《ハーピィ・オラクル》

《ハーピィ・オラクル》

ステータス・効果概要

レベル4|風属性|鳥獣族|ATK/1300|DEF/1400

※このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールド・墓地で自身のカード名を《ハーピィ・レディ》として扱うルール効果。
②:自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する場合に発動できる。自身を手札から特殊召喚する起動効果。
③:自身の召喚・特殊召喚成功時に発動できる。このターンのエンドフェイズに《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記された魔法・罠カード1枚をサルベージする誘発効果。


フレーバーテキスト

予知能力を持つハーピィ。
「おジャマトリオ」の狩場への侵入も彼女はすでに予知していた。

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

鳥獣族の「ハーピィ」の中では魔力が高く、《ハーピィ・チャネラー》と同じく黒い羽を持つのが特徴です。

手に持つ水晶で近い未来を見通すことができ、《おジャマトリオ》が狩場へ侵入するのも彼女は予知していました。

 

住処を狙う敵からの奇襲も事前に察知できることから、「ハーピィ」の安全を守るためにも欠かせない存在です。

【ハーピィ】イラスト考察:「ハーピィ」の生態系をイラストで考察!

 

《ハーピィ・オラクル》に描かれているカード

《ハーピィの狩場》

 

《ハーピィ・オラクル》に関連する余談

カード名のオラクルは予言、神託などを指す言葉で、霊媒師などの意味を持つ《ハーピィ・チャネラー》と同じく何かを媒体にする点が共通しています。

そのことからか、《ハーピィ・チャネラー》と同じく黒い羽根を持っています。

 

カードの特徴

このカードは2018年11月18日発売のパック『デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-』にて新規収録されたカードです。

②③の効果により、【ハーピィ】の展開力・激しい手札消費を補うことができるのが特徴です。

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

この効果は一部の「ハーピィ」モンスターの共通効果です。

主な運用方法は以下の記事を参照してください。

参考 ①の効果の主な運用方法《ハーピィ・クィーン》

 

②の効果の主な運用方法

  • 自身の③の効果の発動を補助する。
  • 【ハーピィ】の展開力を補助する。

発動条件と自身のレベルから、【ハーピィ】の得意とするX召喚につなげるには少し工夫が必要です。

L召喚は無理なく行えるため、EXモンスターゾーンの確保などにも利用することができますね。

 

③の効果の主な運用方法

MEMO

この効果の処理はエンドフェイズに行われますが、召喚・特殊召喚時に発動する効果です。

そのため、召喚・特殊召喚時に効果の発動に成功していれば、エンドフェイズにこのカードがフィールドに存在していない場合でも効果を適用することができます。

 

《ハーピィの狩場》は強制効果により自壊してしまうことがありますが、この効果により再利用できるようになりました。

 

他のサイト・ブログでの《ハーピィ・オラクル》考察記事

参考 《ハーピィ・オラクル》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

カード名を別のカードとして(も)扱うサポート:《ハーピィ・レディ》
特殊召喚手札から特殊召喚サポート:レベル5以上サポート:「ハーピィ」
サルベージ(手札に加える)サポート:魔法カードサポート:罠カードサポート:《ハーピィ・レディ三姉妹》

 

クィーン
わたしたちハーピィ一族を外敵から守るために必要不可欠な存在よ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です