《エンプレス・オブ・エンディミオン》

《エンプレス・オブ・エンディミオン》

エンプレス・オブ・エンディミオン

ステータス・ペンデュラム効果概要

レベル7|光属性|魔法使い族|ATK/1850|DEF/2700
◇Pスケール:青2/赤2

①:自分または相手が魔法カードを発動する度に、このカードに魔力カウンターを1つ置くP効果。
②:このカードの魔力カウンターを3つ取り除いて発動できる。手札の魔力カウンターを置く事ができるモンスター1体とPゾーンのこのカードを特殊召喚し、その2体に魔力カウンターを1つずつ置くP効果。

モンスター効果概要

※自分は《エンプレス・オブ・エンディミオン》を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:自身が特殊召喚に成功した場合、自分フィールドの他の魔力カウンターが置かれているカード1枚と相手フィールドのカード1枚を対象に発動できる。対象カードをバウンスする。その後、自分フィールドからバウンスしたカードに置かれていた数だけ魔力カウンターを自身に置く誘発効果。
②:魔力カウンターが置かれた自身が戦闘破壊された時に発動できる。「エンディミオン」カード1枚をサーチする誘発効果。


フレーバーテキスト

「魔法都市エンディミオン」の女王。
「創聖魔導王 エンディミオン」と同じく魔導陣を用いることで魔力を統轄することができ、「創聖魔導王 エンディミオン」に次ぐ実力を持つ。

※フレーバーテキストは管理人が勝手に考えたもので公式のものではありません。

また後述する「クィーンメモ」も管理人の妄想が含まれていることをご了承ください。

 

クィーンメモ

エンプレス・オブ・エンディミオン

戦場に出ることはほとんどないが、エンディミオン軍の魔法使いが窮地に立たされた時、突如として現れ窮地に立たされた魔法使いを逃がし自らが戦うこともあります。

杖、ローブ以外に背後の円盤にも魔力を結晶化した石(魔力カウンター)を補充することができ、魔力カウンターの設置可能数も《創聖魔導王 エンディミオン》に次いで多いです。

 

カードの特徴

このカードは2019年3月9日発売の構築済みデッキ『ストラクチャーデッキR-ロード・オブ・マジシャン-』にて新規収録されたカードです。

バウンスやサーチなど魔力カウンターに関する様々な効果を持つのが特徴です。

 

他のサイト・ブログでの《エンプレス・オブ・エンディミオン》考察記事

参考 《エンプレス・オブ・エンディミオン》遊戯王カードWiki

 

効果の分類

ペンデュラム効果

サポート:魔力カウンター
特殊召喚手札から特殊召喚ペンデュラムゾーンから特殊召喚サポート:魔力カウンターを置くことができるカードサポート:魔力カウンター

モンスター効果

モンスターをバウンス(相手)モンスターをセルフバウンスサポート:魔力カウンターを置くことができるカードサポート:魔力カウンター
サーチ(手札に加える)

サポート:「エンディミオン」

サポート:魔力カウンター

 

クィーン
目立った活躍はしないけど、かなり重要な役割を持っている縁の下の力持ち的存在ね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です