《雨天気ラズラ》

雨天気(あめてんき)ラズラ》

ステータス・効果概要

レベル3|水属性|天使族|ATK/1200|DEF/1400

※このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自身が特殊召喚に成功した場合に、手札から「天気」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置くことができる誘発効果。
②:自身が「天気」カードの効果を発動するためにフィールドから除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに自身を帰還させることができる誘発効果。

手札から「天気」カードを置くことができるのが特徴です。

 

主な運用方法

①の効果の主な運用方法

  • 手札の「天気」罠カードを置き、タイムラグなく効果を適用する。
  • サーチした「天気」魔法・罠カードを相手ターンに置く。

①の効果を活用した例

《雪天気シエル》《雷天気ランブラ》と比較し、効果が見劣りしているように見えますが、以下のような状況の場合、このカードを採用していればある程度カバーすることができます。

相手フィールド

《トポロジック・トゥリスバエナ》

  1. 相手が《トポロジック・トゥリスバエナ》のリンク先にモンスターを特殊召喚し、《トポロジック・トゥリスバエナ》の「自身のリンク先にモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードをすべて除外し、この効果で除外した相手のカード×500ダメージを与える効果」が発動する。[チェーン1]
  2. その効果にチェーンして《虹の天気模様》の効果が付与された《雪天気シエル》の効果を発動する。[チェーン2]
  3. さらにその効果にチェーンして《雪の天気模様》の効果が付与された《雪天気シエル》の効果を発動する。[チェーン3]
  4. この一連の流れにより[チェーン3]では任意の「天気」魔法・罠カードをサーチし、[チェーン2]では《雨天気ラズラ》をリクルートする。

《トポロジック・トゥリスバエナ》の効果により自分の魔法・罠カードはすべて除外されてしまいます。

しかし[チェーン2]でリクルートした《雨天気ラズラ》の効果により、[チェーン3]でサーチした「天気」魔法・罠カードを置くことができます。

これにより、自分の魔法&罠ゾーンの「天気」魔法・罠カードが0枚になるのは防ぐことができます。

 

墓地へ送る効果であれば《曇天気スレット》で、破壊であれば《曇天気スレット》《極天気ランブラ》での対処が容易です。

そのため《雨天気ラズラ》は「天気」魔法・罠カードの除外に対しての解決策として、上記のように運用できるということを念頭に置いておきたいですね。

 

②の効果の主な運用方法

「天気」モンスターの共通効果です。

主な運用方法は以下の記事を参照してください。

参考 ②の効果の主な運用方法《雪天気シエル》

 

おまけ

《雨天気ラズラ》に関連する余談

「天気」モンスターのカード名の多くは「天気」+「絵の具の原料」となっています。

《雨天気ラズラ》のカード名の「ラズラ」は青色顔料としても使われていた鉱物「ラズライト」を由来にしていると思われます。

 

《雨天気ラズラ》が登場しているカード

《雨の天気模様》 《虹の天気模様》

 

クィーン
おっとりした雰囲気でおとなしそうだけど雨を降らしている時はとても楽しそうね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です