《女神ウルドの裁断》

女神(めがみ)ウルドの裁断(さいだん)

女神ウルドの裁断

ステータス・効果概要

永続魔法

①:自分フィールドの「ワルキューレ」モンスターは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない効果。
②:1ターンに1度、カード名を1つ宣言し、相手フィールドにセットされたカード1枚を対象として発動できる。対象のセットされたカードをお互いに確認し、宣言したカードだった場合、対象カードを除外する。違った場合、自分フィールドのカード1枚を選んで除外する効果。


フレーバーテキスト

運命を司る女神、ノルンの三姉妹の長女。
過去を司る彼女は、不要な過去を断ち切りあらゆる生物が現在を歩めるよう補助する。

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

女神ウルドの裁断

神々の世界には「女神ウルド」の名を冠す「ウルドの泉」という場所が存在し、ノルンの三姉妹はその泉のほとりに住んでいます。

 

カードの特徴

このカードは2019年9月14日発売のパック『EXTRA PACKエクストラパック 2019』にて新規収録されたカードです。

「ワルキューレ」モンスターを対象を取る効果と効果破壊から守り、相手フィールドにセットされたカードを言い当てることで対象カードを除外できるのが特徴です。

 

他のサイト・ブログでの《女神ウルドの裁断》考察記事

参考 ワルキューレ・解説してみたのらりくらり 参考 《女神ウルドの裁断》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

効果破壊耐性効果の対象にならないサポート:「ワルキューレ」
フィールドのカードを除外(相手)フィールドのカードを除外(効果/自分)モンスターを除外 魔法カードを除外

 

クィーン
ウルドの泉は神々の世界で最も美しい場所だそうよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です