【未界域】テーマカードまとめ:「未界域」カードの効果一覧・まとめ

【未界域】は第10期より登場したカードたちです。

今回はそんな「未界域」カードの効果を一覧にし、まとめました。

 

【未界域】にはどんなカードが存在するのか気になる方や、採用するカードに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

「未界域」モンスター

イラスト カード名・ステータス・効果
効果モンスター
未界域のジャッカロープ 《未界域のジャッカロープ》
レベル3|闇属性|獣族|ATK/500|DEF/2000
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のジャッカロープ》以外だった場合、手札から《未界域のジャッカロープ》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。《未界域のジャッカロープ》以外の「未界域」モンスター1体を守備表示でリクルートする誘発効果。
未界域のツチノコ 《未界域のツチノコ》
レベル3|闇属性|爬虫類族|ATK/1300|DEF/0
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のツチノコ》以外だった場合、手札から《未界域のツチノコ》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。自身を特殊召喚する誘発効果。
未界域のチュパカブラ 《未界域のチュパカブラ》
レベル4|闇属性|悪魔族|ATK/1500|DEF/400
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のチュパカブラ》以外だった場合、手札から《未界域のチュパカブラ》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に、自分の墓地の《未界域のチュパカブラ》以外の「未界域」モンスター1体を対象に発動できる。対象モンスターを蘇生する誘発効果。
未界域のモスマン 《未界域のモスマン》
レベル4|闇属性|昆虫族|ATK/1800|DEF/400
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のモスマン》以外だった場合、手札から《未界域のモスマン》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。お互いのプレイヤーは1枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる誘発効果。
未界域のネッシー 《未界域のネッシー》
レベル7|闇属性|水族|ATK/1600|DEF/2800
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のネッシー》以外だった場合、手札から《未界域のネッシー》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。《未界域のネッシー》以外の「未界域」カード1枚をサーチする誘発効果。
未界域のワーウルフ 《未界域のワーウルフ》
レベル7|闇属性|獣戦士族|ATK/2400|DEF/1000
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のワーウルフ》以外だった場合、手札から《未界域のワーウルフ》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。相手フィールドのすべての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする誘発効果。
未界域のオゴポゴ 《未界域のオゴポゴ》
レベル8|闇属性|海竜族|ATK/1200|DEF/3000
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のオゴポゴ》以外だった場合、手札から《未界域のオゴポゴ》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合に発動できる。デッキから《未界域のオゴポゴ》以外の「未界域」カード1枚を墓地へ送る誘発効果。
《未界域のサンダーバード》
レベル8|闇属性|鳥獣族|ATK/2800|DEF/2400
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のサンダーバード》以外だった場合、手札から《未界域のサンダーバード》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象に発動できる。対象カードを破壊する誘発効果。
未界域のビッグフット 《未界域のビッグフット》
レベル8|闇属性|獣族|ATK/3000|DEF/0
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:手札の自身を相手に見せて発動できる。自分のすべての手札の中から、相手はランダムに1枚選び、自分はそのカードを捨てる。それが《未界域のビッグフット》以外だった場合、手札から《未界域のビッグフット》1体を特殊召喚し、自分は1枚ドローする起動効果。
②:自身が手札から捨てられた場合、相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象に発動できる。対象カードを破壊する誘発効果。

 

「未界域」魔法・罠カード

魔法カード

 イラスト  カード名・効果
未界域調査報告 《未界域調査報告》
通常魔法
※このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「未界域」モンスター1体とフィールドのモンスター1体を対象に発動できる。対象モンスターをバウンスする効果。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札の「未界域」モンスター1体をコストに捨て発動できる。このカードをデッキボトムに戻す。その後、1枚ドローする効果。
魅惑の未界域 《魅惑の未界域》
通常魔法
※このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札からレベル5以上の「未界域」モンスター1体をコストに捨て発動できる。レベル4以下の「未界域」モンスター1体をサーチする効果。
※このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「未界域」モンスターしか特殊召喚できない。
未界域捕縛作戦 《未界域捕縛作戦》
装備魔法
※「未界域」モンスターにのみ装備可能。
①:装備モンスターの攻撃力・守備力は800アップし、効果では破壊されない効果。
②:装備モンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる効果。
未界域-ユーマリア大陸 《未界域-ユーマリア大陸》
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、自分フィールドの「未界域」モンスターは特殊召喚されたターンには相手の効果の対象にならない効果。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象に発動できる。対象モンスターとこのカードが自分フィールドに表側表示で存在する限り、対象モンスターは直接攻撃でき、攻撃対象にされなくなる効果。
※この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる。

 

罠カード

イラスト カード名・効果
未界域の危険地帯 《未界域の危険地帯》
通常罠
※このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:3枚ドローする。その後、手札から「未界域」カード1枚以上を含むカード2枚を捨てる。手札に「未界域」カードが無い場合、手札を全て公開し、デッキに戻す効果。
未界域の歓待 《未界域の歓待》
通常罠
※このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「未界域」モンスター3種類を相手に見せ、相手はその中からランダムに1体選ぶ。そのモンスター1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りのモンスターはデッキに戻す効果。
※この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。
第弐次未界域探険隊 《第弐次未界域探険隊》
永続罠
※このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札1枚をコストに捨て、自分フィールドの「未界域」モンスター1体を対象に発動できる。対象モンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで500アップさせる効果。
②:このカードが墓地に存在する場合、手札の「未界域」モンスター1体をコストに捨て発動できる。このカードをデッキボトムに戻す。その後、1枚ドローする効果。

 

用途別テーマカード一覧

ドロー/サーチ/サルベージ

手札に加える

デッキに加える

 

モンスターを特殊召喚

 

カードを破壊/墓地送り/バウンス

モンスター・魔法・罠カードを破壊

モンスターをバウンス

 

耐性(耐性/対象にならない)

効果破壊耐性

 

攻撃関連

 

行動を制限

攻撃対象を制限

 

ステータス変化(攻撃力・守備力)

攻撃力・守備力(強化)

 

守備力(弱体化)

 

クィーン
何が襲ってくるかわからない未開の地をうまく表した効果が多いわね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です