《魅惑の合わせ鏡》

魅惑(みわく)合わせ鏡(スプリット・ミラー)

効果概要

永続魔法

※このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の《ハーピィ・レディ》または《ハーピィ・レディ三姉妹》が戦闘破壊された時に、そのモンスターと元々のカード名が異なる「ハーピィ」モンスター1体をリクルートできる効果。
②:フィールドのこのカードが相手の効果または自分の「ハーピィ」カードの効果で破壊された場合、自分の墓地の「ハーピィ」モンスター1体を対象に蘇生させる効果(強制効果)。

①②の効果により「ハーピィ」モンスターの戦線維持や展開を補助できるのが特徴です。

 

①の効果の主な運用方法

  • 自爆特攻することで任意の「ハーピィ」モンスターをリクルートする。
  • 「ハーピィ」モンスターの戦線を維持しやすくする。

 

②の効果の主な運用方法

  • 《ハーピィの狩場》の効果により破壊し効果を発動する。
  • ブラフとしてセットし、効果の発動を狙う。
  • このカードが破壊された場合のディスアドバンテージを補う。
注意

発動を無効にされた場合、フィールドで破壊された扱いならないため、この効果を発動することができません。

 

《ハーピィ・クィーン》とは相性が良く、以下のように展開することもできます。

  1. このカードを発動またはフィールドにセットする。
  2. 《ハーピィ・クィーン》の効果により、《ハーピィの狩場》をサーチし発動する。
  3. 《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターを召喚し、《ハーピィの狩場》の効果によりこのカードを破壊する。
  4. このカードの②の効果により、《ハーピィ・クィーン》を蘇生する。

これにより《ハーピィ・チャネラー》《万華鏡-華麗なる分身-》の効果を使用せず、モンスターを展開することができます。

 

おまけ

《魅惑の合わせ鏡》に描かれているカード

《電撃鞭》 《サイバー・ボンテージ》 《ハーピィズペット竜》 《ハーピィ・レディ・SB》
《ハーピィ・クィーン》 《ハーピィ・チャネラー》 《ハーピィ・ダンサー》 《ハーピィ・パフューマー》

 

クィーン
わたしたちはいつも鏡の力でつながってるの
1人だと思って襲い掛かられても返り討ちよ!

 

《魅惑の合わせ鏡》に関連する記事

【ハーピィ】テーマカードまとめ:「ハーピィ」カードとそれらをサポートするカードの効果一覧・まとめ 【ハーピィ】テーマ考察:キーカードからデッキの特徴・基本戦術・回し方まで「ハーピィ」の基本を徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です