【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方までハーピィデッキの基本を徹底解説!

今回はアニメ・原作で孔雀舞が使用することでもお馴染みのテーマ【ハーピィ】の考察をしていきます。

【ハーピィ】デッキの構築を考えている、または【ハーピィ】がどんなテーマなのか気になるという方は参考にしてみてください。

 

「ハーピィ」とは

ハーピィ】は1999年に発売されたパック「Vol.4」にて登場し、2006年に発売されたパック「ENEMY OF JUSTICE(エネミー・オブ・ジャスティス)」にてカテゴリ化されたテーマです。

バック破壊や(エクシーズ)召喚を得意とするテーマで、カード名を直接指定するサポートカードも多く存在します。

 

カードの特徴

「ハーピィ」にはルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターと、効果により《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターが存在します。

 

前者は効果外テキストでありルールとして、後者はモンスター効果によってカード名が変更されます。

そのため、以下のようにデッキに採用できる枚数が異なります。

ルール上《ハーピィ・レディ》として扱うモンスター

注意
これらのモンスターは、ルール上《ハーピィ・レディ》として扱われるため、この5種類の中から合計3枚までしかデッキに採用することができません。

 

これらのモンスターは元々のカード名を参照する場合でも常に《ハーピィ・レディ》として扱われます。

そのため、モンスター効果を無効にされた場合でも、《ハーピィ・レディ》として扱われます。

 

手札やデッキでも《ハーピィ・レディ》として扱われるため、《ハーピィ・レディ》を直接指定する《万華鏡-華麗なる分身-》などでも特殊召喚することができます。

注意
上記のことから《ヒステリック・サイン》のような「ハーピィ」カードを3種類までサーチする効果を使う場合、上記のカードから2枚以上選択することはできません。

 

フィールド・墓地で《ハーピィ・レディ》として扱うモンスター

MEMO
これらのモンスターは、自身の持つ効果により《ハーピィ・レディ》として扱われるため、それぞれ3枚までデッキに採用することができます。

 

効果によりカード名が変更されているため、モンスター効果を無効にされた場合、《ハーピィ・レディ》として扱われなくなってしまいます。

そのため《万華鏡-華麗なる分身-》など、効果の発動に《ハーピィ・レディ》を必要とするカードの発動条件を満たせなくなってしまいます。

 

墓地でも《ハーピィ・レディ》として扱われ、複数枚採用することができることから、同名カードを参照するカードの効果を補助することができます。

 

【ハーピィ】のキーカード

効果モンスター

《ハーピィ・チャネラー》《ハーピィ・ハーピスト》

魔法カード

《ヒステリック・サイン》《ハーピィの狩場》

罠カード

《ハーピィの羽根吹雪》《ヒステリック・パーティー》

 

その他の「ハーピィ」関連カードまとめ!

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ

 

【ハーピィ】の特徴・強み

【ハーピィ】デッキは以下のような特徴・強みがあります。

 

ポイント①:状況にあわせてランク4・7エクシーズ召喚ができる

【ハーピィ】は《ハーピィ・チャネラー》の存在から、状況に合わせてランク4・7Xモンスターを使い分けることができます。

またランク4・7X召喚と比較し少し難易度が上がりますが、《ハーピィ・レディ三姉妹》の存在から、ランク6X召喚も行うことができます。

 

ランク4エクシーズモンスターの主な召喚方法

 

ランク6エクシーズモンスターの主な召喚方法

 

ランク7エクシーズモンスターの主な召喚方法

 

ポイント②:キーカードをサーチし毎ターンのエクシーズ召喚

【ハーピィ】は以下のように、《ハーピィ・ハーピスト》を展開に絡めることで、展開の要である《ハーピィ・チャネラー》をサーチすることができます。

これにより次のターンも同レベルのモンスターを2体展開することができるようになり、毎ターンのX召喚に行うことができるようになります。

MEMO

手札によっては《ハーピィ・チャネラー》のコストとなる「ハーピィ」カードが存在しない状況が発生する場合があります。

その場合、デッキに《ハーピィ・レディ》《万華鏡-華麗なる分身-》が存在していれば、《ハーピィ・パフューマー》をサーチすることでもレベル4モンスターを2体展開することができます。

 

ポイント③:《ハーピィの狩場》による魔法・罠カードを破壊しながらの展開

《ハーピィの狩場》は「《ハーピィ・レディ》が召喚・特殊召喚される度に、フィールドの魔法・罠カード1枚を破壊する効果」を持つフィールド魔法カードです。

そのためこのカードを発動させておくだけで、モンスターの展開とともに魔法・罠カードを破壊することができるようになります。

 

それにより攻撃反応系の魔法・罠カードに強くなり、エンドフェイズに《ハーピィ・レディ》を特殊召喚することでエンドサイクを狙うこともできるようになります。

注意

《神の宣告》など召喚反応系の罠カードやフリーチェーンで発動できる魔法・罠カードには弱いため、注意が必要です。

 

後述する《ヒステリック・サイン》とは相性がよく、すでに効果を発動した《ヒステリック・サイン》破壊することで、《ヒステリック・サイン》の墓地へ送られた際に発動するサーチ効果を能動的に発動することができます。

注意

《ハーピィの狩場》の魔法・罠カードを破壊する効果は強制効果です。

さらに破壊対象は自分フィールドも含まれるため、フィールドに魔法・罠カードがこのカードしか存在していない場合、このカードを破壊しなくてはならなくなります。

 

また微量ながら「フィールドのすべての鳥獣族モンスターの攻撃力・守備力を200アップさせる効果」も持っています。

平均的に攻撃力が低いモンスターが多いため、相手のLPを削る上では、思いの外重宝します。

そのため、初歩的なことですが攻撃力の加算を忘れないように気を付けたいですね。

 

ポイント④:《ヒステリック・サイン》による最大4枚のサーチ

《ヒステリック・サイン》は「《万華鏡-華麗なる分身-》をサーチまたはサルベージする効果」と、「「ハーピィ」カードを3種類までサーチできる効果」を持つ永続魔法カードです。

両方の効果を使うことができれば、最大4枚ものカードを手札に加えることができます。

 

簡単にアドバンテージを得ることができる強力な効果ですが、以下のような注意点もあります。

注意

2つの効果は同一ターンに発動することができません。

そのため《万華鏡-華麗なる分身-》をサーチ・サルベージする効果にチェーンしてこのカードを破壊されてしまった場合、どちらの効果も使えなくなってしまいます。

 

手札消費が激しい【ハーピィ】ではこのカードの「「ハーピィ」カードを3種類までサーチできる効果」が非常に重要になってきます。

場合によっては「《万華鏡-華麗なる分身-》をサーチ・サルベージする効果」をあえて使わず手札コストにしたり、セットして《ハーピィの狩場》の効果で破壊するなどのプレイングも必要ですね。

 

ポイント⑤:《ハーピィの羽根吹雪》により相手のすべてのモンスター効果を1ターン無効化

《ハーピィの羽根吹雪》は「相手が発動したすべてのモンスター効果を、ターン終了時まで無効にする効果」を持つ罠カードです。

MEMO

フィールドだけでなく、手札・墓地・除外ゾーンなど、すべての場所で発動する効果を無効にすることができます。

 

現在、モンスターを展開する際、モンスター効果により展開する場合がほとんどです。

そのためこのカード発動することで、ほとんどのデッキの動きを1ターン封じることができます。

 

また「ハーピィ」モンスターが存在していれば、手札から発動することもできます。

そのため、自分フィールドに「ハーピィ」モンスターを用意するだけで、相手にこのカードの存在を警戒させることができます。

 

さらにこのカードは「相手の効果で破壊された場合、《ハーピィの羽根帚》をサーチまたはサルベージできる効果」も持っています。

この効果により、モンスター効果を無効にする効果を無効にされ破壊された場合のディスアドバンテージを補うことができます。

注意

発動を無効にされた場合、魔法&罠ゾーンで破壊された扱いならないため、この効果を発動することができません。

 

ポイント⑥:《ヒステリック・パーティー》による大量蘇生

《ヒステリック・パーティー》は「手札コスト1枚で墓地の《ハーピィ・レディ》を可能な限り蘇生させる効果」を持つ永続罠カードです。

【ハーピィ】は《ハーピィ・レディ》として扱う効果を持つモンスターが多く存在するため、デュエル序盤に2~3体、中盤以降は4体以上の蘇生を期待できます。

 

蘇生後はX召喚や(リンク)召喚につなげたり、総攻撃により相手のLPを削り切りゲームエンドに持っていく力を持ったカードです。

また相手ターンに発動し《ハーピィ・パフューマー》など特殊召喚成功時に発動する効果を持つモンスターを蘇生することで更なるアドバンテージを狙うこともできます。

 

《ヒステリック・パーティー》は【ハーピィ】における展開力・決定力の低さを補ってくれる強力な効果を持っています。

しかし、以下のように【ハーピィ】にとって致命的な弱点もいくつか抱えています。

  • 罠カードであるため発動にタイムラグがある
  • 【ハーピィ】の手札消費の激しさを助長してしまう
  • 発動にチェーンして破壊されると2枚のディスアドバンテージを負ってしまう

 

【ハーピィ】の基本戦術・回し方

【ハーピィ】は毎ターンのX召喚、《ハーピィの羽根吹雪》などにより相手の動きを妨害しながら戦うコントロール寄りのビートダウンテーマです。

以下の流れを基本に、勝利を目指します。

 

エクシーズモンスターや《ハーピィの狩場》により相手の動きに対応

以下の項で述べた通り、【ハーピィ】は《ハーピィ・チャネラー》《万華鏡-華麗なる分身-》の効果により容易にX召喚を行うことができます。

参考 ポイント①:状況にあわせてランク4・7・エクシーズ召喚ができる

 

そして展開前に《ハーピィの狩場》を発動しておくことで、相手の魔法・罠カードを破壊しながら展開することができます。

注意

以下の項で述べた通り、召喚反応系の罠カードや、フリーチェーンで発動できる魔法・罠カードには注意が必要です。

参考 ポイント③:《ハーピィの狩場》による魔法・罠カードを破壊しながらの展開

 

これらにより、相手の動きやフィールドにはXモンスターで対応し、Pゾーンのカードや相手フィールドに残った魔法・罠カードは《ハーピィの狩場》で破壊していきます。

 

上記に加え、【ハーピィ】は《ハーピィの羽根吹雪》により相手が発動したすべてのモンスター効果を、ターン終了時まで無効にすることができます。

これにより、自分のターンでは相手の妨害を阻止し、相手ターンでは相手のほとんどの動きを封じることもできますね。

参考 ポイント⑤:《ハーピィの羽根吹雪》により相手のすべてのモンスター効果を1ターン無効化

 

《ヒステリック・サイン》などによりリソースを管理

【ハーピィ】は手札消費の激しいテーマでありリソースの管理が重要です。

そのため以下のサーチ・サルベージできる効果を持つカードを主軸に、手札・デッキのリソースを補充していきます。

イラスト カード名・ステータス・効果
効果モンスター
《ハーピィ・オラクル》
レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400
※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する場合に、自身を手札から特殊召喚することができる起動効果。
③:自身の召喚・特殊召喚成功時に発動でき、発動ターンのエンドフェイズに、《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサルベージする誘発効果。
《ハーピィ・ハーピスト》
レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1700|DEF/600
※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自身の召喚成功時に、自分フィールドの自身以外の鳥獣族モンスター1体と相手の表側表示モンスター1体を対象にバウンスできる誘発効果。
③:自身が墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、攻撃力1500以下のレベル4・鳥獣族モンスターをサーチできる誘発効果。
《ハーピィ・パフューマー》
レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1400|DEF/1300
※このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自身の召喚・特殊召喚成功時に、《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサーチできる誘発効果。
※自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合、2枚までサーチすることができる(同名カードは1枚まで)。
魔法カード
《ハーピィの羽根休め》
通常魔法
※このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の《ハーピィ・レディ》《ハーピィ・レディ三姉妹》の中から合計3体を対象に発動し、対象のカードをデッキに加え、その後、1枚ドローする効果。
※自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合、ドローする枚数は2枚になる。
※①の効果発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
《ヒステリック・サイン》
永続魔法
※このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカード発動時に《万華鏡-華麗なる分身-》1枚をサーチまたはサルベージする効果。
②:手札・フィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに「ハーピィ」カードを3種類までサーチする効果(強制効果)。

 

《ハーピィ・ハーピスト》

《ハーピィ・ハーピスト》は以下の項で述べた通り、③の効果により展開に絡めることで手札消費の激しさを補うことができます。

展開の要である《ハーピィ・チャネラー》をサーチすることができるため、できるだけ展開に絡められるよう動きたいですね。

参考 ポイント②:キーカードをサーチし毎ターンのエクシーズ召喚

 

《ハーピィ・オラクル》&《ハーピィ・パフューマー》

《ハーピィ・オラクル》《ハーピィ・パフューマー》はサーチ・サルベージするカードにより手数を増やすことはできますが、《ハーピィ・ハーピスト》とは異なり、後続の維持は難しいカードです。

そのため、相手ターンにも特殊召喚することでサーチ・サルベージする枚数を増やし、より手数を増やすことで手札消費を補うよう動かします。

 

また《ハーピィ・オラクル》《ハーピィ・パフューマー》は、リソースの補充に重要なこれらのモンスターを特殊召喚することができる《華麗なるハーピィ・レディ》や、後述する《ハーピィの羽根休め》をサーチ・サルベージすることもできます。

これにより、リソースの管理がしやすくなります。

 

ちなみに、これらのモンスターを特殊召喚する手段は上記の《華麗なるハーピィ・レディ》の他、《魅惑の合わせ鏡》や以下の項で述べた《ヒステリック・パーティー》でも行うことができます。

そのためテーマ内のカードで特殊召喚手段を取り入れやすく、【ハーピィ】としての強みも活かしやすいですね。

参考 ポイント⑥:《ヒステリック・パーティー》による大量蘇生

 

《ヒステリック・サイン》

《ヒステリック・サイン》は疑似的なサーチしか行えず、手札に加えるのが難しいカードです。

しかし以下の項で述べた通り、最大で4枚のカードをサーチすることができる強力なカードです。

参考 ポイント④:《ヒステリック・サイン》による最大4枚のサーチ

 

これにより手札消費を補う他、《ハーピィの羽根吹雪》などキーカードのサーチを行うことができます。

 

前述した通り強力な効果を持つ《ハーピィの羽根吹雪》は、手札に引き込めるかどうかが勝敗に大きく関わります。

しかし、サーチする手段は《ヒステリック・サイン》しかありません。

そのため《ヒステリック・サイン》を引いた場合は、以下の方法などにより早めに墓地へ送りたいですね。

MEMO

様々なリスクはありますが、《トラップトリック》は効果により《ハーピィの羽根吹雪》の発動機会を増やすことができます。

また《ヒステリック・サイン》はタイミングの遅さなどはありますが、《番猫-ウォッチキャット》の効果によりデッキからフィールドにセット、《マジカルシルクハット》の効果によりフィールドを経由して墓地へ送ることもできます。

 

《ハーピィの羽根休め》

《ハーピィの羽根休め》は以下の状況によりデッキの《ハーピィ・レディ》または《ハーピィ・レディ三姉妹》が不足した時に、それらを補充しつつ1~2枚ドローすることができます。

必要タイミングは限られるカードですし、採用には好みが分かれるカードですが、中盤以降の致命的なデッキリソース切れを解消してくれる1枚です。

 

《ヒステリック・パーティー》などによりモンスターを大量展開しゲームエンドに持っていく

《ヒステリック・パーティー》《華麗なるハーピィ・レディ》は複数の「ハーピィ」モンスターを展開することができるカードです。

前述した通り、リソースの補充に重要なモンスターを特殊召喚する他、追撃にも利用することができます。

 

隙があればこれらのカードにより早めにゲームエンドに持っていきたいですね。

 

【ハーピィ】デッキのサンプルデッキレシピ

メインデッキ:40枚
エクストラデッキ:15枚

モンスター(18枚 / 10種)

《ハーピィ・チャネラー》× 3
《ハーピィ・ハーピスト》× 3
《ハーピィ・パフューマー》× 2
《ハーピィ・オラクル》× 1
《ハーピィ・ダンサー》× 1
《ハーピィ・レディ・SB》× 1
《ハーピィ・レディ1》× 1
《ハーピィ・レディ三姉妹》× 1
《幻創龍ファンタズメイ》× 3
《増殖するG》× 2

魔法(14枚 / 8種)

《ヒステリック・サイン》× 3
《万華鏡-華麗なる分身-》× 3
《魅惑の合わせ鏡》× 1
《ハーピィの狩場》× 1
《ハーピィの羽根帚》× 1
《ハーピィの羽根休め》× 1
《墓穴の指名者》× 3
《ブラック・ホール》× 1

罠(9枚 / 4種)

《ハーピィの羽根吹雪》× 3
《ヒステリック・パーティー》× 3
《華麗なるハーピィ・レディ》× 1
《御前試合》× 2

エクストラ(15枚 / 15種)

《No.11 ビッグ・アイ》× 1
《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》× 1
《No.39 希望皇ホープ》× 1
《ハーピィズペット幻竜》× 1
《インヴェルズ・ローチ》× 1
《深淵に潜む者》× 1
《鳥銃士カステル》× 1
《電光千鳥》× 1
《竜巻竜》× 1
《励輝士 ヴェルズビュート》× 1
《零鳥獣シルフィーネ》× 1
《ヴァレルソード・ドラゴン》× 1
《ヴァレルロード・ドラゴン》× 1
《ハーピィ・コンダクター》× 1

参考 【ハーピィ】をメインに構築したデッキレシピ一覧デッキレシピ

 

まとめ:《ハーピィの羽根吹雪》をうまく使うのが勝利への鍵!?

強力な効果を持つ《ハーピィの羽根吹雪》ですが、大抵の場合多く発動しても3回が限度です。

使いどころをうまく見極め、勝利を掴みたいですね。

 

クィーン
あなたの手でわたしたちの力をうまく引き出してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です