《ゴッドバードアタック》

《ゴッドバードアタック》

効果概要

通常罠

①:自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースコストに、フィールドのカード2枚を対象に破壊する効果。

鳥獣族モンスターをコストに必要としますが、フィールドのカード2枚をフリーチェーンで破壊できるのが特徴のカードです。

コストの関係上、鳥獣族モンスターのサクリファイス・エスケープにも利用することができますね。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • 相手ターンに発動し、相手の展開を妨害する。
  • 既に攻撃宣言したモンスターをコストに、相手の盤面へさらに対応する。
  • 鳥獣族モンスターのサクリファイス・エスケープに使用する。
MEMO

この効果は必ず2枚のカードを対象に取らなくてはいけません。

そのため、相手フィールドにカードが1枚しか存在しない場合、自分のカードも破壊しなければならなくなります。

 

おまけ

《ゴッドバードアタック》に関連する余談

発売当初、パックから当てた時は、そのイラストから新規「ハーピィ」カードと勘違いして大喜びしていました。

しばらくは、イラストに登場している《疾風鳥人ジョー》も《ハーピィ・レディ3》と思っていました。

 

クィーン
わたしたち鳥獣族も本気を出せばこんなことができるのよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です