《悪魔の手鏡》

悪魔(あくま)手鏡(てかがみ)

悪魔の手鏡(あくまのてかがみ)

効果概要

通常罠

①:フィールドの魔法・罠カード1枚を対象に相手の魔法カードが発動した時、その魔法カードの対象にできる別の魔法・罠カードを対象に発動できる。その魔法カードの効果を対象モンスターに移し替える効果。


フレーバーテキスト

「天使の手鏡」を真似て悪魔族が作り出した手鏡。
効力もかなり酷似している。

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

悪魔の手鏡(あくまのてかがみ)

悪魔族が《天使の手鏡》を真似て作った手鏡で、埋め込まれた悪魔の頭蓋骨が魔力の源になっています。

 

カードの特徴

このカードは2003年7月17日発売のパック『暗黒の侵略者』にて新規収録されたカードです。

相手の魔法カードの効果の対象を移し替える効果を持つのが特徴です。

 

他のサイト・ブログでの《悪魔の手鏡》考察記事

参考 《悪魔の手鏡》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

メタ効果:魔法カード

 

クィーン
なんだかこの鏡はまがまがしくて好きになれないわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です