【ハーピィ】カード考察『モンスター』:「ハーピィ」モンスターとそれらをサポートするモンスターを考察!

今回は第1期より登場し、原作・アニメでも孔雀舞のエースモンスターとして活躍した《ハーピィ・レディ》や、それらをサポートする「ハーピィ」モンスターたちを考察します。

管理人の好きなテーマでもあり、クィーンの所属するテーマでもあるため、今回は特別に公式で発表されている技名や孔雀舞のセリフもあわせて紹介します。

 

【ハーピィ】デッキの構築を考えている方、採用するカードに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

ターンを重ねるごとに
ハーピィは美しく華麗に強くなっていく!

 

ルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスター

《ハーピィ・レディ》

ステータス・フレーバーテキスト

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

人に羽のはえたけもの。美しく華麗に舞い、鋭く攻撃する。

「ハーピィ」であり、通常モンスターであることから、様々なカードでサポートすることができるのが特徴です。

また専用サポートカードも多く存在します。

主な運用方法

  • 《予想GUY》など、通常モンスターをサポートするカードにより特殊召喚する。
  • 《苦渋の決断》の効果により、このカードを墓地へ送り、ルール上《ハーピィ・レディ》として扱う効果モンスターをサーチする。

 

孔雀舞を象徴するカードであり、「ハーピィ」の原点でもあるカードですね。

わたしはアニメで初めて見た時、その強く美しい姿に一目惚れしました。

さあ ハーピィ・レディ! 爪牙砕断(スクラッチ・クラッシュ)

 

攻撃名

  1. 爪牙砕断(スクラッチ・クラッシュ)
  2. 鞭打処刑(ウィップパニッシュ(《電撃鞭》装備時)
  3. レッド・ヘル・リッパー(《薔薇の鞭》装備時)

 

《ハーピィ・レディ・SB》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1800|DEF/1300

※このカードのカード名はルール上《ハーピィ・レディ》として扱う。

ルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターの中では一番扱いやすく、汎用性のあるカードであることが特徴です。

効果を持たない下級モンスターの中では攻撃力が少し低いですね。

 

主な運用方法

MEMO
【ハーピィ】は《インスペクト・ボーダー》など、モンスター効果や特殊召喚に対するメタ効果に弱いテーマです。

そのことや、運用方法の理由から、このカードと《ハーピィ・レディ1》が1枚ずつ採用されることが多いです。

 

わたしは2004年の、アニメ遊戯王が再放送していた頃(小学生くらい)から遊戯王を始めました。

その当時、友だちが持っていたこのカードが喉から手が出るくらい欲しかったのを覚えています。

 

ちなみにこの姿は《ハーピィ・レディ》《電撃鞭》《サイバー・ボンテージ》を装備した姿です。

 

攻撃名

  1. サイバー・ライトニング・ウィップ

 

《ハーピィ・レディ1》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

※このカードのカード名はルール上《ハーピィ・レディ》として扱う。
①:フィールドの風属性モンスターの攻撃力を300アップさせる永続効果。

①の効果により、風属性モンスターの攻撃力をアップさせることができるのが特徴です。

ルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターの中では、採用されることの多いモンスターですね。

 

①の効果の主な運用方法

注意
①の効果は永続効果であるため、フィールドに召喚・特殊召喚されると同時に効果が適用されます。

そのため、元々の攻撃力が1300でありながら《奈落の落とし穴》の効果範囲に含まれてしまいます。

 

《ハーピィ・レディ》をリメイクしたカードであり、「ハーピィ」では様々なカードのイラストに登場しています。

 

攻撃名

  1. 爪牙砕断(スクラッチ・クラッシュ)

 

《ハーピィ・レディ2》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

※このカードのカード名はルール上《ハーピィ・レディ》として扱う。
①:自身が戦闘破壊したリバースモンスターの効果を無効にする永続効果。

①の効果により、戦闘破壊したリバースモンスターの効果を無効にすることができるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • リバースモンスターの効果を無効にし、相手の戦略を妨害する。

 

①の効果を適用するには、戦闘破壊を行う必要があるため、攻撃力をアップさせ発動を補助するなど工夫が必要なカードですね。

 

使いにくさが目立ちますが、イラストが可愛いです。

好きなカードだったため、発売当時《ハーピィ・レディ1》《ハーピィ・レディ3》と共にデッキに採用していました。

 

そのビジュアルから《ハーピィ・レディ三姉妹》の中では《ハーピィ・レディ1》と並んで人気のカードですね。

 

攻撃名

  1. 爪牙砕断(スクラッチ・クラッシュ)

 

《ハーピィ・レディ3》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

※このカードのカード名はルール上《ハーピィ・レディ》として扱う。
①:戦闘を行ったモンスターの攻撃宣言を、相手ターンで数えて2ターンの間封じる効果。

①の効果により、相手の行動を妨害することができるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 自ら戦闘を行い、相手モンスターの攻撃宣言を能動的に封じる。
  • 効果を適用することで、L召喚などの素材への利用を促す。
注意
①の効果はダメージ計算が行われた直後に適用される効果であるため、相手ターンに適用された場合、そのターンが1ターン目となってしまいます。
MEMO
登場時期と比較し、デュエルの高速化に伴い、素材への利用を促しやすくなりました。

 

意外と可愛い顔してると思うのですが、髪型と効果のせいかあまり人気がない印象です。

 

攻撃名

  1. 爪牙砕断(スクラッチ・クラッシュ)

 

フィールド・墓地で《ハーピィ・レディ》として扱うモンスター

《ハーピィ・オラクル》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する場合に、自身を手札から特殊召喚することができる起動効果。
③:自身の召喚・特殊召喚成功時に発動でき、発動ターンのエンドフェイズに、《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサルベージする誘発効果。

②③の効果により、【ハーピィ】の展開力・激しい手札消費を補うことができるのが特徴です。

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 自身の③の効果の発動を補助する。
  • 【ハーピィ】の展開力を補助する。

発動条件と自身のレベルから、【ハーピィ】の得意とするX召喚につなげるには少し工夫が必要です。

L召喚は無理なく行えるため、EXモンスターゾーンの確保などにも利用することができますね。

 

③の効果の主な運用方法

MEMO

この効果の処理はエンドフェイズに行われますが、召喚・特殊召喚時に発動する効果です。

そのため、召喚・特殊召喚時に効果の発動に成功していれば、エンドフェイズにこのカードがフィールドに存在していない場合でも効果を適用することができます。

 

《ハーピィの狩場》は強制効果により自壊してしまうことがありますが、この効果により再利用できるようになりました。

 

カード名のオラクルは予言、神託などを指す言葉で、霊媒師などの意味を持つ《ハーピィ・チャネラー》と同じく何かを媒体にする点が共通しています。

そのことからか、《ハーピィ・チャネラー》と同じく黒い羽根を持っています。

 

《ハーピィ・クィーン》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1900|DEF/1200

①:自身を手札から墓地へ捨て《ハーピィの狩場》1枚をサーチする起動効果。
②:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。

①の効果により《ハーピィの狩場》に変換することができるため小回りを利かせやすいのが特徴ですね。

また下級「ハーピィ」モンスターの中では攻撃力が1番高いのも特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

 

「ハーピィ」の中で一番好きなカードで、長く美しいエメラルドの髪と白く輝く羽根に一目惚れしました。

今でも管理人のデッキに、相棒として欠かせないカードになっています。

いくわよ!
これがハーピィ・レディ最強の女王!

 

《ハーピィ・ダンサー》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1200|DEF/1000

※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの風属性モンスター1体を対象にバウンスし、その後、風属性モンスター1体を召喚することができる起動効果。
②:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。

①②の効果により、様々な「ハーピィ」関連カードと相性が良いのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィの狩場》の魔法・罠カードを破壊する効果を2回発動させる。
  • 《霞の谷の神風》など、「自分のモンスターがバウンスされることで発動する効果」の発動を補助する。
  • EXモンスターゾーンの風属性モンスターをバウンスし、EXモンスターゾーンを空ける。
  • 《ハーピィ・チャネラー》など、守備表示でリクルートする効果のデメリットをカバーする。
  • 《ハーピィ・ハーピスト》など、特殊召喚した風属性モンスターの召喚成功時に発動する効果の発動を補助する。
  • デメリットになる効果を受けた風属性モンスターの状態をリセットする。
注意
EXモンスターゾーンのモンスターをバウンスし手札に戻らなかった場合、風属性モンスターを召喚する効果は使えません。

 

②の効果の主な運用方法

 

そのイラストから「ハーピィ」の中では《ハーピィ・チャネラー》と並び人気が高いですね。

Vジャンプに付属カードとして封入された際は「風属性を鼓舞する魅惑の踊り子!!」と紹介されていました。

 

《ハーピィ・チャネラー》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1400|DEF/1300

※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ハーピィ」カード1枚を手札コストに「ハーピィ」モンスター1体をリクルートする起動効果。
②:自分フィールドにドラゴン族モンスターが存在する場合、自身のレベルが7になる永続効果。
③:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。

【ハーピィ】では展開の要となる効果を持ち、②の効果によりランク4・7X召喚を使い分けることができるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

MEMO
リクルートするモンスターにレベル制限はなく、最上級モンスターである《ハーピィズペット竜》もリクルートすることができます。

 

②の効果の主な運用方法

  • レベル5以上の「ハーピィ」モンスターを参照し発動するカードの発動条件を満たす。
  • 《スワローズ・ネスト》の効果によりレベル7鳥獣族モンスターをリクルートする。
  • ドラゴン族チューナーとともに展開し、レベル8以上の(シンクロ)召喚を行う。
MEMO
《スワローズ・ネスト》の他にも、《トランスターン》《ダウンビート》など、レベルを参照する効果を補助することができます。

 

③の効果の主な運用方法

 

そのイラストから「ハーピィ」の中では人気が高く、《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターの中では珍しく黒い羽根を持っています。

 

カード名のチャネラーは、超自然的存在(霊的存在)と人間を直接媒介することができる人物(霊媒師など)のことを指します。

そのことから《ヒステリック・サイン》のイラストでは、幻の存在である《ハーピィズペット幻竜》と交信し、呼び出していますね。

 

《ハーピィ・ハーピスト》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1700|DEF/600

※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自身の召喚成功時に、自分フィールドの自身以外の鳥獣族モンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象にバウンスできる誘発効果。
③:自身が墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、攻撃力1500以下のレベル4・鳥獣族モンスターをサーチできる誘発効果。

②③の効果は鳥獣族モンスターをサポートする効果であり、このカード単体でも様々なデッキに採用できる効果を持つのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 《霞の谷の神風》と鳥獣族・風属性モンスターをあわせて、自分フィールドの自身以外の鳥獣族モンスター1体をバウンスしなければならないデメリットを補う。
MEMO
②の効果はX召喚などを行わず、相手モンスターを除去できる強力な効果です。

《風の精霊 ガルーダ》など、特殊召喚が容易な鳥獣族モンスターを利用し、展開中の除去として組み込んでいきたい効果ですね。

 

③の効果の主な運用方法

  • 《おろかな埋葬》などにより墓地へ送り、特定のモンスターをサーチする。
  • 【ハーピィ】の手札消費の激しさを補う。
MEMO
③の効果は、手札・デッキ・フィールドのどこから墓地へ送られても発動することができます。

 

【ハーピィ】デッキでは以下のような手順により使われることが多いです。

  1. 《ハーピィ・チャネラー》の効果で、このカードをリクルートしX召喚またはL召喚する。
  2. (X召喚した場合、X素材となったこのカードを、Xモンスターの効果を使用するなどして墓地に送る。)
  3. 墓地へ送られたこのカードの③の効果で《ハーピィ・チャネラー》をサーチする。

これにより、次のターンに再び《ハーピィ・チャネラー》で展開することができるようになります。

 

《ハーピィ・レディ》がリメイクされ登場した《ハーピィ・レディ1》以降、久々に緑の羽根を持った「ハーピィ」モンスターが登場しました。

 

《ハーピィ・パフューマー》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1400|DEF/1300

※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自身の召喚・特殊召喚成功時に、《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサーチできる誘発効果。
※自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合、2枚までサーチすることができる(同名カードは1枚まで)。

②の効果により【ハーピィ】の手札消費を補うことができるのが特徴です。

また「ハーピィ」モンスターの中では、唯一このカード1枚のみでモンスター2体を展開することができるカードです。

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

MEMO

「自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合」という適用条件は、このカードの効果処理時に満たしていれば適用することができます。

そのため、《強化蘇生》によりレベルを1上げながらの蘇生、この効果にチェーンして《騒々虫》などの効果によりレベルを上げることでも「2枚までサーチする効果」を適用することができます。

 

②の効果は【ハーピィ】の展開力を間接的に上げることにつながり、《ハーピィ・チャネラー》から展開することで、モンスター3体を使ったランク4X召喚も難易度が下がりました。

このカードの登場により、【ハーピィ】の動きの幅、安定性が上昇しました。

 

《ハーピィ・コンダクター》

②の効果により「ハーピィ」モンスターを戦闘・効果破壊から守りつつ、《ヒステリック・サイン》などの効果の発動を補助できる効果を持っているのが特徴です。

また③の効果により、《ハーピィ・ダンサー》などの効果により、自分のモンスターがバウンスされた場合、更なるアドバンテージにつながります。

 

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 《ヒステリック・サイン》など、フィールドから墓地へ送られた時(または破壊された時)に発動する魔法・罠カードの効果の発動を補助する。
  • 「「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合に発動する魔法・罠カードの効果」の発動を補助する。
  • 《ブラック・ホール》など、「フィールドのモンスターをすべて破壊する効果」を持つ自分のカードの効果に対して、効果を発動したカード(この場合《ブラック・ホール》)を破壊することで、相手のカードを一方的に破壊する(※現在裁定確認中であるため不確定な情報であることをご了承下さい。)。

 

②の効果は【ハーピィ】以外では【真竜】や【アーティファクト】など、【ハーピィ】と相性の良いテーマとも相性がいいですね。

 

③の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィ・ダンサー》など、自分のモンスターをバウンスする効果により「ハーピィ」モンスターをバウンスし、更なるアドバンテージを狙う。
  • 相手ターンに自分の「ハーピィ」モンスターをバウンスし、効果を発動する。

 

③の効果は以下のようにバウンス効果を持つ「ハーピィ」モンスターを、より有効に使うことができるようになる効果です。

《ハーピィ・ハーピスト》であれば、自身の効果と合わせて2体のモンスターをバウンスでき、《ハーピィ・ダンサー》であれば、コストなどを必要とせず、相手のモンスターをバウンスすることができます。

 

Lモンスターであり、L素材の指定も属性のみであるため、特殊召喚しやすく、①の効果から《ヒステリック・パーティー》の蘇生対象も増やすことができるカードです。

また《霞の谷の神風》が存在している状態で、「ハーピィ」モンスターをバウンスすることで、相手モンスターを1体をバウンスしつつ、風属性モンスターをリクルートすることができます。

 

【LL】など、《ハーピィの羽根吹雪》を無理なく採用できる風属性モンスター中心のテーマであれば、このカードをL召喚するだけで《ハーピィの羽根吹雪》の手札から発動する条件も簡単に満たすことができるようになります。

 

その他の「ハーピィ」モンスター

《ハーピィ・ガール》

ステータス・フレーバーテキスト

レベル2|風属性|鳥獣族|ATK/500|DEF/500

美しく華麗に舞い、鋭く攻撃する事ができるようになりたいと願っているハーピィの女の子。

「ハーピィ」であり、通常モンスターでもあり、そのステータスから、様々なカードでサポートすることができるのが特徴です。

 

《ハーピィ・レディ》としては扱わないため、《ハーピィ・レディ》専用サポートでサポートすることはできません。

しかし上記のことから、《ハーピィ・レディ》に次いでサポートカードが豊富ですね。

 

主な運用方法

レベル2・鳥獣族・風属性・通常モンスターの中では、このカードが唯一《デブリ・ドラゴン》《ジャンク・シンクロン》の効果に対応しています。

 

前述した通りサポートカードは多いのですが、レベルなどの関係で【ハーピィ】では使いにくく、あまり採用されることがありません。

そのイラストから「ハーピィ」モンスターの中でも特に人気が高いですね。

 

美しく華麗に舞い、鋭く攻撃する事ができるようになった姿が楽しみです。

 

《ハーピィズペット仔竜》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|ドラゴン族|ATK/1200|DEF/600

①:《ハーピィズペット仔竜》以外の自分フィールドの「ハーピィ」モンスターの数により以下の効果が追加される。
1体:《ハーピィズペット仔竜》以外の「ハーピィ」モンスターを攻撃対象に選択できないようにする永続効果。
2体:自身の元々の攻撃力・守備力が倍になる永続効果。
3体:1ターンに1度、相手フィールドのカード1枚を対象に破壊する起動効果。

《ハーピィズペット仔竜》以外の自分フィールドの「ハーピィ」モンスターの数により効果が追加されていくのが特徴です。

 

「ハーピィ」モンスターが1体以上で追加される効果の主な運用方法

 

「ハーピィ」モンスターが2体以上で追加される効果の主な運用方法

  • 自身の、「ハーピィ」モンスターが1体以上で追加される効果を補助する。
  • 《巨大化》など、元々の攻撃力・守備力を参照にする効果を補助する。
MEMO
《収縮》など、元々の攻撃力・守備力を参照しステータスを減少させる効果に対しては、デメリットとして働いてしまいます。

 

「ハーピィ」モンスターが3体以上で追加される効果の主な運用方法

  • 調査中

「ハーピィ」モンスターが3体以上で追加される効果は、毎ターンノーコストで相手フィールドのカードを破壊することができる強力な効果です。

しかし、効果を発動するにはこのカードと3体の「ハーピィ」モンスターを展開する必要があります。

そのため《ヒステリック・パーティー》などにより効果を補助したいですね。

 

「ハーピィ」モンスターであるため、《ハーピィ・チャネラー》の効果で容易にリクルートできます。

しかしレベル4・ドラゴン族モンスターである点や、守備表示でリクルートされる点から、あまり相性は良くありませんね。

 

登場当初《ハーピィズペット竜》を持っていなかったわたしは、【ハーピィ】の切り札としてこのカード採用していました。

 

攻撃名

  1. セイント・ファイアー・メガ

 

《ハーピィ・レディ三姉妹》

ステータス・効果概要

特殊召喚
レベル6|風属性|鳥獣族|ATK/1950|DEF/2100

※通常召喚できない。
《万華鏡-華麗なる分身-》の効果で特殊召喚できる。

豊富な専用サポートカードの存在から、レベル5以上の「ハーピィ」モンスターを参照に発動するカードの発動条件を満たしやすいのが特徴ですね。

《ハーピィ・レディ》としては扱わないため、《ハーピィ・レディ》専用サポートカードでサポートすることはできません。

主な運用方法

注意
特殊召喚モンスターであるため、《ハーピィ・チャネラー》などの効果ではリクルートすることができません。

 

原作では《ハーピィ・レディ1》《ハーピィ・レディ2》《ハーピィ・レディ3》がそのままのイラストで並んでいます。

しかし、OCG化の際に、何故か荒々しい印象の《ハーピィ・レディ》になってしまいました。

地獄のハーレムを体感させてあげる!

 

攻撃名

  1. トライアングル・(エクスタシー)・スパーク
  2. トリプル・スクラッチ・クラッシャー

 

《ハーピィズペット竜》

ステータス・効果概要

レベル7|風属性|ドラゴン族|ATK/2000|DEF/2500

①:自身の攻撃力・守備力がフィールドの《ハーピィ・レディ》の数×300アップする永続効果。

レベル7であることから、【ハーピィ】に採用することで《ハーピィ・チャネラー》の効果によりリクルートし、ランク7X召喚につなげられるのが特徴です。

また《ハーピィ・レディ三姉妹》と同じく、レベル5以上の「ハーピィ」モンスターを参照に発動するカードの発動条件を満たしています。

 

①の効果の主な運用方法

  • 調査中

①の効果により、自身の攻撃力・守備力をアップさせるには、《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターを複数体展開しなくてはなりません。

そのため、効果を適用する場合、《ヒステリック・パーティー》などの効果により補助したいですね。

MEMO
①の効果は魔法&罠ゾーンの《ハーピィ・レディ》もカウントされます。

 

現実的ではありませんが、上記のことを踏まえて下記のような盤面を作りだすことで、攻撃力・守備力を最大4200アップさせることができます。

  • 《ハーピィズペット竜》1体
  • モンスターを装備カード扱いで装備できるモンスター1体
  • 自分・相手フィールドに《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターが合計8体
  • 装備カード扱いで装備されたルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターが合計6体

この盤面は、モンスターを装備カード扱いで装備できるモンスターのコントロールを変更するなどして、《ハーピィ・レディ》を6体装備しています。

また、ルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターは、お互いのデッキを合わせて6体までしか採用できません。

そのため、魔法&罠ゾーンには《ハーピィ・レディ》を6体までしか用意することができませんね。

これがハーピィ・レディ最強のしもべ!
ハーピィズペット(ドラゴン)

 

攻撃名

  1. セイント・ファイアー・ギガ

 

《ハーピィズペット幻竜》

ステータス・効果概要

ランク4|風属性|ドラゴン族|ATK/2000|DEF/2500

風属性レベル4モンスター×3

※自身にX素材がない場合、自身の効果を適用できない。
①:直接攻撃できる永続効果。
②:相手はフィールドの「ハーピィ」モンスターを攻撃・効果の対象にできなくなる永続効果。
③:自分のエンドフェイズに自身のX素材を1つ取り除く誘発効果(強制)。

①②の効果から「ハーピィ」モンスターの戦線維持をしつつ、フィニッシャーにもなりえる効果を持っているのが特徴です。

これらのことから【ハーピィ】では切り札的存在です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 《追い剥ぎゴブリン》など、相手に戦闘ダメージを与えることで発動する効果を補助する。

 

②の効果の主な運用方法

  • 自分フィールドのモンスターを「ハーピィ」モンスターのみにすることで、相手の攻撃を封じる。
  • 自身をフィールド維持しやすくなることで、①の効果による毎ターンの直接攻撃が行いやすくなる。
注意
《伝説のフィッシャーマン》など、類似した効果を持つモンスターとは異なり、自分フィールドに②の効果が適用されたモンスターしか存在しない場合でも、相手の攻撃は自分への直接攻撃にはなりません。

 

③の効果の主な運用方法

  • エンドフェイズに《禁じられた聖杯》などの効果により、効果を無効にすることで、効果の発動を防ぐ。

 

③の効果により、自身の効果は大抵の場合3ターンしか適用することができません。

しかし②の効果により、自身のフィールドに維持しやすく、①の効果により、最大6000もの戦闘ダメージを狙うことができます。

 

一見かなり対処が難しいモンスターのようにも思えますが、以下のような弱点も持っているため、注意が必要です。

  • 《ブラック・ホール》など対象を取らずに破壊する効果に弱い。
  • ③の効果が誘発効果であるため、《神の通告》などのモンスター効果を無効にして破壊する効果に弱い。

 

「ハーピィ」に関する効果を持つモンスター

《バード・フェイス》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1600|DEF/1600

①:自身が戦闘破壊され墓地へ送られた時に《ハーピィ・レディ》をサーチできる誘発効果。

任意の《ハーピィ・レディ》をサーチすることができるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 自身の戦闘破壊によるディスアドバンテージを補う。

このカード登場時は《ハーピィ・レディ》として扱うカードも少なかったため【ハーピィ】デッキでも重宝されていました。

しかし現在は《ハーピィ・レディ》として扱うカードも増えたため、【ハーピィ】デッキでもほとんど採用されていません。

 

イラストでは確認できませんが《ハーピィ・レディ》のような鉤爪を持っています。

そのため鳥要素を強くした《ハーピィ・レディ》といった容姿をしていますね。

ちなみにPS2用ゲームソフト「遊戯王 真デュエルモンスターズII 継承されし記憶」では、「風の魔神に仕えている鳥たちの守護者」という設定があったそうです。

 

まとめ:見た目も効果も個性豊かな《ハーピィ・レディ》たち

ルール上、または効果で《ハーピィ・レディ》として扱うのかの違いはありますが、《ハーピィ・レディ》として扱うカードは全部で11種類も存在します。

構築によって採用する《ハーピィ・レディ》選べるのも【ハーピィ】デッキを構築する楽しさの1つでもありますね。

 

皆さんも《ハーピィ・レディ》それぞれの特徴を生かし、自分好みの【ハーピィ】デッキを構築してみてください!

 

この記事は完全に趣味丸出しだにゃ…
ギラッ…!!
はっ…!!

 

おしまい。

「ハーピィ」に関連する記事

【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説! 【ハーピィ】カード考察『魔法・罠』:「ハーピィ」モンスターをサポートする魔法・罠カードを考察! 【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です