《ヒステリック・サイン》

《ヒステリック・サイン》

効果概要

永続魔法

※このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカード発動時に《万華鏡-華麗なる分身-》1枚をサーチまたはサルベージする効果。
②:手札・フィールドから墓地へ送られたターンのエンドフェイズに「ハーピィ」カードを3種類までサーチする効果(強制効果)。

【ハーピィ】では①の効果により展開の安定性を上昇させ、②の効果により手札消費を補うことができるのが特徴です。

①②の効果は同一ターン中には発動できませんが、両方の効果を適用することができれば、最大3枚分のアドバンテージを得ることができます。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

 

②の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィの狩場》などの効果によりこのカードを破壊し、効果を発動する。
  • 《マジカルシルクハット》の効果により、フィールドを経由して墓地へ送り、効果を発動する。
  • 《醒めない悪夢》などの効果により、フィールドに表側表示で存在するこのカードを破壊することで、サーチするタイミングの遅さを補う。
  • 手札コストとして使用し、手札消費を補う。
  • ブラフとしてセットし、効果の発動を狙う。
注意
①②の効果は同一ターン中に発動することができないため、このカードの発動にチェーンしてこのカードを破壊された場合、どちらの効果も使えなくなってしまいます。

 

【ハーピィ】ではかなり重要なカードですが、サーチするのが困難であるため、安定して使用するには工夫が必要です。

 

おまけ

《ヒステリック・サイン》に描かれているカード

《ハーピィ・チャネラー》 《ハーピィズペット幻竜》

 

クィーン
ハーピィ・チャネラーがハーピィ一族に伝わる幻のハーピィズペット竜と交信し呼び出しているわ

 

《ヒステリック・サイン》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です