《ハーピィの羽根休め》

《ハーピィの羽根休(はねやす)め》

効果概要

通常魔法

※このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の《ハーピィ・レディ》《ハーピィ・レディ三姉妹》の中から合計3体を対象に発動し、対象のカードをデッキに加え、その後、1枚ドローする効果。
※自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合、ドローする枚数は2枚になる。
※①の効果発動後、ターン終了時まで自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。

リソースの回復や手札補充ができる効果が特徴のカードです。

「ハーピィ」カードであり、《ハーピィ・レディ三姉妹》のカード名が記されていることから、サーチ・サルベージも容易です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

MEMO

この効果は、1枚でもデッキに戻すことができればデッキからドローすることができます。

そのため、このカードの効果にチェーンし対象にしたモンスターを蘇生・サルベージすることで、デッキの膨張を抑えることができます。

「自分フィールドにレベル5以上の「ハーピィ」モンスターが存在する状態で発動した場合」という適用条件は、このカードの効果処理時に満たしていれば適用することができます。

そのことから、このカードにチェーンして、対象となった《ハーピィ・レディ三姉妹》を蘇生すれば、デッキの膨張を抑えつつドロー枚数を増やすことができます。

 

《ハーピィの羽根休め》は類似した効果を持つ《貪欲な壺》と比較し、「ハーピィ」カードでありサーチ・サルベージが容易な他、《ハーピィ・チャネラー》のコストにできるなどのメリットもあります。

 

《ハーピィの羽根休め》に描かれているカード

《ハーピィ・チャネラー》 《ハーピィ・ダンサー》 《ハーピィ・ハーピスト》

 

クィーン
狩場の奥にある森はわたしたちハーピィの休息の場になっているの

 

《ハーピィの羽根休め》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です