《ハーピィ・ダンサー》

《ハーピィ・ダンサー》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1200|DEF/1000

※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの風属性モンスター1体を対象にバウンスし、その後、風属性モンスター1体を召喚することができる起動効果。
②:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。

①②の効果により、様々な「ハーピィ」関連カードと相性が良いのが特徴です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィの狩場》の魔法・罠カードを破壊する効果を2回発動させる。
  • 《霞の谷の神風》など、「自分のモンスターがバウンスされることで発動する効果」の発動を補助する。
  • EXモンスターゾーンの風属性モンスターをバウンスし、EXモンスターゾーンを空ける。
  • 《ハーピィ・チャネラー》など、守備表示でリクルートする効果のデメリットをカバーする。
  • 《ハーピィ・ハーピスト》など、特殊召喚した風属性モンスターの召喚成功時に発動する効果の発動を補助する。
  • デメリットになる効果を受けた風属性モンスターの状態をリセットする。
注意
EXモンスターゾーンのモンスターをバウンスし手札に戻らなかった場合、風属性モンスターを召喚する効果は使えません。

 

②の効果の主な運用方法

 

おまけ

《ハーピィ・ダンサー》に関連する余談

そのイラストから「ハーピィ」の中では《ハーピィ・チャネラー》と並び人気が高いですね。

Vジャンプに付属カードとして封入された際は「風属性を鼓舞する魅惑の踊り子!!」と紹介されていました。

 

《ハーピィ・ダンサー》の姿が描かれているカード

《魅惑の合わせ鏡》 《ハーピィの羽根休め》

 

クィーン
魅惑の踊りでわたしたちを様々な面でサポートしてくれるわ!

 

《ハーピィ・ダンサー》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です