公認大会:2018.1.28

今回から大会での詳細を覚えている範囲で記録していこうと思います。

使用デッキは【ハーピィ】に「真竜」を出張させ、相性のいい《命削りの宝札》を採用した【命削り真竜ハーピィ】です。

ハーピィデッキの立ち回りや回し方が気になる方は参考にしてみてください。

 

大会で使用したデッキのデッキレシピ

メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚
サイドデッキ:15枚

モンスター(11枚 / 7種)

ハーピィ・ハーピスト × 3
ハーピィ・レディ・SB × 1
ハーピィ・レディ1 × 1
烈風の結界像 × 2
真竜拳士ダイナマイトK × 1
真竜戦士イグニスH × 2
真竜導士マジェスティM × 1

魔法( 16枚 / 8種)

ヒステリック・サイン × 3
万華鏡-華麗なる分身- × 1
ハーピィの羽根帚 × 1
真竜凰の使徒 × 3
真竜の継承 × 1
命削りの宝札 × 2
強欲で謙虚な壺 × 3
スケープ・ゴート × 2

罠( 13枚 / 5種)

ハーピィの羽根吹雪 × 3
真竜の黙示録 × 3
真竜皇の復活 × 1
幽麗なる幻滝 × 3
無限泡影 × 3

エクストラ(15枚 / 14種)

No.61 ヴォルカザウルス × 1
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング × 1
CNo.39 希望皇ホープレイ × 1
No.39 希望皇ホープ × 1
ハーピィズペット幻竜 × 1
竜巻竜 × 1
励輝士 ヴェルズビュート × 1
No.41 泥睡魔獣バグースカ × 1
ガガガガンマン × 1
ヴァレルロード・ドラゴン × 1
星杯戦士ニンギルス × 1
グレートフライ × 1
小法師ヒダルマー × 1
リンクリボー × 2

サイド(15枚 / 6種)

インスペクト・ボーダー × 3
増殖するG × 3
拮抗勝負 × 3
醒めない悪夢 × 3
神の通告 × 2
神の警告 × 1

以下の関連記事より大会で使用したデッキレシピの解説を行っていますのでよろしければ参考にしてください。

 

大会の記録:カードラボ大阪日本橋店

第1戦目:vs【雪花海皇水精鱗】

デュエルログ[Pickup!]

デユエル開始、相手は《ジェネクス・ウンディーネ》を起点に展開してきましたが、わたしは中途半端に展開させ《無限泡影》で妨害しました。

 

わたしのターンになりメインフェイズ《強欲で謙虚な壺》を発動します。

《ヒステリック・サイン》引き込むことができたわたしの手札はかなりいい手札でした。

 

《ヒステリック・サイン》をセットし《真竜凰の使途》を発動、その効果により《真竜拳士ダイナマイトK》をアドバンス召喚しました。

その後、《ハーピィ・ハーピスト》を通常召喚しバトルフェイズです。

 

相手モンスターを一掃した後、エンドフェイズに《ハーピィの羽根吹雪》を含む「ハーピィ」カードを3種類サーチしターン終了しました。

 

そして相手ターンのメインフェイズです。

 

《海皇子 ネプトアビス》を召喚!
そしてデッキの《海皇の竜騎隊》をコストに効果発動!
わたしはその効果に
《ハーピィの羽根吹雪》を発動するわ!

 

相手ターンでは《ハーピィの羽根吹雪》により相手の行動を封殺し、それ以降も《烈風の結界像》などにより展開を封じ勝利しました。

 

【雪花海皇水精鱗】とのデュエルの感想

【雪花海皇水精鱗】は《雪花の光》を採用している関係上デッキの大半はモンスターであり、《ハーピィの羽根吹雪》がかなり刺さりました。

モンスター効果を封じられることで大型モンスターも特殊召喚できなくなり、打点の確保も難しくなるため【ハーピィ】にとってかなり有利に戦局を進めることができる相手だと思いました

 

サイドチェンジで相手は魔法・罠のセット、セットされた魔法・罠の発動を制限する《電光-雪花-》を使用してきました。

【オルターガイスト】を意識して採用されたのだと思いますが、今回わたしが使ったデッキにも刺さりました。

 

サイドチェンジ

入れたカード
《インスペクト・ボーダー》× 3
《増殖するG》× 3
抜いたカード
《ハーピィ・レディ・SB》
《ハーピィ・レディ1》
《烈風の結界像》
《万華鏡-華麗なる分身-》
《ハーピィの羽根帚》
《強欲で謙虚な壺》

サイドチェンジはまず、相手の行動を大きく制限できる《インスペクト・ボーダー》と、相手の展開を抑制できる《増殖するG》をそれぞれ3枚ずつ入れました。

 

その代わりに《ハーピィ・レディ・SB》《ハーピィ・レディ1》と、それらを特殊召喚するためのカード《万華鏡-華麗なる分身-》を抜きました。

その他に《ハーピィの羽根帚》を抜き、【海皇水精鱗】に対しては《インスペクト・ボーダー》と類似した役割になる《烈風の結界像》を1枚、《増殖するG》をドローソースと見越して《強欲で謙虚な壺》を抜きました。

 

第2戦目:vs【テラナイト】

デュエルログ[Pickup!]

デュエル終盤、《神の通告》《ツインツイスター》などにことごとく妨害されるも、わたしは相手ターンのエンドフェイズに破壊されずに済んだ《スケープ・ゴート》により「羊トークン」を展開します。

 

わたしのターンになり、展開した「羊トークン」たちで《ヴァレルロード・ドラゴン》をL召喚し戦局を巻き返しました。

相手ターンになり、相手は《星因子 アルタイル》を起点に展開を始めます。

 

わたしは《増殖するG》の効果により展開を抑制しようとしましたが、相手は引き続き展開を続行します。

 

《星輝士 トライヴェール》をX召喚した相手は①の効果により、戦局を巻き返してきました。

 

《星輝士 トライヴェール》の効果により相手フィールドのカードを全て手札に戻す!!
わたしはその効果に《ヴァレルロード・ドラゴン》の効果を発動!
《星輝士 トライヴェール》の攻撃力を500ダウンさせる…!

 

わたしは《星輝士 トライヴェール》の効果にチェーンして《ヴァレルロード・ドラゴン》の②の効果を発動したため、フィールドは一掃されましたが《星輝士 トライヴェール》の攻撃力を500ダウンさせることができました。

 

その後《星輝士 トライヴェール》の②の効果によりランダムに手札を1枚ハンデスされ、ダイレクトアタックした後、相手はターンを終了しました。

 

わたしのターンになりメインフェイズです。

わたしは《インスペクト・ボーダー》を通常召喚しバトルフェイズに移行、《インスペクト・ボーダー》《星輝士 トライヴェール》を戦闘破壊しました。

そして相手はサレンダーしました。

 

【テラナイト】とのデュエルの感想

【海皇水精鱗】と同じく【テラナイト】もモンスター効果により展開し、【ハーピィ】のように毎ターンX召喚を行うデッキです。

こちらの魔法・罠が尽きたところに、相手のフィールド全てに干渉できる《星輝士 トライヴェール》が飛んでくるため戦局を巻き返す能力が高いデッキだと思いました。

 

サイドは命削り型とのスイッチ構築だったようで、面白い構築だなと思いました。

 

サイドチェンジ

入れたカード
《インスペクト・ボーダー》× 3
《増殖するG》× 3
抜いたカード
《ハーピィ・ハーピスト》
《ハーピィ・レディ・SB》
《ハーピィ・レディ1》
《烈風の結界像》
《万華鏡-華麗なる分身-》
《強欲で謙虚な壺》

サイドチェンジは【海皇水精鱗】と同じくモンスター効果で展開するデッキへのメタとなる《インスペクト・ボーダー》《増殖するG》を3枚ずつ入れました。

 

代わりに抜いたカードも【海皇水精鱗】の時とほとんど同じなのですが、バッグがかなり厚いように感じたので《ハーピィの羽根帚》の代わりに《ハーピィ・ハーピスト》を抜きました。

 

第3戦目:vs【サブテラー】

デュエルログ[Pickup!]

サブテラーを仮想敵としてみていたこともあり、このデュエルはかなり緊張しました。

なのでどんなデュエルをしたのかほとんど覚えておらず、申し訳ありませんが【サブテラー】とのデュエルのデュエルログ[Pickup!]はありません。

また戦う機会があれば別の記事で記載しようと思います。

 

【サブテラー】とのデュエルの感想

このデッキを使っている方と隣の席に座ることが多く、猛威を振るっている姿を見ていたので、前述したようにかなり緊張しました。

本人は否定していましたが、動き的には【導師ビート】に近い物を感じました。

 

サブテラー専用の手札誘発《サブテラーの妖魔》《サブテラーの決戦》など、柔軟な対応ができるデッキだなと思いました。

【オルターガイスト】対策として採用されていたのか《盗賊の七つ道具》《ハーピィの羽根吹雪》に打たれたのが痛かったです。

 

サイドチェンジ

入れたカード
《インスペクト・ボーダー》× 3
《神の通告》
抜いたカード
《ハーピィ・レディ・SB》
《ハーピィ・レディ1》
《烈風の結界像》
《万華鏡-華麗なる分身-》

サイドチェンジは【サブテラー】がメインデッキのモンスターで戦うデッキであることから《インスペクト・ボーダー》を3枚入れました。

あとは《サブテラーの導師》の効果に合わせて破壊できるように《神の通告》を1枚入れました。

 

代わりに抜いたカードは【海皇水精鱗】の時と同じ理由で抜きました。

 

第4戦目:vs【オルターガイスト】

デュエルログ[Pickup!]

デュエル終盤の相手ターンのエンドフェイズ、わたしの《ハーピィ・ハーピスト》の効果にチェーンして、相手は《オルターガイスト・プロトコル》のを発動してきました。

それに対してわたしは《醒めない悪夢》をチェーンし《オルターガイスト・プロトコル》破壊しましたが、罠カードを発動したことで相手は手札から《オルターガイスト・マルチフェイカー》を特殊召喚してきます。

 

《オルターガイスト・マルチフェイカー》が特殊召喚されたことで、《オルターガイスト・マルチフェイカー》の②の効果が発動し《オルターガイスト・クンティエリ》も特殊召喚されました。

《オルターガイスト・クンティエリ》が特殊召喚されたことで、《オルターガイスト・クンティエリ》も②の効果を発動、《醒めない悪夢》の効果を無効にしてきます。

 

わたしのターンになり、《真竜の黙示録》の①の効果でもう1枚の《真竜の黙示録》を墓地へ送り、相手のモンスターの攻撃力・守備力を半分にし、さらに《真竜の黙示録》が墓地へ送られた時の③の効果を発動しようと試みました。

 

これであなたのフィールドのモンスターは攻撃力・守備力は半分!
さらに墓地の《真竜の黙示録》の効果を発動するわ!
しかし俺はこのカードを発動していたのさ!!
《マクロコスモス》…!?

 

《真竜の黙示録》の発動にチェーンして相手は《マクロコスモス》を発動してきました。

 

そして「真竜」魔法・罠を墓地に送ることができなくなったわたしは選択肢を狭められ、なんとか《マクロコスモス》破壊するもそのまま負けてしまいました。

 

【オルターガイスト】とのデュエルの感想

《オルターガイスト・プロトコル》によるモンスター効果無効に、《オルターガイスト・ヘクスティア》による魔法・罠の無効が強力に感じました。

《オルターガイスト・マルチフェイカー》から《オルターガイスト・シルキタス》《オルターガイスト・クンティエリ》防御面でも柔軟に対応できるのも強力ですね。

 

大抵のデッキで妨害として大きく働く《烈風の結界像》《オルターガイスト・メリュシーク》の効果で簡単に突破されてしまうのも厳しかったですね。

罠カードを起点に動いてくるので、今後は《レッド・リブート》などの罠に対するメタカードも必要に感じました。

 

サイドチェンジ

入れたカード
《インスペクト・ボーダー》× 3
《増殖するG》× 2
《醒めない悪夢》× 3
抜いたカード
《ハーピィ・ハーピスト》
《ハーピィ・レディ・SB》
《ハーピィ・レディ1》
《烈風の結界像》
《万華鏡-華麗なる分身-》
《強欲で謙虚な壺》
《スケープ・ゴート》× 2

サイドチェンジは【オルターガイスト】が《オルターガイスト・マルチフェイカー》から展開していくことから、《インスペクト・ボーダー》を3枚入れました。

そして展開を抑制することができる《増殖するG》を2枚に、永続罠を多く使用することから《醒めない悪夢》を3枚入れました。

 

相手の行動の妨害にカードを使いたかったため《スケープ・ゴート》を抜き、残りのカードは【海皇水精鱗】の時と同じ理由で抜きました。

 

結果:惜しくも準優勝

対戦したデッキ 戦績
【雪花海皇水精鱗】 〇〇
【テラナイト】 〇〇
【サブテラー】 〇〇
【オルターガイスト】 〇×〇

今回は惜しくも準優勝でした。

最近環境入りした【オルターガイスト】への罠カードに対するメタカードは、【ハーピィ】にも大きな影響を与えるカードなのが向かい風ですね。

 

仮想敵として想定していた【魔術師】、【トリックスター】とは対戦できませんでした。

戦績もいい感じなのでこれからも機会があれば大会に参加してみます。

 

まとめ:初めての公認大会はものすごく楽しめました

初めての公認大会で緊張したりもしましたが、それ以上に楽しかったです。

これからもこういった大会などに出る機会があれば記事にしていく予定なのでよかったら参考にしてみてください。

 

次は勝てるように頑張るわよ!

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

[st-card id=4913]

4 Comments

ていく

こ れ だ !
自分もハーピィを組んでおりますが、ここまでメタと緩やかな展開に振ったデッキの発想を忘れて出張真竜ドーン!チャネラードーン!ヒスパドーン!みたいな大量展開デッキを構想していて全然安定しないので、どうしようかと考えていたところだったのでありがたいですね。パクr・・・ゲフンゲフン 参考にさせていただきます。

返信する
わかな

チャネラーは強いんですけど命削りと相性悪いんで思い切って抜いちゃいました!

参考になってよかったです+°.
全然真似してください 笑

返信する
ていく

あと、サイドチェンジ時の抜いたカードの強欲で謙虚な壺が全部貪欲で謙虚な壺になってますよ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です