《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》

《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》

ステータス・効果概要

レベル8|光属性|戦士族|ATK/1000|DEF/2800

※このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自身が「Dream Mirror」モンスターの効果で特殊召喚に成功した場合に発動できる。このターン、自身は戦闘・効果では破壊されない誘発効果。
②:フィールドゾーンに《Dream Mirror of Terror》が存在する場合、自分・相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに自身をリリースコストに発動できる。《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》1体をリクルートする誘発即時効果。


フレーバーテキスト

光あふれる鏡の世界を守る騎士。
「Ikelos」にイメージの助言をし、悪夢に対抗できる力を与えた。

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

味方を守ることには長けていますが、慈悲の心が強すぎるせいか、敵を倒すのを顕著してしまう欠点があります。

 

《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》が登場しているカード

《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》

 

《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》に描かれているカード

《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》

 

《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》の派生モンスター

《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》

 

カードの特徴

「Dream Mirror」モンスターの効果による特殊召喚成功時に戦闘・効果破壊耐性を得ることができ、《Dream Mirror of Terror》が存在する場合に《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》をリクルートできるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 《Dream Mirror of Joy》発動中に自身を「Dream Mirror」モンスターの効果で特殊召喚することで、突破しにくい状況を作る。

上記のように《Dream Mirror of Joy》とは相性が良く、自身は自身の効果により戦闘・効果破壊から守られ、自身よりレベルの低い「Dream Mirror」モンスターは戦闘・対象を取る効果から守るという状況を作ることができます。

 

②の効果の主な運用方法

  • 《Dream Mirror of Terror》が発動している状態で召喚・特殊召喚し、召喚直後からサクリファイス・エスケープを行えるようにする。
  • 相手ターンに《メタバース》などで《Dream Mirror of Terror》を発動し、発動条件を満たす。

このカード自身、特殊召喚手段は豊富であるため、《Ikelos, the Dream Mirror Mara》《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》の効果で特殊召喚しておくことで、《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》の「フィールドのカード1枚を破壊する効果」を構えることができます。

MEMO

相手ターンに《Ikelos, the Dream Mirror Mara》の効果で特殊召喚できれば、戦闘・効果破壊耐性が付与された状態で《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》の効果を構えることができます。

 

他のサイト・ブログでの《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》考察記事

参考 《Morpheus, the Dream Mirror White Knight》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

戦闘破壊耐性効果破壊耐性サポート:「Dream Mirror」
特殊召喚リクルート(デッキから特殊召喚)リリース(コスト/自分)サポート:《Morpheus, the Dream Mirror Black Knight》サポート:《Dream Mirror of Terror》

 

クィーン
頼れる騎士って感じね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です