《ハーピィ・ハーピスト》

《ハーピィ・ハーピスト》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1700|DEF/600

※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自身の召喚成功時に、自分フィールドの自身以外の鳥獣族モンスター1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象にバウンスできる誘発効果。
③:自身が墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、攻撃力1500以下のレベル4・鳥獣族モンスターをサーチできる誘発効果。

②③の効果は鳥獣族モンスターをサポートする効果であり、このカード単体でも様々なデッキに採用できる効果を持つのが特徴です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 《霞の谷の神風》と鳥獣族・風属性モンスターをあわせて、自分フィールドの自身以外の鳥獣族モンスター1体をバウンスしなければならないデメリットを補う。
MEMO
②の効果はX召喚などを行わず、相手モンスターを除去できる強力な効果です。

《風の精霊 ガルーダ》など、特殊召喚が容易な鳥獣族モンスターを利用し、展開中の除去として組み込んでいきたい効果ですね。

 

③の効果の主な運用方法

  • 《おろかな埋葬》などにより墓地へ送り、特定のモンスターをサーチする。
  • 【ハーピィ】の手札消費の激しさを補う。
MEMO
③の効果は、手札・デッキ・フィールドのどこから墓地へ送られても発動することができます。

 

【ハーピィ】デッキでは以下のような手順により使われることが多いです。

  1. 《ハーピィ・チャネラー》の効果で、このカードをリクルートしX召喚またはL召喚する。
  2. (X召喚した場合、X素材となったこのカードを、Xモンスターの効果を使用するなどして墓地に送る。)
  3. 墓地へ送られたこのカードの③の効果で《ハーピィ・チャネラー》をサーチする。

これにより、次のターンに再び《ハーピィ・チャネラー》で展開することができるようになります。

 

おまけ

《ハーピィ・ハーピスト》に関連する余談

《ハーピィ・レディ》がリメイクされ登場した《ハーピィ・レディ1》以降、久々に緑の羽根を持った「ハーピィ」モンスターが登場しました。

 

《ハーピィ・ハーピスト》の姿が描かれているカード

《ハーピィの羽根休め》

 

クィーン
美しい音色でわたしたちをいつも癒してくれているわ!

 

《ハーピィ・ハーピスト》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です