《ハーピィの羽根吹雪》

《ハーピィの羽根吹雪(はねふぶき)

効果概要

通常罠

※自分フィールドに鳥獣族・風属性モンスターが存在する場合に発動できる。
※自分フィールドに「ハーピィ」モンスターが存在する場合、手札からも発動することができる。
①:相手が発動したすべてのモンスター効果を、ターン終了時まで無効にする効果。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手によって破壊された場合に、《ハーピィの羽根帚》1枚をサーチまたはサルベージできる効果。

ほとんどのデッキの動きを1ターン止めてしまうほどの強力な効果を持っているのが特徴です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • モンスター効果による展開を妨害する。
  • 《灰流うらら》など、対処の難しい手札誘発モンスターによる妨害を阻止する。
MEMO

フィールドだけでなく、手札・墓地・除外ゾーンなど、すべての場所で発動する効果を無効にすることができます。

 

②の効果の主な運用方法

  • ブラフとしてセットし、相手の魔法・罠カードを発動する魔法・罠カードの効果にチェーンして発動することで①の効果を適用させつつ、この効果を発動する。
  • ①の効果を無効にされ破壊された場合のディスアドバンテージを補う。
注意

発動を無効にされた場合、魔法&罠ゾーンで破壊された扱いならないため、この効果を発動することができません。

 

「ハーピィ」カードであるため、サーチすることもでき、【ハーピィ】では発動条件を満たしやすいですね。

また「ハーピィ」モンスターが存在していれば、手札からも発動することができます。

そのため、「ハーピィ」モンスターが存在しているだけで、相手にこのカードの存在を警戒させることができますね。

注意

《ハーピィズペット竜》など、ドラゴン族の「ハーピィ」モンスターしか存在しない場合、「鳥獣族・風属性が存在する場合に発動できる」という発動条件を満たしていないため発動することができません

 

発動条件は「ハーピィ」モンスターを指定しているわけではありません。

そのため【LL】など、鳥獣族・風属性モンスターを多く採用するデッキでも無理なく採用することができます。

 

クィーン
わたしたちの羽根には強力な力が秘められているわ!

 

《ハーピィの羽根吹雪》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です