【宣告者天気】デッキレシピと解説:妨害しながら場を整え《虹天気アルシエル》でとどめの制圧!

デッキビルドパック「スピリット・ウォリアーズ」で登場した新たなカテゴリ「天気」ですが、すでにいくつかのデッキは大会でも結果を残したりと早くも活躍を見せていますね。

わたしは空が好きで絵を描くのが好きなこともあり、「天気」カードたちに一目惚れしました。

 

今回はその「天気」カードたちと「宣告者」モンスターを組み合わせたデッキを構築してみました。

 

デッキレシピ

[toggle title=”デッキレシピ(テキスト)”] モンスター(24枚 / 12種)

雪天気シエル × 3
雷天気ターメル × 3
晴天気ベンガーラ × 3
曇天気スレット × 2
雨天気ラズラ × 1
極天気ランブラ × 1
朱光の宣告者 × 3
緑光の宣告者 × 1
真竜剣皇マスターP × 1
海亀壊獣ガメシエル × 1
粘糸壊獣クモグス × 1
灰流うらら × 3
増殖するG × 3

魔法・罠(13枚 /  10種)

ハーピィの羽根帚 × 1
雪の天気模様 × 3
雨の天気模様 × 1
曇りの天気模様 × 2
晴れの天気模様 × 1

雷の天気模様 × 2
オーロラの天気模様 × 1
スキルドレイン × 3

エクストラ(15枚 / 15種)

召喚獣メルカバー × 1
ABC-ドラゴン・バスター × 1
氷結界の龍 トリシューラ × 1
源竜星-ボウテンコウ × 1
真竜皇V.F.D. × 1
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム × 1
幻影騎士団ブレイクソード × 1
機装天使エンジネル × 1
虚空海竜リヴァイエール × 1
トポロジック・ボマー・ドラゴン × 1
ヴァレルロード・ドラゴン × 1
虹天気アルシエル × 2
電影の騎士ガイアセイバー × 1
デコード・トーカー × 1

サイドデッキ(15枚 / 6種)

怪粉壊獣ガダーラ × 1
スカル・マイスター × 3
幽鬼うさぎ × 3
浮幽さくら × 3
コズミック・サイクロン × 3
ツインツイスター × 2
[/toggle]

 

解説

基本的な動きは天気デッキの核である《雪の天気模様》により必要な「天気」カードを毎ターンサーチしながら、状況に合わせて「天気」魔法・罠カードの効果を付与した「天気」モンスターと手札誘発モンスターにより妨害しながら戦います。

早く盤面を整えるために《晴天気ベンガーラ》《雪の天気模様》でサーチし、「宣告者」モンスターなどで早く墓地に送りたいですね。

 

効果モンスターの多い現環境で「天気」モンスターの効果をほとんど阻害することなく、相手のモンスター効果を無効にできる《スキルドレイン》はかなり有効ですね。

《スキルドレイン》があるだけで戦況を有利に持っていけることが多いので、手札に引き込みやすいよう《増殖するG》を3枚積みしています。

 

「天気」モンスターは場持ちが良く《晴天気ベンガーラ》の蘇生効果の存在もあり《虹天気アルシエル》と「天気」モンスター3体という盤面を比較的容易に作り出すことができます。

ここまでくれば「壊獣」モンスターなど効果を発動せずに《虹天気アルシエル》を処理するカードがなければ、相手はどうすることもできなくなり、そのまま勝利を収めることも多いですね。

 

「天気」デッキを構築するうえで《雷の天気模様》に目が行きがちですが、サクリファイス・エスケープをしながら戦闘ダメージの軽減ができ、戦闘の補助もできる《曇りの天気模様》がかなり使いやすかったので2枚採用しました。

逆に直接アドバンテージは得ることはできないが相手のサーチなどを潰すことができ、手札交換もできる《オーロラの天気模様》は強いのですが、わたしには使いこなすことができなかったため1枚採用にしました。

 

「天気」モンスターは「天気」魔法・罠カードがないと何もすることができなくなってしまうので、《雪の天気模様》による後続のサーチや《曇天気スレット》の効果でケアしていきたいですね。

 

エクストラデッキは切り札である《虹天気アルシエル》に加え、「天気」モンスターを帰還させることができる《虚空海竜リヴァイエール》など汎用ランク3Xモンスターと、「天気」モンスター2体と《灰流うらら》でS召喚できる《氷結界の龍 トリシューラ》を採用しています。

その他は《おじゃまトリオ》などを処理できる《電影の騎士ガイアセイバー》に、すぐに効果は使えないが「天気」デッキでは毎ターン除去ができるようになる《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を採用しました。

 

サイドデッキは3枚目の「壊獣」モンスターに、相手のデッキに合わせてサイドチェンジできる手札誘発モンスター各種に《コズミック・サイクロン》など魔法・罠除去カードを採用し構築しました。

 

まとめ

「天気」モンスターで勝つデッキにしたかったため「天気」デッキと相性のいい「真竜」カードは《真竜剣皇マスターP》1枚に抑え、すべての「天気」カードを採用したかったため《雨天気ラズラ》も採用しています。

「天気」魔法・罠カードを置く位置も考えてプレイしなくてはいけないので、プレイングには慣れが必要ですね。

 

次に新規「天気」カードが登場するとすれば霧天気とかですかね?

新たな「天気」カードが登場することを期待してます。

 

おまけ

検討はしたが採用を見送ったカードたち

《地獄の暴走召喚》

発動タイミングが多く、簡単に「天気」モンスターを展開できる点は強いのですが、発動条件が少し厳しく「天気」モンスターを3積みしなくてはいけないので今回は不採用にしました。

 

《神の居城-ヴァルハラ》

召喚権を使って召喚した「天気」モンスターが破壊されても、また新たな「天気」モンスターを特殊召喚できるのはいいのですが、今回構築したデッキは「天気」モンスターの採用枚数が少なく、腐っても《雷天気ターメル》くらいにしか有効活用できないため不採用にしました。

「天気」モンスターの枚数を増やし《地獄の暴走召喚》とセットで採用し、展開特化構築にしても面白そうですね。

 

《マジック・プランター》

《曇天気スレット》 と合わせて使うとかなりのアドバンテージを得ることができるのですが、後攻でも使うことができ同時に特殊召喚を躊躇させることのできる《増殖するG》の方が有用だと思ったので今回は不採用にしました。

 

「天気」テーマは永続魔法・永続罠カードを扱うデッキなので、強力な効果を持つ永続魔法・永続罠カードが多い「真竜」や、《トイポット》《ファーニマル・ウィング》を使ったドローソースやデッキ圧縮ができる「ファーニマル」など相性のいいテーマも多く、エクストラデッキもあまり使わないことから、他のテーマと組み合わせやすいです。

いろんなカードと組み合わせてみて「これだ!」と思う組み合わせを見つけてみてください!

 

デッキ構築は奥が深いんだにゃ

 

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です