ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ

ハーピィなどの様々なテーマを幅広く考察!

カード考察 遊戯王

【真竜】カード考察『モンスター』:容易にアドバンテージを得ることのできる効果が強力な「真竜」モンスターを考察!

投稿日:2018年4月30日 更新日:

スポンサーリンク

今回は第9期より登場し、イラスト内で様々なテーマと戦争を繰り広げている「真竜」モンスターを考察します。

【真竜】デッキの構築を考えている方、採用するカードに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

「真竜」とは

【真竜】は2016年に発売されたパック「シャイニング・ビクトリーズ」にて登場し、2017年に発売されたパック「マキシマム・クライシス」にてカテゴリ化したテーマです。

 

手札・フィールドのモンスターを破壊して特殊召喚し、破壊された場合の効果によりアドバンテージを稼ぐのが特徴のモンスターと、アドバンス召喚により効果を適用しアドバンテージを稼ぎながら戦うのが特徴のモンスターを駆使して戦うのが特徴のテーマです。

それぞれに特化して構築される場合も多く、様々なデッキに主張できる性能も持っています。

 

前述したように同カテゴリ内には、以下のように大きく分けて2種類のモンスターが存在します。

破壊によりアドバンテージを稼ぐ「真竜皇(凰)」モンスターは以下の共通効果を持っています。

①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、○属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、○属性モンスター2体を破壊した場合、(固有効果)。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
(自分のデッキ・墓地)から○属性以外の幻竜族モンスター1体を(手札に加える・特殊召喚する)。

○=「真竜皇(凰)」モンスター自身と同じ属性。

 

アドバンス召喚によりアドバンテージを稼ぐ《真竜剣皇マスターP》と《真竜機兵ダースメタトロン》、上級「真竜」モンスターは、以下のような共通の効果外テキストを持っています。

このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。

永続魔法・永続罠カードはセットされた状態でも、アドバンス召喚に使用することができ、2体以上のリリースが必要な場合、「モンスター1体+永続魔法・永続罠カード1枚」など組み合わせることもできます。

 

「真竜」モンスターの概要

▼「真竜」モンスター

イラスト カード名・ステータス・効果
効果モンスター
《真竜導士マジェスティM》
【星5/風属性/幻竜族/攻2300/守1500】
アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時「真竜」カードをサーチできる誘発即時効果を持っています。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜戦士イグニスH》
【星5/炎属性/幻竜族/攻2400/守1000】
アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に「真竜」永続魔法カードをサーチまたは発動する誘発即時効果を持つ。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜拳士ダイナマイトK》
【星6/水属性/幻竜族/攻2500/守1200】
アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に「真竜」永続罠カードをサーチまたは発動する誘発即時効果を持つ。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜騎将ドライアスIII世》
【星6/地属性/幻竜族/攻2100/守2800】
アドバンス召喚した状態で存在し、表側表示でフィールドから離れた場合に「真竜」モンスターをリクルートする誘発効果と、自身以外の「真竜」モンスターに相手の効果に対する対象・破壊耐性を付与する永続効果を持つ。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜剣士マスターP》
特殊召喚
【星8/光属性/ドラゴン族/攻2950/守2950】
1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊する誘発即時効果と、自身が相手によってフィールドで破壊された場合、「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリクルートする誘発効果を持つ。
※自分フィールドの「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
《真竜剣皇マスターP》
【星8/光属性/幻竜族/攻2950/守2950】
アドバンス召喚する際にリリースしたカードの種類の効果を受けないルール効果と、アドバンス召喚した状態で存在し墓地の永続魔法・永続罠カードを除外することで、フィールドのカードを1枚破壊する誘発即時効果を持つ。
※表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜機兵ダースメタトロン》
【星9/光属性/幻竜族/攻3000/守3000】
アドバンス召喚する際にリリースしたカードの種類の効果を受けないルール効果と、アドバンス召喚した状態で相手によって破壊された場合、地・水・炎・風属性の融合・S・Xモンスターの内1体をEXデッキから特殊召喚できる誘発効果を持つ。
※通常召喚する場合、モンスターを3体リリースしなければならず、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠をリリースできる。
《真竜皇アグニマズドV》
【星9/炎属性/幻竜族/攻2900/守1900】
手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、炎属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に炎属性以外の幻竜族モンスターをサルベージする誘発効果を持つ。
《真竜皇バハルストスF》
【星9/水属性/幻竜族/攻1800/守3000】
手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、水属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に水属性以外の幻竜族モンスターを守備表示でリクルートする誘発効果を持つ。
《真竜皇リトスアジムD》
【星9/地属性/幻竜族/攻2500/守2300】
手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から地属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、地属性モンスター2体を破壊した場合に相手のEXデッキを確認し3種類まで選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に地属性以外の幻竜族モンスターを蘇生する誘発効果を持つ。
《真竜凰マリアムネ》
【星9/風属性/幻竜族/攻2700/守2100】
手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に風属性以外の幻竜族モンスターをサーチする誘発効果を持つ。
エクシーズモンスター
《真竜皇V.F.D.》
【ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000】
レベル9モンスター×2体以上
X素材を1つ取り除き、ターン終了時までフィールドのモンスターの属性を宣言した属性に変更し、宣言した属性の相手モンスターの効果の発動と攻撃を封じる誘発即時効果と、手札の「真竜」モンスターの効果でモンスターを破壊する場合、相手フィールドのモンスターを選べるようになる永続効果を持つ。

 

「真竜」モンスター

《真竜導士マジェスティM》

効果モンスター
【星5/風属性/幻竜族/攻2300/守1500】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
デッキから「真竜」モンスター1体を手札に加える。

アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時「真竜」モンスターをサーチする誘発即時効果を持っています。

 

「真竜」モンスターをサーチする①の効果は、相手の効果の発動にチェーンして発動されるため、無効にされない限り、アドバンス召喚後は最低でも1枚のサーチが見込めます。

「真竜」永続魔法・永続罠カードのアドバンス召喚する効果により、サーチした「真竜」モンスターは容易にアドバンス召喚することができるため、その後の展開を補助することができます。

※この効果はダメージステップには発動できず、相手が発動した効果に直接チェーンしなければいけません。

 

《真竜戦士イグニスH》

効果モンスター
【星5/炎属性/幻竜族/攻2400/守1000】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
デッキから「真竜」永続魔法カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に「真竜」永続魔法カードをサーチまたは発動する誘発即時効果を持っています。

 

「真竜」永続魔法カードをサーチまたは発動する①の効果は、《真竜導士マジェスティM》と同じく、相手の効果の発動にチェーンして発動されるため、無効にされない限り、アドバンス召喚後は最低でも1回のサーチまたは発動が見込めます。

必要に応じてデッキからそのまま発動することもでき、アドバンス召喚のリリースに使用したり、《真竜の黙示録》の効果で墓地へ送り、魔法・罠カードを破壊する効果を発動するもできます。

※この効果も《真竜導士マジェスティM》と同じく、ダメージステップには発動できず、相手が発動した効果に直接チェーンしなければいけません。

 

《真竜拳士ダイナマイトK》

効果モンスター
【星6/水属性/幻竜族/攻2500/守1200】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:1ターンに1度、アドバンス召喚したこのカードが存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に発動できる。
デッキから「真竜」永続罠カード1枚を選び、手札に加えるか自分フィールドに発動する。

アドバンス召喚した状態で存在し、相手が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時に「真竜」永続罠カードをサーチまたは発動する誘発即時効果を持っています。

 

「真竜」永続罠カードをサーチまたは発動する①の効果は、《真竜導士マジェスティM》と同じく、相手の効果の発動にチェーンして発動されるため、無効にされない限り、アドバンス召喚後は最低でも1回のサーチまたは発動が見込めます。

「真竜」永続罠カードは強力なものが多く、発動することで戦闘補助や盤面を維持しやすくなります。

※この効果も《真竜導士マジェスティM》と同じく、ダメージステップには発動できず、相手が発動した効果に直接チェーンしなければいけません。

 

《真竜騎将ドライアスIII世》

効果モンスター
【星6/地属性/幻竜族/攻2100/守2800】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:アドバンス召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動できる。
デッキから「真竜」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカード以外のフィールドの「真竜」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。

アドバンス召喚した状態で存在し、表側表示でフィールドから離れた場合に「真竜」モンスターをリクルートする誘発効果と、自身以外の「真竜」モンスターに相手の効果に対する対象・破壊耐性を付与する永続効果を持っています。

 

「真竜」モンスターをリクルートする①の効果はフィールドを離れた場合に発動する効果であるため、デッキバウンスや裏側表示での除外以外のすべての除去に対応します。

リクルートするモンスターは破壊された場合に効果を発動する「真竜皇(凰)」モンスターがリクルートされることが多く、同名モンスターでもリクルート可能なため、アドバンス召喚を軸にした【真竜】では同名カードがリクルートされることが多いです。

 

自身以外の「真竜」モンスターに相手の効果に対する対象・破壊耐性を付与する②の効果により他の「真竜」モンスターを守る他、モンスターの除去を自身に誘導させやすくなります。

それによりアドバンス召喚している状態であれば①の効果につなげやすくなります。

 

【真竜】では《真竜皇の復活》の効果で容易に蘇生することもでき、除去されても再度フィールドに展開しやすいですね。

 

《真竜剣士マスターP》

特殊召喚・効果モンスター
【星8/光属性/ドラゴン族/攻2950/守2950】
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリリースした場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
②:フィールドのこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
デッキから「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつ特殊召喚する。

1ターンに1度、魔法・罠・モンスター効果を無効にし破壊する誘発即時効果と、自身が相手によってフィールドで破壊された場合、「竜剣士」モンスターと「竜魔王」モンスターを1体ずつリクルートする誘発効果を持っています。

 

特殊召喚するには「竜剣士」「竜魔王」モンスターが必要なため、該当するモンスターのいない【真竜】に採用されることはほとんどありません。

モンスターをリクルートする②の効果も「竜剣士」「竜魔王」モンスターを指しているため【真竜】では活用できませんね。

 

 

《真竜剣皇マスターP》

効果モンスター
【星8/光属性/幻竜族/攻2950/守2950】
このカードを表側表示でアドバンス召喚する場合、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
②:アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、自分の墓地から永続魔法・永続罠カード1枚を除外し、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

アドバンス召喚する際にリリースしたカードの種類の効果を受けないルール効果と、アドバンス召喚した状態で存在し墓地の永続魔法・永続罠カードを除外することで、フィールドのカードを1枚破壊する誘発即時効果を持っています。

アドバンス召喚するには2体のモンスターが必要ですが、上級「真竜」モンスターと同じ共通の効果外テキストや、「真竜」永続魔法・永続罠カードのアドバンス召喚する効果によりアドバンス召喚するのは容易です。

 

アドバンス召喚する際にリリースしたカードの種類の効果を受けない①の効果により簡単に耐性を与えることができ、フリーチェーンで発動できフィールドのカードを1枚破壊する②の効果によりフィールドに維持しやすく、制圧しやすい強力な効果を持っています。

②の効果を発動するためにはコストとして墓地の永続魔法・永続罠カードを除外する必要がありますが、アドバンス召喚する際のリリースに使用され墓地へ送られることが多いためコストの確保は容易ですね。

 

現在のリミットレギュレーションでは禁止カードに指定されていますがアドバンス軸の【真竜】ではキーカードであり、同じく禁止カードの《ドラゴニックD》と併せて多くのデッキに採用されていました。

 

《真竜機兵ダースメタトロン》

効果モンスター
【星9/光属性/幻竜族/攻3000/守3000】
このカードを通常召喚する場合、モンスター3体をリリースして召喚しなければならず、モンスターの代わりに自分フィールドの永続魔法・永続罠カードをリリースできる。
①:このカードは、このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたカードと元々の種類(モンスター・魔法・罠)が同じカードの効果を受けない。
②:アドバンス召喚したこのカードが相手によって破壊された場合に発動できる。
地・水・炎・風属性のいずれかの融合・S・Xモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。

アドバンス召喚する際にリリースしたカードの種類の効果を受けないルール効果と、アドバンス召喚した状態で相手によって破壊された場合、地・水・炎・風属性の融合・S・Xモンスターの内1体をEXデッキから特殊召喚できる誘発効果を持っています。

アドバンス召喚する場合3体のリリースが必要ですが、モンスター・永続魔法・永続罠カードをリリースしてアドバンス召喚することでカード効果すべてに耐性を得ることができます。

 

EXデッキからモンスターを特殊召喚する②の効果は、破壊されなければ発動することができないため、①の効果によりすべてのカード効果に耐性を与え戦闘破壊を促し安全に発動させたいですね。

この効果で特殊召喚するモンスターは1ターンに1度モンスター効果を無効にできる効果を持つ《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》や、魔法・罠カードの発動を無効にできる効果を持つ《ナチュル・エクストリオ》、特殊召喚成功時に自身以外のすべてのモンスターを破壊し、召喚・反転召喚・特殊召喚を封じる効果を持つ《異星の最終戦士》などが強力ですね。

 

《真竜皇アグニマズドV》

効果モンスター
【星9/炎属性/幻竜族/攻2900/守1900】
「真竜皇アグニマズドV」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、炎属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から炎属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで手札に加える。

手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から炎属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、炎属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に炎属性以外の幻竜族モンスターをサルベージする誘発効果を持っています。

 

自身を手札から特殊召喚する①の効果は「真竜皇(凰)」モンスターを破壊することでディスアドバンテージを抑えることができます。

破壊や墓地へ送られることで効果を発動する炎属性モンスターとは相性が良く、破壊によりアドバンテージを稼ぐ【炎王】とは特に相性がいいですね。

 

①の効果の破壊・特殊召喚・除外する効果はすべて同時に行われる扱いです。

そのためメインモンスターゾーンに5体のモンスターがいても発動可能で、2体を破壊できなかった場合は特殊召喚されず手札に残ります。

※メインモンスターゾーンに5体のモンスターがいる状態で発動した場合、必ずメインモンスターゾーンから1体以上を破壊する必要があります。

 

そして特殊召喚する効果を含むため《虚無空間》などの特殊召喚を封じる効果が適用されている場合は、効果を発動することができません。

①の効果に《虚無空間》などの特殊召喚を封じる効果をチェーンして発動された場合、モンスター2体を破壊する効果のみが処理されるため、炎属性モンスターを2体破壊しても相手フィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外することができません。

 

幻竜族モンスターをサルベージする②の効果は、前述したように他の「真竜皇(凰)」モンスターの自身を特殊召喚する効果により破壊し、ディスアドバンテージを抑えることができます。

 

《真竜皇バハルストスF》

効果モンスター
【星9/水属性/幻竜族/攻1800/守3000】
「真竜皇バハルストスF」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、水属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから水属性以外の幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、水属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に水属性以外の幻竜族モンスターを守備表示でリクルートする誘発効果を持っています。

 

自身を手札から特殊召喚する①の効果は《真竜皇アグニマズドV》と同じく「真竜皇(凰)」モンスターを破壊することでディスアドバンテージを抑えることができます。

破壊や墓地へ送られることで効果を発動する水属性モンスターとは相性が良く、《スノー・ドラゴン》《ジゴバイト》と相性がいいですね。

 

魔法・罠カードを除外により除去することができるため、墓地効果や再利用を防ぐことができます。

 

《真竜皇アグニマズドV》と同じく①の効果の破壊・特殊召喚・除外する効果はすべて同時に行われる扱いであるため様々な注意点があります。

詳しくは「《真竜皇アグニマズドV》の項」を参照してください。

 

幻竜族モンスターをリクルートする②の効果は、前述したように他の「真竜皇(凰)」モンスターの自身を特殊召喚する効果により破壊し、ディスアドバンテージを抑えることができます。

「真竜皇(凰)」モンスター軸の【真竜】ではこの効果によりX召喚を狙いやすくなり、キーカードであり強力な効果を持つ《真竜皇V.F.D.》をX召喚しやすくなります。

 

《真竜皇リトスアジムD》

効果モンスター
【星9/地属性/幻竜族/攻2500/守2300】
「真竜皇リトスアジムD」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、地属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、地属性モンスター2体を破壊した場合、相手のエクストラデッキを確認してその中からモンスターを3種類まで選んで除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から地属性以外の幻竜族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から地属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、地属性モンスター2体を破壊した場合に相手のEXデッキを確認し3種類まで選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に地属性以外の幻竜族モンスターを蘇生する誘発効果を持っています。

 

自身を手札から特殊召喚する①の効果は《真竜皇アグニマズドV》と同じく「真竜皇(凰)」モンスターを破壊することでディスアドバンテージを抑えることができます。

破壊や墓地へ送られることで効果を発動する地属性モンスターとは相性が良く、《ベビケラサウルス》《プチラノドン》を無理なく採用できる【恐竜族】とは特に相性がいいですね。

 

相手のEXデッキを確認し3種類まで選んで除外できる効果は、デュエル序盤で発動できれば相手に大きな影響を与えることができます。

 

《真竜皇アグニマズドV》と同じく①の効果の破壊・特殊召喚・除外する効果はすべて同時に行われる扱いであるため様々な注意点があります。

詳しくは「《真竜皇アグニマズドV》の項」を参照してください。

 

幻竜族モンスターをリクルートする②の効果は、前述したように他の「真竜皇(凰)」モンスターの自身を特殊召喚する効果により破壊し、ディスアドバンテージを抑えることができます。

《真竜皇バハルストスF》と同じく「真竜皇(凰)」モンスター軸の【真竜】ではこの効果によりX召喚を狙いやすくなり、キーカードであり強力な効果を持つ《真竜皇V.F.D.》をX召喚しやすくなります。

 

《真竜凰マリアムネ》

効果モンスター
【星9/風属性/幻竜族/攻2700/守2100】
「真竜凰マリアムネ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合、相手のデッキの上からカードを4枚除外できる。
②:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから風属性以外の幻竜族モンスター1体を手札に加える。

手札・自分フィールドの表側表示モンスターの中から風属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚し、風属性モンスター2体を破壊した場合に相手フィールド・墓地からモンスター1体を選んで除外できる効果と、効果で破壊された場合に風属性以外の幻竜族モンスターをサーチする誘発効果を持っています。

 

自身を手札から特殊召喚する①の効果は《真竜皇アグニマズドV》と同じく「真竜皇(凰)」モンスターを破壊することでディスアドバンテージを抑えることができます。

破壊や墓地へ送られることで効果を発動する風属性モンスターとは相性が良く、風属性モンスターが破壊されることで効果が発動する《霞の谷の祭壇》とも相性がいいです。

手札から墓地へ送られることで効果を発動する《ガスタ・グリフ》、フィールドから墓地へ送られることで効果を発動する《ガスタ・ガルド》、破壊されることで効果を発動する《ガスタ・スクイレル》とが存在する【ガスタ】とも相性がいいですね。

 

《真竜皇アグニマズドV》と同じく①の効果の破壊・特殊召喚・除外する効果はすべて同時に行われる扱いであるため様々な注意点があります。

詳しくは「《真竜皇アグニマズドV》の項」を参照してください。

 

幻竜族モンスターをサーチする②の効果は、前述したように他の「真竜皇(凰)」モンスターの自身を特殊召喚する効果により破壊し、ディスアドバンテージを抑える他、サーチ効果であるためアドバンス召喚することで効果を適用することができるアドバンス軸の【真竜】とも相性がいいですね。

 

《真竜皇V.F.D.》

エクシーズ・効果モンスター
【ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000】
レベル9モンスター×2体以上
①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

X素材を1つ取り除き、ターン終了時までフィールドのモンスターの属性を宣言した属性に変更し、宣言した属性の相手モンスターの効果の発動と攻撃を封じる誘発即時効果と、手札の「真竜」モンスターの効果でモンスターを破壊する場合、相手フィールドのモンスターを選べるようになる永続効果を持っています。

「真竜皇(凰)」モンスター軸の【真竜】であれば、《真竜皇バハルストスF》の「真竜」モンスターをリクルートする効果、《真竜皇リトスアジムD》の「真竜」モンスターを蘇生する効果により、レベル9モンスターを複数展開できるため容易にX召喚することができます。

 

モンスターの属性を宣言した属性に変更し、宣言した属性の相手モンスターの効果の発動と攻撃を封じる①の効果は、発動後に新たにフィールドに召喚・特殊召喚されたモンスターにも適用され、自身がフィールドを離れた場合でも、ターン終了時まで効果が適用されます。

そのため相手のモンスターの動きはかなり制限され、攻撃を封じる効果によりこのカードもフィールドに維持しやすくなります。

 

手札の「真竜」モンスターの効果でモンスターを破壊する場合、相手フィールドのモンスターを選べるようになる②の効果は、「真竜皇(凰)」モンスター軸の【真竜】でしか使うことのできない効果ですが、「真竜皇(凰)」モンスターを特殊召喚する効果を発動する際、相手モンスターを除去しながら効果を適用できるようになります。

この効果は①の効果とシナジーしており、属性を変更することで「真竜皇(凰)」モンスターの「○属性モンスターを含むモンスター2体を破壊して」という条件を容易に満たすことができます。

○=「真竜皇(凰)」モンスター自身と同じ属性。

 

前述したように「真竜皇(凰)」モンスターでのX召喚のしやすさや、制圧力のある①の効果、「真竜皇(凰)」モンスターをサポートする②の効果から「真竜皇(凰)」モンスター軸の【真竜】ではキーカードとしてほとんどのデッキに採用されていますね。

 

まとめ:容易にアドバンテージを稼ぐことのできるモンスターたち

上級「真竜」モンスターのサーチ(または発動)する効果や、「真竜皇(凰)」モンスターの破壊された場合にサーチ・サルベージなどをする効果と、「真竜」モンスターには容易にアドバンテージを稼ぐことのできるモンスターが多く存在します。

その出張性能の高さから様々なデッキに採用しやすいのもポイントですね!

 

「真竜」も「真竜皇」も敵にしたくない強力なモンスターだわ!

 

おしまい。

あわせて読みたいおすすめ記事!

【真竜】カード考察『魔法・罠』:維持することで継続的にアドバンテージを稼ぎ「真竜」モンスターをサポートする魔法・罠カードを考察!

今回は第9期より登場し、イラスト内で様々なテーマと戦争を繰り広げている「真竜」モンスターをサポートする魔法・罠カードを考察します。 【真竜】デッキの構築を考えている方、採用するカードに悩んでいる方は是 ...

続きを見る

-カード考察, 遊戯王
-

Copyright© ハーピィ・クィーンの遊戯王ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.