《烏合の行進》

烏合うごう行進こうしん

効果概要

通常魔法

※このカードを発動するターン、魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
①:自分フィールドに獣族・獣戦士族・鳥獣族の内、いずれかのモンスターが存在する場合、その種族1種類につき1枚ドローする効果。
このカードを発動するターン、自分は他の魔法・罠カードの効果を発動できない。

このカードの発動ターン、他の魔法・罠カードは発動できなくなりますが、最大3枚ドローする効果を持っているのが特徴のカードです。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • ドローにより手札の補充とデッキ圧縮を行う。

 

【空牙団】など、獣族・獣戦士族・鳥獣族の内2種類以上存在するテーマと相性が良いカードです。

このカードを発動するターン、他の魔法・罠カードを発動することができないため、モンスター効果で展開するテーマに採用したいですね。

 

おまけ

《烏合の行進》に関連する余談

烏合とはカラスの集まりという意味を持ち、規律も統一もなく集まっていることを指す言葉です。

《百獣大行進》のその後のイラストだと思われますが、《百獣王 ベヒーモス》に色々あったためか、このカードのイラストではまとまりがなく、それぞれが別のことをしていることがわかります。

 

《烏合の行進》に描かれているカード

《コケ》 《おジャマ・グリーン》 《おジャマ・イエロー》 《おジャマ・ブラック》
《デス・カンガルー》 《暗黒のマンティコア》 《人投げトロール》 《百獣王 ベヒーモス》
《暴れ牛鬼》 《ハーピィ・クィーン》 《BF-そよ風のブリーズ》 《黒羽を狩る者》
《バニーラ》 《レスキューラビット》

 

クィーン
せっかく行進に参加したのに散々な目にあったわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です