《ハーピィ・チャネラー》

《ハーピィ・チャネラー》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1400|DEF/1300

※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:「ハーピィ」カード1枚を手札コストに「ハーピィ」モンスター1体をリクルートする起動効果。
②:自分フィールドにドラゴン族モンスターが存在する場合、自身のレベルが7になる永続効果。
③:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。

【ハーピィ】では展開の要となる効果を持ち、②の効果によりランク4・7X召喚を使い分けることができるのが特徴です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

MEMO
リクルートするモンスターにレベル制限はなく、最上級モンスターである《ハーピィズペット竜》もリクルートすることができます。

 

②の効果の主な運用方法

  • レベル5以上の「ハーピィ」モンスターを参照し発動するカードの発動条件を満たす。
  • 《スワローズ・ネスト》の効果によりレベル7鳥獣族モンスターをリクルートする。
  • ドラゴン族チューナーとともに展開し、レベル8以上の(シンクロ)召喚を行う。
MEMO
《スワローズ・ネスト》の他にも、《トランスターン》《ダウンビート》など、レベルを参照する効果を補助することができます。

 

③の効果の主な運用方法

 

おまけ

《ハーピィ・チャネラー》に関連する余談

そのイラストから「ハーピィ」の中では人気が高く、《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターの中では珍しく黒い羽根を持っています。

 

カード名のチャネラーは、超自然的存在(霊的存在)と人間を直接媒介することができる人物(霊媒師など)のことを指します。

そのことから《ヒステリック・サイン》のイラストでは、幻の存在である《ハーピィズペット幻竜》と交信し、呼び出していますね。

 

《ハーピィ・チャネラー》の姿が描かれているカード

《ハーピィズペット幻竜》 《ヒステリック・サイン》 《魅惑の合わせ鏡》 《ハーピィの羽根休め》

 

クィーン
わたしたちハーピィをつなぐ存在で、強力な力を秘めているハーピィよ!

 

《ハーピィ・チャネラー》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です