《ヒステリック・パーティー》

《ヒステリック・パーティー》

効果概要

永続罠

①:手札1枚を手札コストに捨て発動できる。墓地の《ハーピィ・レディ》を可能な限り蘇生させる効果。
※このカードがフィールドから離れた場合、①の効果で特殊召喚したモンスターはすべて破壊される。


フレーバーテキスト

彼女たちを侮ってはいけない。
分身することで瞬く間に数を増やして連携攻撃を繰り出してくる!

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

ヒステリック・パーティー

分身も得意とする《ハーピィ・レディ三姉妹》は、何体も数を増やすことができ、空中を飛び回り連携攻撃を繰り出してきます。

【ハーピィ】イラスト考察:「ハーピィ」の生態系をイラストで考察!

 

《ヒステリック・パーティー》に描かれているカード

《ハーピィ・レディ1》 《ハーピィ・レディ2》 《ハーピィ・レディ3》

 

カードの特徴

このカードは2006年3月16日発売のパック『ストラクチャーデッキ-烈風の覇者-』にて新規収録されたカードです。

《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターを最大5体まで蘇生でき、アドバンテージを得やすい効果を持つのが特徴です。

効果の性質上、デュエル中盤以降で真価を発揮するカードですね。

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • 蘇生したモンスターによりさらなる展開を行う。
  • バトルフェイズ中に発動し、蘇生したモンスターにより追撃を行う。
  • 手札コストに《ハーピィ・レディ》として扱うモンスター使用し、ディスアドバンテージを補う。

 

蘇生できるモンスターには起動効果、特殊召喚成功時に発動する効果、墓地へ送られた時に発動する効果を持っているモンスターが複数存在します。

そのためそれらのモンスターの効果の再利用などにも役立ちますね。

 

《華麗なるハーピィ・レディ》とメリット・デメリットを比較

同じく「ハーピィ」モンスターを大量展開できる効果を持つ《華麗なるハーピィ・レディ》と比較し、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

参考 《ヒステリック・パーティー》の効果とメリット・デメリットを比較《華麗なるハーピィ・レディ》

 

他のサイト・ブログでの《ヒステリック・パーティー》考察記事

参考 《ヒステリック・パーティー》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

特殊召喚蘇生(墓地から特殊召喚)手札を墓地へ送る(コスト/自分)サポート:《ハーピィ・レディ》

 

クィーン
わたしたちハーピィの力を侮ったら痛い目を見るわよ
孔雀 舞
舞い戻れ! ハーピィ・レディース!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です