《ハーピィ・コンダクター》

②の効果により「ハーピィ」モンスターを戦闘・効果破壊から守りつつ、《ヒステリック・サイン》などの効果の発動を補助できる効果を持っているのが特徴です。

また③の効果により、自分の「ハーピィ」モンスターがバウンスされた場合でもアドバンテージにつなげることができるようになります。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 《ヒステリック・サイン》など、フィールドから墓地へ送られた時(または破壊された時)に発動する魔法・罠カードの効果の発動を補助する。
  • 「「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合に発動する魔法・罠カードの効果」の発動を補助する。
  • 《ブラック・ホール》など、「フィールドのモンスターをすべて破壊する効果」を持つ自分のカードの効果に対して、効果を発動したカード(この場合《ブラック・ホール》)を破壊することで、相手のカードを一方的に破壊する。

 

②の効果は【ハーピィ】以外では【真竜】や【アーティファクト】など、【ハーピィ】と相性の良いテーマとも相性がいいですね。

 

③の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィ・ダンサー》など、自分のモンスターをバウンスする効果により「ハーピィ」モンスターをバウンスし、更なるアドバンテージを狙う。
  • 相手ターンに自分の「ハーピィ」モンスターをバウンスし、効果を発動する。

 

③の効果は以下のようにバウンス効果を持つ「ハーピィ」モンスターを、より有効に使うことができるようになる効果です。

《ハーピィ・ハーピスト》であれば、自身の効果と合わせて2体のモンスターをバウンスでき、《ハーピィ・ダンサー》であれば、ノーコストで相手のモンスターをバウンスすることができます。

 

Lモンスターであり、L素材の指定も属性のみであるため、特殊召喚しやすく、①の効果から《ヒステリック・パーティー》の蘇生対象も増やすことができるカードです。

また《霞の谷の神風》が存在している状態で、「ハーピィ」モンスターをバウンスすることで、相手モンスターを1体をバウンスしつつ、風属性モンスターをリクルートすることができます。

 

【LL】など、《ハーピィの羽根吹雪》を無理なく採用できる風属性モンスター中心のテーマであれば、このカードをL召喚するだけで《ハーピィの羽根吹雪》の手札から発動する条件も簡単に満たすことができるようになります。

 

おまけ

《ハーピィ・コンダクター》に関連する余談

カード名のコンダクターには指揮者という意味があります。

また《ハーピィ・コンダクター》自身も女性指揮者も着用することがある女性用タキシードのような服装をしていますね。

 

効果もモチーフが音楽に関わる《ハーピィ・ダンサー》《ハーピィ・ハーピスト》をサポートするようデザインされています。

 

クィーン
ハーピィ・コンダクターは指揮者としてハーピィ一族の音楽隊を指揮してくれているの
彼女の統括力もなかなかのものよ

 

《ハーピィ・コンダクター》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です